リア王(シェイクスピア)-あらすじと感想

King Lear

リア王は1604年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇で四大悲劇のひとつに数えられています。 イギリス王リアが老齢を理由に三人の娘に領土を与えて隠居するも、耄碌によって父を愛する末娘を追放してしまい、残った姉二人に冷遇される話です。

この話はブリタニア列王史のレイア王をモデルに書かれています。 ただし途中まではほぼ同じ展開ですが、この劇は最後の結末が悲劇的なものに改変されています。 改変したシェイクスピアの真意はどこにあったのか、考えてみるのも面白いでしょう。

あらすじ

イギリス王リアはもう歳なので三人の娘たちに国を譲って自分は隠居したいと考えていました。 そこで領地を三分割し、自分の事を最も深く想っている娘から順に分け与えることにしました。

長女ゴネリルと次女リーガンは自分が如何に父王のことを深く想っているかを美辞麗句を並べて述べます。 しかし三女コーデリアは父をお慕いするのは子として当然の事で、申し上げることは何もないとしか言いません。

王は三女の素っ気ない言葉に怒り、もう勝手にしろ、今からお前とは家族ではなく赤の他人だと言い放ちします。 そして領土は姉二人に二分して与え、コーデリアには何も与えないことにしました。 忠臣ケント伯が甘言に乗せられている王を諫めようとしますが聞く耳を持たず、コーデリアとケントは追放されてしまいます。

コーデリアにはバーガンディ公とフランス王の二人の求婚者がいましたが、バーガンディ公は身一つで勘当されたコーデリアへの求婚を取り下げます。 しかしフランス王は率直なコーデリアの心が優れたものだと評し、コーデリアをフランス王妃として迎え入れます。

一方姉二人は父親の耄碌ぶりを話します。 今まで一番可愛がっていた妹を簡単に放り出し、忠臣ケント伯の忠言を聞き入れずに追放したのは分別が無くなった証拠です。 その気まぐれが自分たちに向かないとは限らないので、今までのように権力を振り回されては困る、何かいい手はないかと相談を始めていました。

リアは二人の娘の下にひと月置きに滞在することにし、まず長女ゴネリルの下で過ごしてました。 しかしリアは自分の召使に小言を言われただけでゴネリルの召使に手を挙げるなどその横暴ぶりはゴネリルの目に余り、ゴネリルはリアを懲らしめるべく蔑ろに扱うことに決めました。

リアはかつて王だった時にゴネリルから感じられていた誠意や情愛が無くなったように感じていました。 ゴネリルに文句を言おうとしても会う事すらできないので、代わりに夫に文句を言っても言い返される始末です。 そんなリアを助けたのは変装してリアに仕えている忠臣ケントでした。

そこにゴネリルがやってくると、リアにもっと分別を付けるよう言い、リアの伴の兵を半分に減らしてしまいます。 それに腹を立てたリアはもうゴネリルの世話にはならないと次女リーガンの下へと向かいます。 しかしゴネリルから手紙で状況を聞いていたリーガンもリアに付き合う気はなく、夫コンウォールと共にグロスターの城を訪れていました。

グロスターはリアの重臣であり、正妻の子である長男エドガーと愛人の子である次男エドマンドの二人の息子がいました。 エドマンドは愛人の子である事を理由に軽んじられており、兄を陥れて父の領地を引き継ぐ野心を抱いていました。

そこでエドマンドは一計を案じ、父グロスターには兄が命を狙っている、兄エドガーには父が命を狙っていると言い含めていました。 身の危険を感じたエドガーは城から逃げ、グロスターはエドガーを勘当してエドマンドに領地の相続権を与えます。 そして城を訪れていたコンウォールは、身を挺して親を守ったエドマンドに感服して彼を召し抱えることにしました。

一方リアはリーガンの館へ行きましたがそこにはリーガンはおらず、急な留守にしても知らせを寄越さないのはおかしな話だと訝しみながらリーガンのいるグロスター城へと向かいます。 リアはリーガンにゴネリルの酷い仕打ちを訴えましたが、リーガンもまたゴネリルを肯定しリアの耄碌を非難しました。 言い争っているとそこにゴネリルもやってきて、姉妹はふたりして父を責めます。

リアは二人に責められ気が狂いそうになり、嵐の荒野へと飛び出していきました。 荒野を彷徨っていたリアをケントが見つけ、小屋の中へと避難させます。 そこにはトムと身分を偽り、父殺しを企てた罪で追放されたエドガーもいました。

