それから(夏目漱石)-あらすじと感想

And Then

それからは1909年に新聞で連載されていた夏目漱石の小説です。 実業家の父を持つ高等遊民である主人公の代助が略奪愛をする話ですが、ドロドロしたものではなく一種のさわやかさすら感じます。

高等遊民とは高等教育を受けながらも経済的に恵まれ働かずにいて、ふらふらしている趣味人のことを指します。 代助はパンのために働くべからずという哲学のため働かず、父の援助により停滞したような平穏な日々を過ごしていました。 そんな代助が愛に目覚めて、世の中が動き出すのが本作の見どころです。

あらすじ

代助は実業家の父を持つ三十歳の男で、高等教育を受けた身で体も健康そのものですが、働きもせずに父の援助を受けて暮らしています。 代助は健全な労働がしたいが今の腐敗した世の中ではそれは叶わないと考えており、ここ三年でその心境はニルアドミラリ(何事にも動じない・無関心)の域に達していました。 怠け者気質と金に困っていないこともあって、書生の門野と使用人の婆さんと共に、父の用意した家で平穏な日々を過ごしています。

ある日、中学時代からの親友だった平岡が三年ぶりに訪ねてきます。 平岡は銀行勤めで転勤したこともあって、最近は疎遠になっていました。

平岡は部下が使い込みした責任を取って辞職し、借金してその穴埋めをしたと話します。 代助はなぜ部下が責任を取らなかったのか問いましたが答えはなく、平岡の語った事が全てではないと思いましたが追及はしませんでした。 平岡は職に就くため方々に打診している所で、代助は兄の会社に雇って貰えないか聞いてくれるよう頼まれます。

別れ際に代助は昔馴染みである平岡の妻・三千代がどうしているかを尋ねました。 平岡夫婦は子を亡くしており、また三千代も病気で体調が良くないようでした。三千代は代助が結婚したのかを気にしていた、と言ったところで電車が来て、その場は別れました。

代助は父から話があるからと実家に呼ばれました。 実家には実業家の父と、父の会社に勤める兄夫婦と二人の子が住んでいます。

父からは最高の教育を受けて体も健康なのに三十にもなって遊んでいるのは勿体ないから働いてみたらどうだと言われるも、適当に返事をして受け流して退散します。 また実家にいる兄嫁から、資産家の佐川の娘との縁談話が持ち上がっていることを聞かされました。

それから代助は平岡の宿を二度尋ねましたが、平岡は仕事が中々決まらないようでいつも忙しくしています。 何か妻を叱りつけていたこともあり、その精神は焦りから狂い始めているように見えました。

そんな中のある日、代助の家に三千代が借金返済のために五百円工面してくれないかとやってきます。 支店長とは別口の借金を返すためと言いましたが、なぜどこから借りたのかを詳しくは語らず、蒼白い三千代の顔に漠然たる不安を感じました。

代助は園遊会で兄と出会った機会に、事情を話して金の工面と平岡の斡旋を頼むも断られます。 代助は平岡の新居へ行きそのことを知らせようとしましたが、平岡の状況が思った以上に悪そうに見えたので見合わせました。

代助が三千代に出会ったのは四~五年前のまだ学生の時でした。 学友の菅沼の妹であり、平岡、代助、菅沼兄妹の四人でよくつるんでいました。

菅沼が病気で死んだ年の秋、代助が間を取り持って平岡と三千代は結婚し、間もなく東京を去りました。 そして東京に戻ってきて今に至りますが、代助は不幸な三千代を何とかしてやりたいと思っていました。

改めて兄嫁に金を借りようとするもいつ返す気なのかと断られ、問答するうちにやがて話が例の縁談話になります。 結婚する気はないと言う代助に兄嫁から誰か好きな人でもいるのかと聞かれ、不意に三千代という名が心に浮かんだことに代助は苦笑します。

後日、兄嫁から先日は失礼なことを言ったことが気掛かりだから二百円だけ都合すると小切手が届きます。 小切手を持って平岡の家へ行きましたが亭主は不在で、代わりに三千代が応対し、やがて話題は平岡の転勤先で起きたことになります。

