注文の多い料理店(宮沢賢治)-あらすじと感想

cat Chef

注文の多い料理店は1924年に発表された宮沢賢治の児童文学集にある短編です。 山中で迷った男たちが入った、注文が多い料理店を舞台にした話です。

実は宮沢賢治の著書はその多くが死後に発表されたものであり、注文の多い料理店は唯一生前に出版されたものです。 宮沢賢治の代表作のひとつに数えられ、絵本、演劇、映画化などもされています。 物語もシンプルで分かりやすく、子どもから大人まで幅広く親しまれている名作童話です。

あらすじ

2人の太った紳士は大きな2匹の猟犬と道案内の猟師を伴って山奥へ狩りに来ていました。 しかし道に迷ってしまって道案内の漁師はどこかに行ってしまいます。 その上2匹の犬は泡を吹いて倒れて死んでしまって「あの犬は高かったのに大損害だ」と愚痴をこぼします。

紳士たちは狩りはできなかったけれど腹も空いたので帰ることにしました。 ここがどこか分からないけどあまり歩きたくないなと言っていると、ふと後ろに立派なレストラン「山猫軒」があることに気付きました。 扉には「どなたでも遠慮なくお入りください」と張り紙がしてあり、二人は遠慮なく入ることにしました。

入ると「特に肥えた人は大歓迎です」と書いてるある扉があり、太った二人は歓迎されていることに気を良くします。 奥の部屋へ行くと「当軒は注文の多い料理店です」と書いた扉があり、こんな山奥でも流行っているのだな、さぞ美味しい店に違いないと言いながら更に奥へと進みます。

部屋を進むごとに扉があり、扉には「髪整えて靴の泥を落としてください」と指示が貼られていました。 指示通りに泥を落として扉に入ると、今度は「鉄砲と弾丸をここへ置いてください」と指示が貼られた扉があり、銃を持って食事をする道理はないと指示に従いました。

更に進むと「帽子と外套と靴を脱いでください」「金物類は置いてください」「壺のクリームを顔や手足に塗ってください」といった調子で張り紙の付いたドアが続きます。 二人は「作法の厳しい料理店だな」と従いながら奥へ奥へと進んでいきます。

しかし「いろいろ注文が多くて失礼しました。これで最後なので体中に壺の中の塩をよくもみ込んでください」と書いてある扉の前に来て流石に立ち止まりました。 二人は「注文」とは今からこちらがする事ではなく、今まで向こうがしてきた事を指していたことに気付きます。 この店は客に食べ物を出す店ではなく、客を食べ物にしている店だったのです。

騙された事に気付いて逃げようとするも元来た扉は開かず、先の扉の鍵穴からは化物の青い目玉が覗いています。 早くこっちに来いと催促する声がしてきて、2人は恐怖で泣きわめき顔がくしゃくしゃになりました。

そうして動けないでいると死んだはずの猟犬が扉を破って入ってきて、奥の扉の向こうの化物へと襲い掛かりました。 ネコの断末魔が上がったかと思うと、レストランは消えて2人は裸で草むらの中に立っていました。

犬が戻り道案内の猟師もやってきて、2人はようやく安心しました。 しかし家に帰って暖かい風呂に入っても、恐怖でくしゃくしゃになった顔は元には戻りませんでした。

感想

物語において2人の紳士は傲慢で嫌な奴に描かれています。 愚痴ばかり吐いているし、成金のようなセリフが目立つし、死んだ犬やはぐれた猟師を気に掛けない薄情者です。

そんな2人はレストラン山猫軒へと入り沢山の注文を受けることになるのですが、その傲慢さ故に事態の異常に気付けません。 そうして最後の扉の前まで来た所でやっと過ちに気付いて怯えているところを、どこからともなく現れた猟犬に助けられました。

物語においては死んだと思った犬やはぐれた猟師は無事で、悪者のネコは退治され、紳士2人は命は助かるも顔がくしゃくしゃになりました。 勧善懲悪物語として分かりすい結末であり、その教訓を得られるという意味で子どもの読み物としておススメの一冊です。

なお冒頭で泡を吹いて死んだはずの犬が再び登場したのは作中では明かされない謎ですが、 ヤマネコが幻覚を見せる能力を持っていて犬が死んだのも幻覚だったという解釈が一般的です。

\share/

よく読まれている記事