羅生門(芥川龍之介)のあらすじ

rashoumon

羅生門は芥川龍之介の短編小説で、平安京の正門である羅城門がこの物語の舞台となっています。 仕事をクビになった下人が主人公の、人間のエゴをテーマに描かれた作品です。

この物語は今昔物語集にある「羅城門の上層に登り死人を見たる盗人の語」を基に描かれています。 あらすじはほとんど同じで、それを芥川龍之介が現代風にアレンジして書き直したのがこの羅生門になります。

あらすじ

京都は度重なる災害に襲われ洛中ですら荒れ果て、羅生門に至っては死体を捨てる習慣すらできました。 だから日が落ちると人々は気味悪がって門には近寄りません。

そんな羅生門で一人の下人が顔のニキビを気にしながら雨宿りをしています。 下人は主人に暇を出され、行く当てもなく途方に暮れていました。 生きていくには盗人になるしかないと考えながらも踏ん切りが付かないでいます。

とりあえずは寝る場所を探すため門の楼に上がった所、誰かが火を灯していることに気付きました。 雨の日のこんな場所にいるのはただものではないだろうと恐る恐る覗いてみると、そこにはいくつかの死体と痩せた老婆がいました。

老婆は死体の毛を抜いているようで、なぜ毛を抜いているかは分かりませんがその行為は許されないことだと思い、下人には悪を憎む気持ちが沸き上がってきました。 先ほど盗人になるかどうか考えていた事など忘れ、太刀に手をかけながら老婆に歩み寄ります。

下人に気付き逃げようとした老婆を取り押さえ、なぜ死体の毛を抜いていたのかを問い詰めると「かつらにしようとしていた」と返ってきて、存外平凡な答えに失望するとともに心に憎悪と侮蔑が沸き上がりました。

老婆は「この死体はどいつもろくな人間じゃなかったし、ワシはこうしなければ死ぬしかない。この死体たちも大目に見てくれるはずだ」と自己弁護しました。 下人はそれを顔のニキビを弄りながら聞いていましたが、そうするうちに門の下にいた時には欠けていた勇気が沸き上がってきました。

老婆の話が終わると下人はニキビから手を離し「では俺が引剥ぎをしても恨むまいな。俺もそうしなければ餓死してしまうのだ。」と言い放つと、素早く老婆の着物をはぎ取って蹴り倒し、羅生門を後にして夜の闇へと消えていきました。下人の行方は誰も知りません。

感想

人間のエゴがよく描かれた作品だと思います。

下人は悪たる老婆の前に正義の化身として現れるも、聞いてみると老婆の行動はただ生きるためのものでしかありませんでした。 二人の関係は正義と悪ではなくエゴとエゴだと気付いた下人は己のエゴに従い、生きるための選択をします。

下人のこの選択が正しいのかはさておき、生きるという事に善悪はなく個人のエゴに過ぎないではないのかと考えさせられる作品です。

この作品では下人の若さ・青さの象徴としてニキビが描かれています。 ニキビの描写の推移を見て下人の心境の変化を考えると理解が深まるかもしれません。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME