こころ(夏目漱石)-あらすじと感想

Kokoro

こころは1914年に発表された夏目漱石の長編小説です。 主人公の私が先生と呼ぶ謎の多い人物の心の機微を描いた物語で、人の持つエゴと倫理観の葛藤がテーマです。

こころが文章で繊細に表現されており、その技術にはただただ舌を巻くばかりです。

あらすじ

私はその人を先生と呼んでいました。 その人の記憶を思い起こす度に先生と言いたくなります。

私が先生と出会ったのは学生の時分に鎌倉へ行った時です。 どこかで会った気がしたのですが思い出せず、気になった私は毎日先生を待ち受けたり付けまわしたりして、やがて向こうから話しかれられました。 どこかで会ったことがあるか聞いてみましたが、どうやらあちらにも覚えはないようです。

これから先にも先生の家を訪ねて良いという許可を貰って私は東京へ帰りました。 それからひと月後に行ったときは先生は留守で、二度目に行った時には奥さんから先生は墓地にいることを聞きました。

墓地で会った先生は歯切れが悪く、何か知られたくないことがあるようでした。 何か聞いても深くは語らず、友人の墓参りをしていたことだけを教わりました。 それからも度々先生の家を訪ねましたが、墓参りの事を聞くとその顔は酷く曇ります。

先生は自分のことを価値のない人間と思っているようでした。 奥さんは先生のことを昔はもっと明るい人だったが、親友の変死を切っ掛けに世間も人も嫌いになってしまったのだと言います。

冬になると父が病気で容体が危ないと知らされ故郷に帰りました。 帰ってみると思ったよりは良く暫くは持つようでしたが、しかし根本的に治りはしない病気のようでした。 すぐどうこうなる訳ではないので、とりあえずは今まで通りの生活に戻ります。

春になって先生に父の容態に事を話すと、先生はもし家に財産があるのなら相続の事は父が存命のうちにきっちりしておいた方が良い、人間は普段は良い人でも何かあると急に悪人になると忠告します。

先生はかつて人に騙されたそうですが詳しい話は教えて貰えませんでした。 私が食い下がると先生はいずれ私の過去を全て君に教える、しかし今は時期ではないから話せないとだけ言います。

そうするうちに私は学校を卒業して帰省しました。 父はまだ存命であり、私の卒業証書を感慨深く見ています。 やがて二人は私に就職を勧め、こんな時こそお前のよく話す先生に頼んでみれば良いじゃないかと言います。

私はあの先生は何もしていないし就職口の世話もしてくれるはずがないと思いましたが、両親に押されて手紙を出すことになりますがやはり返事は来ませんでした。 就職口を探すため東京に戻ろうとすると、父親の容体が崩れました。

いよいよ危ないかと家族が集まってきたとき、先生から手紙がきました。 手紙には「これを読む時もう私はこの世にいないでしょう」と書いており、私は先生の安否が気になって居ても立っても居られなくなりました。 父はまだ数日は持つだろうと見て、汽車に乗りこんで改めて先生の手紙を読み始めます。

―先生からの手紙―

私は早くに両親を亡くしましたが、親が財産を残してくれたので不自由なく生活できました。 叔父に面倒を見て貰って学生をしていたのですが、ある時叔父が遺産を盗み取ってたことを知りました。 信頼していた叔父に裏切られことにショックを受け、それからは故郷を捨てて一人で生きることに決めました。

東京で下宿先を探し、未亡人とお嬢さんの家に住まわせてもらうことになりました。 私はそこで暮らすうちに段々と娘さんに惹かれていきました。そんな暮らしはこの家庭に入って来たKによって変わっていきます。

Kは私の幼馴染であり、医者に跡目として養子に取られて東京の大学に通っていました。 しかしKは医者になる気はなかったため、それを知った養父に養子縁組を解消されてKの生活は行き詰まりました。

そこで私は下宿先にKも住まわせてもらうよう頼み込んで一緒に暮らすことになりました。 やがてKもお嬢さんと打ち解けてきましたが、私はKが娘さんと仲良くすることに嫉妬を覚えるようになりました。

やがてKは私にお嬢さんが好きになった事を打ち明けますが、私はそんなKを批判することで牽制します。 そしてKの並々ならぬお嬢さんへの感情を察した私は、先手を打って母親にお嬢さんを嫁に欲しいと話し、2人は結婚することになりました。

Kが2人の結婚を知ってから2日後、Kは部屋で自殺していました。 Kは遺書を遺していましたが、内容は意志薄弱で先の望みがないから自殺するという事、他に今まで世話になった礼と迷惑をかける詫び、そして死後の後片付けの依頼のみが書かれていました。 私はかつて私を裏切った叔父と同じように、Kの信頼を裏切ったのです。

Kの遺骨は生前Kが気に入っていた雑司ヶ谷に埋めました。 ある日妻と一緒に墓参りに行ったとき、妻はKに2人の結婚を報告していましたが、私は墓前でただ謝るのみでした。 それ以来、妻と一緒に墓参りはしないことに決めました。

叔父を悪く言っていた時の私は自分が立派な人間だと思っていましたが、Kを殺した事実はその自負を粉々にしました。 私は自分に愛想を尽かして動けなくなってしまったのです。

私の心の中にはKを殺した後悔と罪の意識が残り続けています。 そしてようやく私は自殺をする決心をしました。

私は私の過去を善悪ともに他の参考に供するつもりです。 しかしどうか妻だけ何も知らせないで、腹の中にしまっておいてください。

感想

Kはなぜ死ななければならなかったのか、先生はなぜ死のうとしているのか。 裏切りが原因だったのか、それとも孤独に押しつぶされた結果だったのか。

二人とも心が純粋すぎた事もあるのかもしれません。 もう少し叔父のように生きることができれば死ぬ必要もなかったんでしょうけどね。 Kが生きていればやがては笑い話になったかもしれませんが、残念ながらそうはなりませんでした。

この話は色々な人が感想を書いていますが、中でも面白いと思ったのは吉永みち子氏のものです。 誤解を恐れずに一言でまとめると「先生バカじゃないのか」といった内容で、言われてみると確かにその通りなんですよね。 しかしこの話を読んだ後にこんなストレートな感想が出てくるのはすごい事だと思います。 検索すれば概要は出てくるので、気になった方は是非そちらもどうぞ。

\share/

よく読まれている記事