ヴェニスの商人(シェイクスピア)-あらすじと感想

The Merchant of Venice

ヴェニスの商人は1594年頃に発表されたシェイクスピアの喜劇です。 ヴェニスの商人アントニオが友人のために悪名高いシャイロックから借金をしたものの、アテが外れて返せなくなりさあ大変!という物語です。

この物語は一般的には喜劇とされていますが、敵役であるシャイロックの悲劇とみられることもあります。 どうして喜劇が悲劇となるのかは、実際に物語を読んで確認してみてください。

あらすじ

中世イタリアの街ヴェニスでのお話です。 バサーニオは富豪の娘ポーシャの心を射止めるためにお金が入用でした。 友人のアントニオからお金を借りようとしましたが、アントニオは財産のほとんどを交易に費やしており、その船団は海の上でお金を貸すことができません。

しかしアントニオは友人のためにシャイロックへと借金を申し込みます。 シャイロックは金を貸す時に利子を取る悪名高い金貸しで、アントニオとの仲は険悪でした。 しかしシャイロックは意外にも借金を承諾してしかも利子は要らないと言い、代わりに期日の3か月後までに返済できなければアントニオの肉1ポンドを取り立てる契約を提案します。 アントニオは船団が返ってくれば問題なく返せると思い、これに了承しました。

しかし日が経つとアントニオの船団が難破したという噂が立ち、アントニオの債権者たちは破産するしかないと話しています。 その噂話を聞いたシャイロックは、せいぜいアントニオを苦しめてやろうとほくそ笑みます。

一方パサーニオはポーシャに求婚するためにベルモンドへとやって来ていました。 そしてポーシャの父が遺言で残した、ポーシャと結婚するための選択に挑みます。

選択は金銀鉛の3つの箱から正しいものを選ぶというもので、金の箱には「我を選ぶ者は衆人の欲し求めるものを得る」、銀の箱には「我を選ぶ者は己に相応しいものを得る」、鉛の箱には「我を選ぶものは己の持ち物全てを手放し投げうつ」と書いてあります。過去ポーシャに求婚した男たちは己の傲慢さ故に選択を誤り、ポーシャと結婚する事は叶いませんでした。

しかし友の助けによりこの場に来たパサーニオは自分を謙虚に見つめて鉛の箱を選択し、見事ポーシャへの求婚に成功します。 互いに愛を誓い祝福に包まれる中、一同の下にアントニオが借金を返せなくなった連絡が届きます。 パサーニオはアントニオのためヴェニスへと戻り、事情を聞いたポーシャも密かにヴェニスへと向かいます。

ヴェニスでは裁判にてシャイロックが契約通りアントニオの心臓の肉1ポンドを取り立てようとしていました。 ヴェニスにおいて法は絶対のものであり、キリスト教徒にもユダヤ人にも同等の権利が認められています。 アントニオを救いたい友人たちにも、こればかりはどうしようもありません。

そこに法学者に扮したポーシャが推薦状を携えてやってきて裁判を担当することになりました。 ポーシャはシャイロックに慈悲を与えるよう促しますがシャイロックは譲りません。

ならば仕方ないとポーシャは契約通り肉1ポンドを切り取っても良いと判決を下しました。 シャイロックはこの判決に満足し、取り立てのためナイフを持ってアントニオに近づきます。

しかしポーシャは契約には血は含まれていないので、肉を切り取る際に血を1滴でも流してはならないと言います。 そんなバカな話があるかとシャイロックは怒りますが法を司る裁判官には逆らえません。悪態をつきながら立ち去ろうとしますが、アントニオに危害を加えようとした罪を問われ、シャイロックは財産は没収された上で死刑を宣告されます。

しかしキリスト教徒たちはユダヤ人との心の違いを見せようと、慈悲によりシャイロックは減刑されます。 財産の半分を娘に与えること、キリスト教徒へと改宗することが命令され、シャイロックもそれを了承しました。

ポーシャの変装に気付かないパサーニオたちは法学者に是非お礼がしたいと言い、ポーシャはパサーニオを困らせようとして結婚指輪を要求します。 パサーニオはこればかりは渡せないと食い下がりましたが、しかし受けた恩の大きさを考えて最後には結婚指輪を渡してしまいます。

ベルモンテへと戻ったパサーニオは、法学者に謝礼として指輪を渡してしまった事をポーシャに話し許しを乞います。 ポーシャはパサーニオをさんざん弄んで楽しんだ後、あの法学者は実は自分だったと打ち明けました。

そして難破したと思っていたアントニオの船団も無事だった報告があります。 これで生きているうちに心配することは何もないと、一同はそれぞれ我が家へと帰っていきました。

感想

この物語はざっと読むと正義のキリスト教徒たちが悪の商人シャイロックを懲らしめる話です。 しかしよくよく読んでみると、物語はそう単純なものではありません。

パサーニオは借金を返すアテに富豪の娘を狙う屑に見えますし、全体的にキリスト教徒たちがユダヤ人を侮蔑している描写が多いです。 またシャイロックは酷い契約を結ばせた事を除けば言うほど悪人には見えず、亡き妻から貰った安物の指輪を大切にする一面もあります。 そんな描写もあってかシャイロックのキリスト教徒に向けられた強い敵意は、キリスト教徒から受けている迫害への反動のようにも見えます。

この辺の価値観は時代や宗教的なものもあるので、現代の価値観においてそのまま読み取ることはできません。 物語の根底にはキリスト教共産主義的価値観があり、金貸しで金利を取るのは許されざる行為であり存在そのものが悪です。

あるいは当時はただの勧善懲悪物語だったのかもしれませんが、それを踏まえてもシャイロックに同情したくなる要素は見えるのでシェイクスピアが意図的に設定したことのように思えます。 現代に生きる我々からすれば尚更です。

どちらにしろ現代においてこの物語から得られる教訓は「正義は勝つ」のような単純なものではありません。 興味があれば是非本を読んで、シェイクスピアが何を言いたかったのか考えてみてはいかかでしょうか。

\share/

よく読まれている記事