そこにリアを救うべくグロスターがやってきました。 グロスターはリアを庇ってコンウォールの不興を買い城を取り上げられてしましたが、それでもリアを匿うためにやってきたのです。 実はグロスターはフランスと通じており、リアたち一行をドーヴァーにいるフランス軍に匿ってもらおうとします。

その後グロスターはフランスと通じていた事を息子エドマンドに密告され、コンウォールとリーガンから両目を抉られ激しい拷問を受けました。 そのあまりの非道に憤慨したグロスターの召使は、己の命と引き換えにコンウォールに致命傷を与えます。

目を抉られて追放されたグロスターはトムに扮したエドガーと出会い、身投げのためにドーヴァーの断崖までの道案内を頼みます。 エドガーは父の絶望を取り除きたいと考え、平坦な場所を断崖だと言ってそこから飛ばせ、グロスターに身投げしたと思い込ませます。 その後エドガーはショックで気絶していたグロスターを起こし、奇跡によって死なずに済んだ、これからは気を大きくして生きると良いと伝えます。

そこにリアも現れ、一行はコーデリアが率いるフランス軍に匿われます。 コーデリアは父を救うべくフランス王に懇願して、軍を出してもらいドーヴァーまで進軍していました。 コーデリアは変わり果てたリアと再開し、リアは半ば正気を失っている中でコーデリアに過去の仕打ちを詫びます。

一方イギリス陣営では、グロスター伯になったエドマンドが己の野心のためにゴネリルとリーガンに言い寄っていました。 ゴネリルとリーガンはエドマンドに好意を抱くようになりましたが、そのせいで姉妹はエドマンドを巡って互いに腹の探り合いをするようになり、エドマンドは今後に一抹の不安を感じます。

イギリスとフランスの戦争はイギリス軍の勝利に終わり、リアとコーデリアは捕虜になってしまいます。 しかし勝利したイギリス軍もゴネリルとリーガンの身内の争いにより陣内は混沌としていました。

そこに甲冑を纏って身分を隠したエドガーがエドマンドとの決闘を申し出にやってきて、エドマンドを打ち負かして致命傷を与えます。 最後エドガーは自分はお前が追放した兄であると明かし、エドマンドは己の因果が応報したことを知ります。

またリーガンがエドマンドとの仲に嫉妬したゴネリルに毒を盛られて殺され、ゴネリルも短剣を胸に刺して自害した報告が入ります。 エドマンドはこうして三人一緒に婚礼を挙げるのかと自嘲しながら、最後に善行をとリアとコーデリアの処刑命令を出していることを知らせます。

エドガーは二人の処刑を取り消すため牢獄へと急ぎましたが、時すでに遅くコーデリアは殺され、正気を失ったリアはコーデリアの死骸を抱いて嘆いていました。 リアはこの世に絶望しながら、コーデリアの後を追うように息を引き取ります。

残されたエドガーはこの不幸な時代の責務を背負い、国を立て直すことを誓いました。

感想

リア王はシェイクスピア四大悲劇の中でも最も悲劇的な物語だと思います。 最後には主人公のリアと誠実な娘コーデリアを含めた主要な登場人物がほとんど悲劇的な結末を迎えてしまいます。

この物語で印象的なのは、やはり姉二人とコーデリアの対比です。 狡猾な姉二人と誠実なコーデリアと対称的に描かれていますが、しかしコーデリアが正しいのかと言えばまた少し話は変わってきます。

リアが耄碌して横暴さを増しているのは確かであり、そんなリアに付き合い尊重していては問題になることは目に見えています。 仮に娘三人の性格が全員コーデリアのようだったなら、王は激怒して三人を追放し権力を持ったまま横暴さを増していくことでしょう。

姉たちも別段リアを殺そうとか考えていた訳ではなく、隠居老人としての分を弁えさせようとしただけです。 リアの扱いに限って言えば、正しい判断を下していたのは三女ではなくむしろ姉たちだったようにも思えます。

妹もイギリスへリアを助けるという名目でフランス軍を連れてやってきましたが、これはイギリスから見ればフランスの軍事介入に他ならず無用な諍いを招いたコーデリアは作中最大の大戦犯とも言えます。 また忠臣ケントも時と場所を弁えずに感情的に襲い掛かって騒ぎを起こしたりしますし、シェイクスピアは誠実さを正しさとは見ていないような節があるように思います。

姉妹が姉の狡猾さと妹の誠実さを併せ持っていれば、適当にリアをあしらいつつ争いは起きずでハッピーエンドにもなり得たんじゃないでしょうか。 シェイクスピアが結末を悲劇的なものにしたのも、そう言いたかったからなのかもしれません。

\share/

よく読まれている記事