マクベス(シェイクスピア)-あらすじと感想

Macbeth

マクベスは1606年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇にして四大悲劇のひとつです。 スコットランド将軍マクベスが凱旋の途中で魔女から栄達と破滅の預言を受け、それに振り回される話です。

本作は11世紀のスコットランド王マクベスをモデルにした話ですが多分に脚色されています。 しかし歴史を知ってから見ると、また違った感覚で読めることでしょう。

あらすじ

スコットランドはノルウェーと戦争して大勝利を収めました。 特に戦果を挙げたのはスコットランド将軍のマクベスとバンクォーで、二人はフォレスへと凱旋する途中でした。

するとどこからともなく三人の魔女が現れ「マクベスはグラミスの領主になりやがて王になる」「バンクォーはコーダの領主となり、自身は王にならないが子孫が王になる」と予言します。 コーダの領主はまだ元気だからバンクォーが領主になるとは考えにくく、マクベスは父からグラミスを相続した立場ですが王になるとは不可解です。 問い詰めようとしますが魔女たちは姿を消してしまい、あれはいったい何だったんだと二人は訝しみます。

そこへ王の使者が現れ、勝利の褒賞としてマクベスはコーダーの領主に任じられます。 コーダの領主はノルウェー軍と内通していた罪で処刑され、その後任にマクベスが充てられたのです。 二人は魔女が真実を語っていた事に驚き、特にマクベスは王になるという預言の誘惑に屈しそうになります。

フォレスへ戻った二人を王が迎え、二人の功績をほめたたえました。 その場で王は長子マルコムを次の王にすると言いますが、これを聞いたマクベスは内心穏やかではありませんでした。 マルコムが王になれば自分は王になれないため、野望に立ちはだかる障害に見えたのです。

マクベスは妻に魔女の預言を記した手紙を送り、それを読んだ妻は夫の心の内を見透かします。 マクベスには野心があるが人情も備えており、その狭間で揺れていて決断のための後押しを欲していたのです。

夫人はそんなマクベスの背中を押し、王の暗殺を決意させます。 王の一行がマクベスを祝福しに城へと訪れた夜、皆が寝静まった時を見計らって二人は王の寝室へと向かいます。

王の二人の従者は薬を盛った酒を飲みぐっすり眠っていました。 マクベスは眠っている王を短剣で刺し殺してしまい、血まみれの短剣を眠った従者に持たせると再び眠りに付きます。

翌朝王の死体が発見されると城中が騒然とし、マクベスは凶器の短剣を持った従者たちが犯人であると言って殺してしまいます。 この事件に不自然さと身の危険を感じた王子のマルコムとドヌルベインは国外へ逃げたため、暗殺の嫌疑はそちらにも向きました。 スコットランドから王位継承者がいなくなったため、王位はマクベスのものとなります。

ついに予言が成就して王になったマクベスはバンクォーを恐れます。 バンクォーの子孫が王になるという予言がされているため、マクベスの王位は一代限りで終わってしまうと考えたのです。 バンクォーとその息子フリーアンスを始末するため刺客を放ちましたが、バンクォーは殺せたもののフリーアンスには逃げられてしまいます。

マクベスは報告を聞くと、バンクォーが死んだだけでも良くやったと刺客を労います。 そして貴族たちとの宴会へと赴くと、そこにはバンクォーの亡霊が座っているではありませんか。 その姿を見たマクベスは取り乱し、その恐怖は抑えがたいものになっていきます。

マクベスは気持ちを落ち着けるため、魔女たちに今後どうなるかを問いただしに行きました。 魔女たちは「貴族マクダフに気を付けろ」「女が産み落としたものにはマクベスを倒せない」「森林が攻めてこない限りは滅びはしない」と予言し、マクベスはそんな事はあり得ないから我が身も安泰だと上機嫌になります。

しかしバンクォーの子孫が王になる日が来るのかを訪ねると、バンクォーそっくりの8人の王たちの姿が浮かび上がり、その後魔女たちは消えてしまいました。 マクベスは予言が何ら変わっていない事に困惑し疑心暗鬼に陥ってしまいます。

マクベスは予言のあったマクダフの城を奇襲しマクダフの妻子を殺しましたが、マクダフは既にイングランドへと亡命した後でした。 マクベスは心身のバランスを崩していたこともあって暴政を敷き、徐々に国は荒れ人心は離れていきました。

イングランド王の下へと身を寄せていたマルカム王子とマクダフはマクベス討伐の準備を進め、マクベスの城へと攻め上がりました。 人心を失ったマクベスからは続々と臣下の寝返りが起きますが、マクベスは森林が攻めてこない限りは恐れることはないと言います。 またどんな人間も女が産み落とした子であり、自分を打倒できる人間はいないとも考えていました。

しかし部下から「森林が攻めてきた」という報告を受けて動揺します。 これはイングランド軍が枝葉で身を隠して進軍していたからなのですが、これを聞いたマクベスはもう逃げられないと観念します。 しかし女から生まれなかった者以外には負けないと、半ば自暴自棄になって戦場へと繰り出します。

マクベスは敵を切り刻み、遂にマクダフと対峙します。 マクベスは「女から産み落とされたものは俺には勝てないぞ」と言いますが、マクダフは「俺は母の腹を切って(帝王切開で)出てきた」と返します。 マクベスは何て詐欺だと予言に悪態を付きながら、マクダフに討ち取られてしまいます。

そしてマルコム王子はスコットランドの新たな王となり、国外へ逃げていた人々を呼び寄せ、人々は新王マルコムを称えました。

感想

マクベスはシェイクスピア四大悲劇のひとつです。 主人公のマクベスが王位を簒奪してから王位を簒奪されるまでのお話ですね。

野心家のマクベスが魔女の預言に振り回されながら行動していましたが、その内心は実に人間らしいものでした。 野心のために道を踏み外し、悩み後悔しながらも一度道を踏み外してからはその道を進むしかありませんでした。 そして己の心の弱さ故に暴政を続け、やがては破滅すると分かっていても道を変えることができませんでした。

そんなマクベスの内面の葛藤が本作の見どころのひとつだと思います。 王位を簒奪するという大それた事をやった大悪人の内面が、意外に小市民的で共感が持てる部分もあります。 王の暗殺も妻の後押しがなければやらなかったでしょうし、妻が評していたように根は悪い人ではなかったのかもしれません。 割ととんでもない事を沢山やっていますが、それも彼の弱さ故の行為だったように思います。

なおバンクォーの息子フリーアンスは刺客から逃れた後にそのまま作中からフェードアウトしましたが、これは魔女の預言が外れた訳ではありません。 後にフリーアンスの子孫とマルコムの子孫が結婚し、それによって予言通りにバンクォーの子孫が王となります。

\share/

よく読まれている記事