藪の中(芥川龍之介)-あらすじと感想

in-the-woods

藪の中は1922年に発表された芥川龍之介の短編小説です。 藪の中で殺人事件が起き、事件関係者である多襄丸、女、男(の霊)の証言を話にした作品です。

事件の真相が分からないことを「藪の中」と表現しますが、この話が由来になっています。 この物語の真相はもちろん藪の中です。

あらすじ

藪の中から男の死体が見つかり、検非違使が捜査を行いました。 関係者に聞き取りを行いましたが、証言が食い違っており真相がはっきりしません。

男とその妻が一緒に歩いているところを、妻に一目ぼれした多襄丸が乱暴しようと企てたのが事件の始まりです。 多襄丸が男に儲け話があると騙して藪の中に呼び寄せたまでは確かなようですが、藪の中で何が起こったのか証言が食い違いはっきりしません。

被疑者の多襄丸が言うには、女に乱暴するためにまず男を竹藪へと呼び出して不意を突いて気絶させて縄で縛り、女を男の前で乱暴しました。 すると女は「二人の男に恥を見せるのは死ぬよりつらい、戦って生き残った方と添い遂げたい」と言ったので、女を妻にしたいと考えた多襄丸は女の言う通り男の縄を解き堂々と戦って男を刺し殺しました。 しかしその戦いの間に女は逃げてしまったそうです。

殺された男の妻が言うには、多襄丸に乱暴された時に夫に侮蔑の目で見られたショックで失神し、気づくと多襄丸はいなくなっていたそうです。 同じく縛られたまま残されていた夫に「こうなっては生きていけない、共に死にましょう」と夫を刺したのですがそこで再び気絶し、次に目覚めた時には夫は既にこと切れていました。 自分も後を追おうとしたが死にきれずに、ふらふらと歩いているうちに清水寺へとたどり着いたそうです。

死んだ男の霊を憑依させた巫女が言うには、自分が縛られた後に多襄丸の「俺の妻になれ」という誘惑に妻が乗り、妻は男を殺すよう多襄丸に懇願しました。 それを聞いた多襄丸は心変わりして何もせずに男を解放して立ち去り、その隙に妻は逃げました。 一人残された夫は情けなさから自分の胸を妻の小刀で刺して自害しましたが、死ぬ間際に何者かが胸から小刀を抜いたそうです。

感想

この物語は誰が本当の事を言っているのか、あるいは全員が嘘を付いているのか、一体何が真実だったのかは明言されず、巫女の語りの終わりと共に話も終わります。 しかし事件関係者の証言には食い違いがあり、事件の真相は題名通り「藪の中」という訳です。なんだかモヤモヤしますね。

モヤモヤを抱えた読者によるこの話の真相を求める動きもあり、作中人物の証言の徹底的な洗い出しがされたり、仮説から犯人を導き出したり、自分で勝手に真相を描いてしまう人もいました。 しかし少なくとも作中の描写から論理的に真実を導くことはできず、作者からの明言もないため今なお真相は藪の中なのです。

日本の話ってこんな感じでモヤモヤしたまま終わることが多いですよね。

\share/

よく読まれている記事