ジュリアス・シーザー(シェイクスピア)のあらすじ

The Tragedy of Julius Caesar

ジュリアス・シーザーは1599年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇です。 題名のジュリアス・シーザーは英語読みの発音で、日本においてはラテン語読みのユリウス・カエサルの方が通りが良いかもしれません。

古代ローマの政治家たちが皇帝誕生を阻止するためにシーザーを暗殺した頃のエピソードを基にした劇です。 細かい演出は創作と思われる物が多いですが、大枠ではおよそ史実通りに物事が進行していきます。

目次 [閉じる]

  1. あらすじ
  2. 感想

あらすじ

ジュリアス・シーザー

ジュリアス・シーザーはポンペイを打ち破りローマへと凱旋し、ローマ市民は歓喜してシーザーを迎えました。 そんな折に占い師が急にシーザーに呼びかけ「3月15日に気を付けろ」と言って立ち去りましたが、狂人の類だと思ったシーザーは特に相手にしませんでした。

シーザーは民衆に称えられ、執政官からローマ初の皇帝となるよう王冠を三度捧げられるも、三度ともそれを拒否しました。 民衆はシーザーの謙虚さを称えましたが、しかし王冠を退けたシーザーにはどこか未練があるようにも見えました。

シーザー暗殺前夜

ローマは共和制であり、皇帝が誕生することを快く思わない政治勢力がありました。 シーザーは優れた人物ですが、もし皇帝になればやがてタガが外れ、暴政を敷くようになるだろうと危惧していました。

優秀で人望も厚いシーザーはこのままでは王になってしまいます。 王を誕生させるべきではないと考えた議員たちは、シーザー暗殺計画を実行することにしました。

まず議員たちはシーザーの側近であり民衆の指導者であるブルータスを仲間に加えようとします。 ブルータスは私人としてシーザーを恨む理由は何もありません。

しかしブルータスは公人として王を誕生させてはいけないと考えていました。 議員たちの説得されたブルータスは、ローマのためにシーザー暗殺を決意します。

シーザー暗殺

一夜明けて3月15日になりました。 シーザーの妻は恐ろしい夢を見たと言い、それを聞いたシーザーは不吉なものを感じて一旦は外出を取りやめます。

しかし議員にそれを話すと「その夢は吉兆である」とシーザーを言いくるめます。 そしてシーザーを議事堂へとおびき寄せ、議員たちはシーザーを取り囲んで滅多切りにしてしまいました。

シーザーはしばらく立ち尽くしていましたが、ブルータスが襲い掛かってくるのを見ると「お前もか、ブルータス?」と顔を覆い、シーザーは死にました。

アントニーの計略

やがて議事堂にシーザーの腹心だったアントニーがやって来ると、議員たちに来て自分も殺すよう言いました。 しかし議員たちは「我々の目的は王を誕生させないことで、標的はシーザーのみである」とを説明し、両者は和解します。

アントニーは広場で演壇にてシーザーの追悼を行いたいと言い、議員たちもそれを了承しました。 しかしこのアントニーの態度は偽りであり、民衆に暗殺者たちの悪行を広く知らしめようとしていました。

広場にてシーザーが死んだ理由を市民に説明するため、ブルータスは演説を行います。 此度の暗殺はローマを愛するが故の行動であり、万人を自由にするために暴君となろうとしているシーザーを斃したと述べ、市民たちはその行動を称えました。

続いてアントニーがシーザーへの弔辞を述べましたが、シーザーには何の野心も無かったのに殺されたと演説します。 市民もシーザーは三度王冠が授けられ三度それを退けた事を知っており、アントニーの言う事が正しいのではないかと考え始めます。

そしてアントニーは「高潔なシーザーを暗殺した者どもを許す訳にはいかない」と焚きつけると、民衆は暗殺者たちに怒り、やがて暴動へと発展していきました。

決戦

暗殺に関わった議員たちは間一髪でローマから逃げ出し、兵を集めて対抗しようとしました。

しかしアントニーの軍は日に日に数を増すのに対して、ブルータスたちの軍は人数を減らし士気も芳しくありません。

決戦の前夜にはブルータスの夢にシーザーの亡霊が現れ、軍の決戦予定地であるフィリパイで会おうと言ってくる始末です。 そして決戦の日、ブルータスとアントニーはフィリパイの地で対決します。

両軍は当初互角に戦っていましたが、じわじわとブルータスの軍は劣勢に追い込まれます。 やがてブルータスの手勢が残りわずかとなると、ブルータスは観念して自害しました。

アントニーは戦いに勝利すると、暗殺者どもはシーザー憎しで事を起こしたに過ぎないが、ブルータスだけは正義の精神によるものだったと彼の行動を称えました。

感想

様々な逸話を遺したシーザーが暗殺されるのが物語の中心で「お前もか、ブルータス?」の台詞は有名ですね。 なおこの言い回しは本著にて広まったもので、本当にシーザーが言ったのかは定かではありません。

題名はジュリアス・シーザーですが、シーザーは物語中盤には退場するので実質的な主人公はブルータスのような気がします。 登場人物で特に内面がよく描かれているものブルータスですしね。

ブルータスは本作では敵対陣営とも言えるシーザーやアントニーからも一目置かれており、真に高潔な精神の持ち主だった事が伺いしれます。 シーザーの死の間際の言もブルータスに殺されるならやむを得ないといったニュアンスでした。

この話には脚色や創作も多分に入っていますが、大雑把には史実をなぞる展開になっています。 ローマ史を学ぶと登場人物たちの状況や心境への理解も深まり、また違った味わいになるかもしれませんね。 ちなみにローマ初代皇帝が誕生したのはシーザー暗殺から数えておよそ17年後の話になります。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

坊ちゃん(夏目漱石)のあらすじ

eyecatch

ロミオとジュリエット(シェイクスピア)のあらすじ

eyecatch

夢十夜(夏目漱石)のあらすじ

eyecatch

ジュリアス・シーザー(シェイクスピア)のあらすじ

eyecatch

ガリバー旅行記(ジョナサン・スウィフト)のあらすじ

eyecatch

山月記(中島敦)のあらすじ

HOME