ロミオとジュリエット(シェイクスピア)のあらすじ

Romeo and Juliet

ロミオとジュリエットは1595年頃に発表されたシェイクスピアの悲劇です。 互いにいがみ合っている名家の子女が舞踏会で互いに一目ぼれして愛し合うものの、二人の仲は情勢に引き裂かれてしまいます。

シェイクスピア作品の中でも特に有名な話で、オシャレな名言が沢山出てきます。 多分私は生涯使うことはないものばかりですが、もし機会があったら狙って使いたいですね。

あらすじ

時は14世紀、イタリアの街ヴェロナにモンタギュー家とキャピュレット家という2つの名家があり、互いにいがみ合っていました。 その一族から召使までが争い、時には血を流す事件が起きることさえありました。

キャピュレット家にはロミオという一人息子がおり、ロザラインへの片思いの恋に悩んでいました。 どんな誠意を見せてもロザラインはつれない態度で、恋に破れても尚ロミオは忘れることができずに苦しんでいました。 その様子を見た友人はロミオのことをとても心配します。

そんな折、キャピュレット家にてヴェロナ中の美女が集まり舞踏会を行う知らせが届きました。 モンタギュー家の人でなければおいで下さいとのことだったので、友人はそこに身分を隠して忍び込むことを提案します。 ロミオはロザラインを探しに、友人はロミオがもっと良い女性を見つけられるように舞踏会へ行くことになりました。

舞踏会の夜、ロミオは友人らと共に身分を隠して仮面をつけてキャピュレット家へとやってきます。 そこには美しい少女がおり、ロミオは一目ぼれをしてしまいました。

その少女こそがモンタギュー家の一人娘ジュリエットでした。少女もまたロミオを見て恋に落ち、互いに接吻を交わします。 ジュリエットが呼ばれためその場は別れ、ほどなくして人聞きに互いの素性を知ることになります。 恋した相手は憎き仇家の跡取りだったのです。

しかしそれを知っても尚互いの気持ちは変わりませんでした。 ロミオは舞踏会が終わってもキャピュレット家から離れられず、うろついているうちに偶然ジュリエットの部屋のバルコニーの下にやってきます。 バルコニーにはロミオへの愛を一人語るジュリエットがおり、それを聞いたロミオは居ても立っても居られなくなって姿を表します。 そして二人は互いの想いを確認し、愛を誓い合ったのです。

ロミオはこの事を修道僧ロレンスに相談し、ロレンスはこの二人が両家のいがみ合いを終わらせる事を期待して結婚を認めます。 そして二人はロレンスに結婚式を挙げてもらい、愛を誓い合って秘密裏に夫婦となりました。

式の帰りにロミオが一人歩いていると、親友とキャピュレット家の者が争いになっていました。 キャピュレット家と和解したいロミオは両者を止めますが、想いは通じずに親友が殺されてしまい、激高したロミオはキャピュレット家の者を殺してしまいます。 その罪でロミオは街から追放されることとなり、ジュリエットは嘆き悲しみました。

ジュリエットの両親はジュリエットを慰めるため、名門貴族のパリスと結婚させることに決めます。 ジュリエットは既にロミオと夫婦の誓いを立てていためパリスとの結婚を拒みましたが、しかし両親に事情を打ち明ける訳にはいきません。 そんなジュリエットに腹を立てた両親はパリスとの結婚を強引に決めてしまいました。

追いつめられたジュリエットは修道僧ロレンスに助けを求めます。 ロレンスはジュリエットが仮死状態になる薬を飲み、霊廟に葬られた所をロミオが迎えに来てヴェロナから逃げる計画を提案します。

パリスとの結婚式の前夜、ジュリエットは薬を飲んで仮死状態となり霊廟に葬られます。 しかしロレンスの計画を記した手紙を持った使者はロミオを見つけることができず、そんな中でロミオの元にジュリエットが死んだことを知らせる使者が訪れました。 知らせを聞いたロミオはジュリエットの横で死ぬため、毒を持ってヴェロナへと向かいます。

霊廟へやってきたロミオはジュリエットは死んだものと勘違いしたまま、毒を飲んでジュリエットの横で死んでしまいます。 やがて薬の効果が切れたジュリエットが目を覚ますと側にはこと切れたロミオがおり、ジュリエットもロミオの短剣で胸を刺して後を追いました。

二人の死の真相はやがてモンタギュー家とキャピュレット家も知る所となり、両家は自分達の愚かさを思い知らされました。 そして両家はこの悲しい出来事について共に語り合い、いがみ合うのを止めてついに和解したのです。

感想

あらすじでは分かりにくいですが、この話は言い回しがとても詩的で面白いです。 「おおロミオ、なぜあなたはロミオなの?」などオシャレな台詞が山盛りであり、読んでいて退屈しません。

特に印象に残ったのはロミオがジュリエットへの想いを月に誓った時にジュリエットが「あんな毎日形が変わるものに誓わないで」なんて言った所です。 言い回しが素敵なのはもちろんですが、実際ロミオはちょっと前までロザラインへの片思いに悩んでましたからね。 シェイクスピアの高度な皮肉表現のように思いました。

二人の恋は長年思いが募ったものではなく、一目ぼれから始まって物語が終わるまでそう時間は経っていません。 やや唐突で行き当たりばったりな印象もありますが、ロミオが16歳でジュリエットは14歳、まだまだ恋に盲目な年ごろなのです。 それとも他の登場人物も随分感情的な所を見ると、情熱的なのはお国柄か時代柄なのでしょうか?

二人は悲劇的な結末を迎えましたが、それ故にその想いの美しさが一層際立ちます。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME