吾輩は猫である(夏目漱石)-あらすじと感想

I Am a Cat

吾輩は猫であるは1905年に発表された夏目漱石の全10話の連載小説です。漱石の処女作にして代表作ですね。 主人公の名前を付けて貰えなかったやたらと人間くさいネコが、人間模様や人間社会を風刺的に語るお話です。

冒頭の「吾輩は猫である。名前はまだない。」の一文が有名な作品ですね。 ネコにしては随分博識で人間臭くまるで人間のようですが、それは言わないお約束でしょう。

あらすじ

吾輩は名前のないネコです。 名前を付けて貰えなかったので、自分のことを吾輩と呼んでいます。

産まれて間もなく捨てられましたが、主人の家に迷い込んだ縁で飼われることになりました。 主人の苦沙弥先生は英語教師をやっていて、家に帰ると勉強する振りをしてよく寝ています。 教師という仕事はこんなに寝ていても勤まるなら、ネコにでもできるのではないでしょうか。

主人は何にでも手を出す人で、ある日水彩画をはじめて昼寝をしている吾輩を描こうとしていました。 しかし主人の描く吾輩はどうみてもおかしく、これはモデルをしていても仕方ないと立ち去ろうとすると主人は怒りだしました。 吾輩が付き合ってやったのも知らずにいい気なものです。

近所の三毛猫に恋もしましたが病気で死んでしまいました。 三毛の飼い主は病気になった原因が吾輩だなんて言うものだから外出する勇気もなくなり、主人同様に出不精になりました。 幸い人間の知己がいるので退屈はありません。

それからも色々なことがあり色々な人間を見ました。 ここにいると退屈せずに済むので、ネズミ捕りもせず人間観察をしている吾輩を置いてくれている主人には感謝しています。

吾輩がこの世に生まれて2年が経った頃、そう遠くないうちに胃病で死ぬ主人のことを考えていました。 死ぬのが定めで生きていても役に立たないのなら、早くあの世へ行った方が賢いのかもしれません。

何だか気がくさくさして景気付けにビールを飲むことにしました。 不味いと思いながらビールを飲むと不思議といい気分になり、フラフラと歩いていると足を踏み外し気付いた時には水おけに落ちていました。

脱出しようもがきましたがどうにも抜け出せそうにないので、諦めて自然に任せることにしました。 吾輩は死んで太平を得ます。南無阿弥陀仏ありがたや。

感想

ネコが語ることは人間がそのまま言うと嫌味に取られかねませんが、それを吾輩の口から語らせることによって柔らかくユーモラスに受け取れるのは何とも不思議ですね。

この話の登場人物にはモデルがいると言われており、飼い主の苦沙弥先生は漱石自身がモデルです。 作中の妙な話もきっと漱石の体験が元になっているんでしょうね。

早晩胃病で死ぬ苦沙弥先生について語る吾輩は、漱石自身の未来を見つめての話だったように思います。 本作の発表から11年後、漱石は胃潰瘍によって49年の生涯を終えています。

己の晩年を吾輩を通して見据えていた漱石の心境は如何なものだったのでしょうか。 死を太平だと考えていたのか、あるいは死を太平だと思わなければやってられなかったのか。

本作はそのまま素直に読んでも良いですが、漱石の経歴を知った上で読むとまた違った味わいがあります。 お読みの際にはそのように2度読んでみることをお勧めしたいです。

\share/

よく読まれている記事