平岡は転勤当初は勤勉でしたが、三千代が産後に心臓を悪くしたのを切っ掛けに遊び始め、段々とタガが外れるようになったそうです。 せめて子供が生きていればと言う三千代に、代助は経済問題の裏に夫婦の問題があることを察します。

後日、平岡が一人で小切手の礼にやってきました。 ある種の緊張感の中での世間話の末、平岡は新聞社に就職できそうだと話して帰ります。 代助は平岡との間にできた距離を自覚し、三千代との結婚を取り持ったことについて一種の責任感のようなものを感じます。

そんな折に代助は避けていた父に呼び出され、これからどうするつもりなのか、なぜ結婚しないのかをきつく問い詰められます。 煮え切らない返事をする代助に父は説教し、よく考えるように言います。

数日後、今度は三千代が代助の家にやってきます。 三千代は具合が悪そうで代助がまだ完治しないのかと聞くと、生涯完治はしないと話します。 そして三千代は急に小切手の礼を述べ、平岡が新聞社に就職したことと、工面して貰った二百円を生活費に使ってしまった事を詫びます。

ある日、兄嫁から兄が来るまで代理で一緒に歌舞伎座で観劇して欲しいと願われ、特に断る理由が見つからなかったので付き添うことになりました。 近くの席にどこか見覚えのある気がする金縁メガネの男が座っていましたが、特に気にせず観劇します。

遅れて兄がやってきましたが、代助は兄の手引きで金縁メガネの男の席へ連れていかれ、そこには縁談の相手である佐川の令嬢がいました。 代助は上手く嵌められてしまったと感じ、このまま兄嫁がこの事件を発展させていく気なら家族と距離を置かなければならないと考えます。

実家からまた明日家に来るようにと言われたので、旅行に行くと伝えておけと言って逃げる算段を立てます。 しかし旅行案内を開くと三千代の事が頭をよぎり、もう一度様子を見てから東京を出ようと考えます。

日も暮れた後に平岡の家に行くと一人三千代がおり、聞くと平岡は普段から遅くまで帰って来ないようでした。 家計の事を聞くと三千代は指を広げて見せ、そこにはかつて代助が送った指輪も、他の指輪もなくなっていました。代助は帰り際にこれを使いなさいと旅費にする予定だった有り金全てを渡して去ります。

素寒貧になって逃げられなくなった代助は実家で佐川の令嬢と顔合わせすることになります。 一時間ほどの会食の後に父に呼ばれ、縁談に異存はないだろうと尋ねられるも煮え切らない返事をします。 このままいけば嫁を貰うか、もしくは断って家族を本当に怒らせることになります。 しかし気が進まない嫁を貰うのも馬鹿げているとジレンマに悩まされます。

代助は先日三千代に渡した金の件を気掛かりに思い、再び三千代を尋ねました。 三千代の話を聞くに夫婦仲があまり上手くいっておらず、また日毎に悪い方向へと進行していることを察します。 三千代の病気、子の喪失、平岡の遊蕩、会社での失敗、困窮した経済事情を概括した上で、平岡は貰うべからず人を貰い、三千代は嫁ぐべからず人に嫁いだのだと結論付けます。

同時に代助の三千代に対する愛情が、破綻した夫婦関係を必須条件として募りつつあるのが否定できませんでした。 そして自分と三千代の過去の関係を遡ってみるといずれの断面にも二人の間に愛の炎を見出さなかったことはなく、三千代が平岡に嫁ぐ前に既に自分に嫁いでいたも同じことだったのではないかと考えるに至ります。

しかしあくまで代助は三千代に安らいでもらいたいと思っており、夫婦仲を正面から引き裂こうというほど愛は暴走していませんでした。 平岡に直接会って美千代を大事にするよう話をしますが、無難な忠告に終始して強く話をすることができずにうまくいきませんでした。

代助は自分が平岡に対して打算的で安全な方針で接していたことを不甲斐なく思います。 今までは色々なものと距離を取ることで柔らかに自我を通してきました。しかしこれからは自ら進んで押し通すことに腹を決めたのです。

