モルグ街の殺人(エドガー・アラン・ポー)のあらすじ

the murders in the rue-morgue

モルグ街の殺人は1841年に発表されたエドガー・アラン・ポーの短編推理小説です。 モルグ街で起きた人間業とは思えない殺人事件を、デュパンと「私」が独自に捜査して解決する話です。

モルグ街の殺人は推理小説の祖と言われています。 今日では人気小説ジャンルの一つとして確立した推理小説の走りと言える作品で、主人公のデュパンはシャーロックホームズのモデルとされています。 という事は「私」はワトソン君なのでしょうか。

あらすじ

私はパリに滞在している時、デュパンという男と知り合い一緒に住んでいました。 デュパンは豊富な知識と想像力を持ち、私が考えていたことを論理立てて当ててしまうことも可能でした。

そんな2人はある日の新聞にてモルグ街で殺人事件が起こった事を知ります。 屋敷の4階で2人暮らしをしていた母娘が惨殺され、人間業とは思えないやり口で殺されていました。 娘は首を絞められた後に炉の煙突に逆さに突っ込まれ、母は全身の骨が砕かれ首が千切れていたというのです。

警察はアドルフ・ル・ボンを犯人として逮捕しましたが、それを裏付ける証拠があった訳ではありません。 以前世話になったル・ボンを助けるためデュパンと私は2人で捜査許可を貰って独自に事件の調査を始めました。

現場を調べて周辺の住民から聞き込みを行い得られた情報から導き出されたのは、犯人は驚くべき敏捷さ・超人間的な力・獣的な残忍性・動機のない惨殺・奇怪な行為・理解できない言葉を併せ持つ存在でした。

私は近所の病院から抜け出した狂人の犯行かと思いましたが、デュパンは人間の物ではない毛の痕跡から犯人は逃げ出したオランウータンだと推理し、そして現場にいたであろう飼い主が事情を知っているはずと考えました。

デュパンは新聞に「オランウータンを捕獲したので飼い主は引取りにきてください」と広告を出して飼い主をおびき寄せようとします。 オランウータンは大変高価な獣であり、事件との関連性を匂わせなければ飼い主は現れると考えたのです。

そしてやって来た水夫に事件を白状するように迫ると、今回の事件は脱走したオランウータンの暴走による犯行だと認めました。 水夫は一連の犯行を知り犯行現場にもいましたが、自分の非を問われると思って言い出せなかったのです。

その後ル・ボンは無事釈放され、デュパンは警察を打ち負かしたことに満足しました。 警視総監に嫌味を言われましたが、気にした様子はありません。

感想

推理小説と言えば読者が探偵になった気分で犯人や犯行を推理するのが醍醐味ですが、本作はそのような作りになっていません。 読者がオランウータンの犯行であると導き出すのはデュパンが推理する直前までを読んでもまず不可能で、そういった意味では推理小説としては駄作かもしれません。

しかしそれは本作が怪奇小説として描かれ、推理はあくまで作品のフレーバーに過ぎないからです。 推理小説の祖ではあっても、今日の推理小説とは趣が違うんですね。

とはいえ推理小説として読んでも味わい深い作品ですので、特に推理小説好きな方にはぜひ一読して欲しいです。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME