ガリバー旅行記(ジョナサン・スウィフト)-あらすじと感想

Gulliver's Travels

ガリバー旅行記は1726年に発表されたジョナサン・スウィフトの長編冒険小説です。 ガリバーが航海の途中で遭難して不思議な国に流れ着くという創作旅行記です。

小人の国や巨人の国に行った話は有名だと思いますが、他にも空飛ぶ島ラピュタや日本にまでも行っています。 そんな不思議で文化がまるで違う国に辿り着いたガリバーの異文化交流が本作の見どころです。

あらすじ

第一篇 リリパット国渡航記

私はイギリスに少しばかりの土地を持つ家の三男として生まれました。 医学生でしたが将来は航海がしたいと思っていたので、暇を見て航海術や天文学などの必要な学問も学んでいました。

船医として三年ほど勤めた上でロンドンで開業医となり結婚もしましたが、やがて経営が苦しくなり再び船医として勤めることになりました。 それから9年ほど経ったインドへの航海中に嵐に逢い、船がオーストラリアの北西に流されてしまいます。

船は真っ二つに割れ、ボートで逃げましたがそれも転覆し、私は海に投げ出されて必死に泳ぎました。 いつの間にやら嵐は収まり私は陸地へとたどり着くことができましたが、私以外は恐らく全員死んでしまったと思います。

疲労で地面にそのまま倒れてぐっすりと眠り、再び目を覚まして起きようとすると体が動きません。 私の体は幾重もの細い紐で縛られており、私の周りには身長15cmほどの小人たちがゾロゾロといたのです。ここは人も小さければ物も獣も小さい小人の国だったのです。

力任せに紐を引きちり逃げようとすると、小人たちは一斉に矢を放ったり槍で突いたりしてきました。 多少痛いのでこの場はじっとして夜まで待って逃げようと考えて大人しくしたところ、偉そうな小人が演説を始め、意味は分かりませんでしたが紐を切ってくれました。

小さいながらも食事や酒でもてなしてくれた小人たちに感謝し話を聞くと、言葉は分かりませんがどうやら私を国へと連行しようとしているようでした。 実はこの食事の中には睡眠薬が入っており、私が眠った隙に数百人もの小人たちが私を車台に乗せ、千頭以上の馬を使って私を小人たちの国であるリリパット国へと引っ張っていったのです。 その国の最も大きな建物である古い神殿に連行され、そこに住まうことになりました。

私は彼らに知る限りの言葉で話かけてみましたが、何一つ通じるものはありませんでした。 私は民衆の興味の的となりましたが、役人たちは私の処遇に困っていたようで、どのように扱うべきか度々会議をしていました。 しかし私が小人たちと友好的に接しようと務める姿を見た皇帝は私を歓待してくれて、食料を運び衣服も仕立ててくれました。

そうして私がこの国に来て九か月が経った頃、大臣がやってきて私に相談を持ち掛けます。 リリパット国とブレフスキュ国は卵の剥き方の違いを発端として争っており、ブレフスキュ国が大艦隊で攻めてきたので私になんとかして貰えないかと言うのです。 リリパット国に恩義を感じていた私は攻めて来た艦隊50隻を全て拿捕し、そのおかげで戦争はリリパット国に有利な条件で終結することができました。

皇帝はこのままブレフスキュ国を隷属させようとしていましたが、私はそのような残酷な行為は思いとどまるように忠告します。 しかしこの発言により私の立場は悪くなり、重臣の中には私を悪く言う者も出てきました。

ある日宮殿が火事に見舞われ、リリパット人たちは必至で消火活動を行うも火は一向に衰える気配がありません。 私は仕方なくおしっこで消火したのですが、それが一部から大変な不興を買いました。 また私の生活にかかる費用も莫大なものであり、私を追放すべきだという声も挙がっていたようです。

やがて私を良く思わない臣下たちにより、私の両目を潰した上で餓死させようという決議がされました。 それを密告によって知った私はブレフスキュ国へと逃れ、沖合で見つけた転覆したボートを修繕してイギリスに帰ることにしました。

出港の翌日に運よく発見したイギリス船に収容されて帰国しました。 二か月ほどイギリスで過ごしましたが、私の心は飽くなき好奇心で満たされ始め、やがて次の航海へと出発するのでした。

第二篇 ブロブディンナグ国渡航記

私はインド行きの船に乗り込みましたが、マダガスカルの辺りで暴風雨に逢いました。 恐ろしい嵐で船は2500kmほど東に流され、自分たちの位置を見失ってしまいます。

幸い嵐は収まり陸地に港が見えたので寄港し、補給のため我々は陸地の探索を始めました。 するととんでもなく大きな建造物を見つけ、やがて我々は18mはありそうな巨人たちを目にします。ここは人が大きければ獣も物も大きい巨人の国だったのです。

必死で逃げようとするも私はへばってしまい、やがて巨人に見つかり捕まってしまいます。 幸い食べられることはなく丁重に扱われ、身振り手振りでコミュニケーションをとりました。 しかしやはり私の知る言葉は通じないようです。

私はその家の九歳の娘に可愛がられて世話をされ、言葉もその娘から教わりました。 家の主人はやがて私を見世物として巡業するようになり、人気を博して街々を巡りました。 そして首都にて王様の目に留まると私は王に売られ、娘はその世話役として宮仕えすることになりました。

私は特に王妃に気に入られ、住まいとして木箱を与えられたり王妃の横で食事をさせて貰ったりと非常に良い待遇を受けます。 王様にも気に入られ、度々私と学問や歴史についてお話をされることもありました。

私はこの国でとても幸せに過ごしていましたが、その小ささ故に不便はありました。 いたずら小僧にクリームの海に放り投げられて脱出が大変だったり、急に天気が変わって降って来た巨大なアラレに打たれて全身傷だらけになったりもしました。 巨大な昆虫や獣に襲われた事も一度や二度ではありません。私は1日1回は散々な目にあい、それは王宮の笑いの種となっていました。

いつかここから脱走して自由になりたいと考えていましたが、成功しそうな計画を立てることはできませんでした。 そしてこの国に来て2年が経った頃、私は海が見たいと言って小屋を海まで運んでもらい、その中で眠っていました。

やがて激しく引っ掻くような音で目が覚めると、どうやら小屋をワシに掴まれて上空に運ばれてしまったようでした。 やがて小屋は落とされて海中へと落下し、それから1時間ほど漂流した後でイギリス船にぶつかりました。

私は偶然にも親切なイギリスの船に拾われてイギリスへと帰還します。 祖国に帰った私は道行くものが全て小さく見え、再びリリパット国に来たような気分になりました。

第三篇 ラピュタ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブおよび日本への渡航記

私がイギリスへ戻ってきて10日ほどすると知り合いの船長が訪ねてきました。 船医として船に乗って欲しいという話で、私はあれだけ散々な目に逢ったのに懲りずにまた旅に出ました。

アジアの東端にある日本の東京へやってくると、船長たちはここで二か月間商売するからお前も商売でもしてこいと言われます。 船長から借り受けた船で出港したものの三日もたたないうちに暴風雨に逢い、流された挙句に海賊船に襲われました。 船員は海賊船へと乗せられ、私は小さなカヌーにわずかな食料を積んで追放されてしまいます。

近くの無人島にまではたどり着けましたが、これからどうすれば良いのかを悩んでいました。 すると遠くの空からなにやら巨大な島が近づいてきて、人々が降りてきて釣りをしたり遊んだりしているではありませんか。 やがて遠目に私を確認すると何やら相談を始めたようで、必死で助けを懇願すると彼らがやってきて空飛ぶ島へと収容して貰えることになりました。

彼らは奇妙な服装と容貌をしており、常に誰かに叩かれていないと熟考を始めてしまうようでした。 王宮へと案内されましたが、その途中でも私の事を忘れて熟考を始め、叩かれて我に返ることが何度もありました。 王様に質問されたものの言葉が通じないため言語教師に学び、私は数日で彼らの言葉を何となく理解できるようになりました。

彼らは数学と音楽の理解は深いですが、それ以外のあらゆることにおいてさっぱりです。 私の知るところの数学者と似た傾向があるので、何か通じるものがあるのかもしれません。

この空飛ぶ島は「ラピュタ」という名前で完全な円形をしており、40㎢ほどの面積と180mほどの厚さがあります。 ラピュタの下には下界領土であるバルニバービがあり、ラピュタはその範囲内と上下なら自由に移動することが可能です。 例えば雲の上に出て雨を防ぐなんてこともできます。

バルニバービは元々は豊かな国でしたが、ラピュタに搾取されて荒れ果て活気がありません。 度々反乱も起きていますが、ラピュタを上空に動かすことで太陽や雨を遮って農作物をダメにしたり上空から投石して鎮圧しています。

バルニバービにはラピュタで学んだ科学を学院にて広めているものたちがいます。 ラピュタの学問は途方もなく壮大で大仰なものですが実用的ではなく、例えば収穫高が100倍になるという触れ込みのラピュタ式農法は全て失敗して土地が荒廃する結果となりました。 私はこの学院を一通り見学し、この国に未練がなくなるとイギリスへと帰りたくなりました。

私はラグナグという国と日本を経由してイギリスに帰る計画を立てバルニバービを後にしました。 ラグナグまでの定期便にひと月ほど時間があったので、紳士に勧められて小島グラブダブドリッブへ行ってみることにします。

グラブダブドリッブは魔法使いの島であり、酋長は死者を24時間使役することができます。 我々は歓待され、酋長の使役する亡霊の給仕を受けました。

そうして仲良くなった酋長は、我々に好きな人物を呼び出して質問に答えさせてやると言います。 酋長は私がリクエストした歴史上の様々な偉人を呼び出してくれ、私はそれを大いに楽しみ歴史の虚偽と歴史学者の無知を発見しました。 そうしているうちに時は経ち、私はラグナグへと旅立ちました。

ラグナグ人は礼儀正しい人であり、多くの紳士と知り合いになることができました。 その紳士の一人から不死人間ストラルドブラグの話を聞きます。

不死になった人間はどんなに知的で高潔で素晴らしいものなのだろうと想像し、私は紳士に頼んで彼らと話す機会を得ます。 しかし実際のストラルドブラグは死なないだけで老いて病気になり耄碌する、呪われた生を送っていました。

ストラルドブラグは80歳にもなれば何もできなくなり、90歳になればただ生きているだけの状態になります。 こうなると周囲からは厄介者としか見られず、この不死人間の悲惨な境遇を見た私は死が救済なのではないかと思うようになります。

やがて私はラグナグから日本へと旅立ちます。 日本はオランダとしか交易を行っていないのでオランダ人のフリをして横須賀に入り、陛下に長崎に送って欲しいことと、踏み絵を免除して欲しいことを願い出ました。 「踏み絵をしたくないオランダ人など初めてだ」と怪訝な顔をされながらも免除され、長崎からイギリスへと帰国します。

そこからの道中はこれといったことはなく順調に進み、実に5年6か月に故郷イギリスへと帰ってきて妻子たちの顔を見ることができました。

第四篇 フウイヌム国渡航記

私は5か月の間イギリスにいましたが、妊娠中の妻を置いてまたもや旅に出てしまいます。

インドと交易するために南へと航海しましたが、途中で補充した船員が実は海賊で、反乱が起きて船を乗っ取られてしまいます。 私は何週間もの間監禁され、やがてどこにあるのかも分からない島へと放逐されます。

内地を目指して歩いていると、樹上に毛深く醜悪な猿のような動物がいることに気付きます。 数十匹の猿たちは私にちょっかいをかけてきましたが、急に一目散に逃げ出してしまいます。 どうやら近くにいた馬を見て逃げ出したようです。

やがて二匹の馬が近くにやってきて、私を監視するようにじろじろと見ます。 二匹はとても理性的に私のことを検分するので、この馬は人間が魔法的な何かで姿を変えているのではないかとすら思いました。

やがて一匹が私を建物へと案内し、中には数匹の馬がいて行儀よく座ったり家事をしたりしています。 私は馬をこれだけ上手に躾けるなんて大変聡明な人間がいるに違いないと思いました。

やがて別の建物に連れられると、中には先ほど見た毛深く醜悪な猿がいました。 馬は私とそれを並べて見比べており、そして私はその猿が皮膚の色と毛深い事を除けばほとんど人間と同じであることに気付きます。 どうやらその猿はヤフーと呼ばれる種族のようで、私はヤフーに嫌悪感を抱きます。

この国は馬たちが運営している国だったようで、私は馬たちの家で世話になりながらこの国で暮らしを始めます。 主人は物好きで私に何時間も付きっきりで指導してくれて、三か月もすると大よその言葉を覚えました。 この国では馬の種族のことをフウイヌムと言い、私はフウイヌムのように知性のあるヤフーとして近所で評判になります。

大よそ言葉を理解すると、主人は私に質問をするようになりました。 私の国ではヤフーが理性的でフウイヌムが動物的であり、ヤフーがフウイヌムの主人をしている事を話すと大変驚いたようでした。

そしてこの国で二年間以上を過ごした中で、フウイヌムが高潔で理性的な種族であることを知ります。 フウイヌムは相手を疑うという事がほとんどなく、また悪徳、支配欲や物欲、憎悪や嫉妬などの非道徳的な感情も持っていません。 この国にはそういったことを表す言葉すらほとんどなく、主人に伝えるのに酷く苦労しました。

そして主人に人間の歴史や性質を説明すると、人間とヤフーの二種族はとても似ていることを指摘されます。 人間とヤフーは身体能力、容姿、清潔さ、知識などに違いはありますが性質はよく似ており、ヤフーが人間のように知識を付けたら凄惨なことになるだろうとも言います。

私はこの国の住民を敬愛するようになり、人間世界には戻らずにこの国で余生を過ごしたいと考えるようになっていました。 しかし私のこの国での生活はフウイヌム達によって終わります。

フウイヌムは「ヤフーを撲滅するべきかどうか」で度々議論をしていました。 ヤフーほど邪悪で害をもたらす動物は他におらず、元々はこの国に存在していなかった事もあって絶滅させるべきではないかという意見があったのです。

そしてある日、私の主人に対してヤフーをフウイヌムのように扱っていることに苦情が寄せられます。 主人は私を他のヤフー同様に労働させるか、さもなければ追放するかを迫られていたのです。 主人や知り合いのフウイヌムは私を擁護してくれていたようですが、もはや庇いきれない所まで来ていました。

この話を聞いた私は哀しみと絶望で悶絶しましたが、フウイヌムたちの性質からこの決定が覆らないことを理解しました。 私は主人の協力の下で船を制作し、完成すると友人のフウイヌムたちに見送られながらこの国を後にしました。

航海後の私はヤフーに囲まれて暮らすのは御免だとどこかの無人島で一人暮らそうと思っていました。 しかし上陸した陸地でポルトガル人と会い、私はフウイヌムに見捨てられた哀れなヤフーだから放っておいてくれと言っても通じません。 そして彼らは親切にも私を保護して故郷イギリスへと連れ帰ったのです。

我が家へと帰ってきた私は妻から接吻を受けましたが、私はこの忌まわしいヤフーに触れられたショックで気絶するほどでした。 同じ部屋で食事をすることにも耐えられず、新たに飼い始めた馬たちと一緒にいる時だけ私の心は休まりました。

感想

ガリバーはハイスペックな男で、航海術と医療の知識を持ち、異国の言葉を数日でうっすら理解してひと月もしないうちにマスターしてしまいます。 異国にも簡単に馴染んで王様に気に入られる特技もあってうらやましい限りです。

ガリバー旅行記はそんなガリバーが奇妙な国々を旅する冒険譚ですがそれだけではありません。 子ども向けに刊行されたものはただの冒険譚ですが、原作は批判・皮肉・風刺が多分に含まれており読んでいて胸焼けがするほどです。

作中では実際の国と冒険先の異国を比較する形で、間接的あるいは直接的に人間や人間社会を風刺しています。 スウィフトは政治活動に関わり政治的敗北を喫した中で描いたのがこのガリバー旅行記であり、そこには彼の政治的主張が多分に含まれている訳です。 特に最終章なんて厭世的で作者スウィフトの恨み節のようでもあります。

小人の国や巨人の国にはこの要素はそれほど多くなく冒険譚として楽しめますが、後半になるほど風刺や皮肉の割合が多くなっていきます。 人によって好き嫌いが別れる作品と言えるでしょうね。ただ冒険譚としても有名な作品なので、一度は読んでみて欲しい一冊です。

\share/

よく読まれている記事