そして代助は令嬢との縁談を断り、三千代と一緒になる決心をします。 三千代を家へと呼び、二人は昔話を始め、そして代助は三千代に愛を告白します。 三千代はなぜ三年前に言ってくれなかったのか、残酷だと言い、そして三千代も覚悟を決めると言います。

三千代に言うべきことを言った代助は、三千代の運命に責任を持たなければならない身になったと自覚しました。 それは自ら進んで負った責任であり、その重みに押されてかえって自然と足が前に出るような気すらしました。

そうして代助は父と戦う覚悟をして縁談を断るべく話し合いに赴きます。 しかしそんな父は頬が瘠けていつもと様子が違うことに気付きました。 父は年のせいで健康を損ない近々引退しようとしていたが、事業うまくいっておらず無理を押して働いていることを話します。 そして事業のために有力家と繋がる必要があり、この度の縁談を成功させる必要があることを打ち明けました。

代助は父が本音で話したことをむしろ快く感じ、また父への同情もあって父のご都合の良いように決めてくださいと言いたい心境でした。 しかし三千代にした告白を白紙にしようとまでは思い至らずとうとう縁談をはっきりと断ります。 理由を聞かれましたが三千代のことを言う段階ではないと思って沈黙すると、父は最後に何でもお前の勝手にするが良い、そしてもうお前の世話はしないと言い放ちました。

翌日に目が覚めても代助の耳の底には父の最後の言葉が鳴っていました。 何か職に就かなければならないと思いましたが、今までそういったものに興味がなかったため何の実感も沸きません。代助は死ぬまで三千代の責任を負うつもりでしたが、こんな状態で三千代を背負った所で不実な平岡と大した違いがないのではないかと今更ながら思いました。

代助は三千代に自分は頼りにならない男だと今までの経緯を話し、この先どうなるか分からないことを白状します。しかし三千代はどうせ永くは生きられない体だし、もしもの時は覚悟を決めていると言います。そして代助は平岡に全てを話す決心をします。

代助は家に平岡を呼び、これまでの経緯を全て話しました。 平岡は代助を責めますが、代助は平岡が三千代を愛していないことを指摘します。 平岡は学生時代に三千代を周旋したのは君だろうと言いますが、代助はそれを自分と平岡の双方を想って後悔し、何よりあの時の中途半端な義侠心を済まないと思っていると謝罪します。

代助は三千代さんをくれないかと懇願し、平岡はそれを承諾します。 ただし三千代の病気が治るまでは渡せないし会いに来るのも控えて欲しいと条件を付け、そして今日限りで代助とは絶交だと言います。

代助は三千代に会えない日々を過ごしていましたが、そんな中を兄が訪ねて来ます。 兄は平岡が父に手紙を寄こしたと言い、手紙には三千代と代助の関係について書かれていました。

兄はそこに書いていることは本当なのかと問い、代助は本当ですと答えます。 兄はどうしてそんな馬鹿なことをしたのだ、家族の名誉を考えていないのかと代助を責め、父の絶縁宣言を伝え、俺ももう会うことはないと言って去っていきます。

代助は兄の去った後もしばらくじっとしていましたが、やがて職を求めて飛び出します。「ああ動く。世の中が動く。」

感想

この話を一言で言うと高等遊民の略奪愛ですが、その経緯や心境の変化には色々と思わせられる所がありますね。 父の援助によって生かされている身であるのに高い所から世間を見下ろしていた代助が、愛に目覚めて自分が否定したものに塗れていくのは味わいがあり、またその心境には共感もできます。

物語の最期からはそれからどうなったのか何も示されていません。 代助の職は見つかったのか、三千代と一緒になれたのか、実家の援助を打ち切られて生計を立てることができたのか、色々と気になる終わり方ですね。

本作のタイトルは「それから」ですが、どこの事を指しているんでしょうね。 代助が美千代に会った時か、真剣に生きようと思った時か、物語の後の話なのかもしれません。 このタイトルが何を指しているのかを考えてみるのもまた面白いのではないでしょうか。

\share/

よく読まれている記事