銀河鉄道の夜(宮沢賢治)のあらすじ

The Night of the Milky Way Train

銀河鉄道の夜は1934年に発表された宮沢賢治の短編童話です。 宮沢賢治の死後に見つかった草稿であり、出版されているのは第四次原稿と呼ばれるものです。

孤独な少年ジョバンニが夜空を見上げていると不思議な光に包まれ、いつの間にか銀河を走る列車に乗っていました。 そこには友人のカンパネルラも乗っており、二人は星々を巡る不思議な体験をします。

目次 [閉じる]

  1. あらすじ
  2. 感想

あらすじ

ジョバンニ

ジョバンニはまだ少年ですが、父が長らく帰宅せず母も病気のため、家計を助けるために働いていました。 朝夕に働いて日中は学校に通うので、とても忙しくて眠気でうまく頭が働きません。

以前は仲良くしていたカンパネルラとも疎遠になり、クラスで浮いた存在になってしまっていました。 父が以前「ラッコの上着をもってくる」と言ったのを、クラスメートはことあるごとに冷やかしてきます。

祭りの日に同級生たちと偶然街で出会うと「ジョバンニ、らっこの上着が来るよ。」と皆が口々に叫びました。 そこには気の毒そうにこちらを見るカンパネルラもおり、ジョバンニはいたたまれなくなってその場から逃げました。

ジョバンニは黒い丘の上で一人夜空をの星々を見上げていると、ぼんやりとした光がだんだんはっきりしてきました。 やがて濃い鋼のように空の野原に立つと「銀河ステーション、銀河ステーション」という声が聞こえてきて、眼の前がぱっと明るくなりました。

銀河鉄道の夜

気が付くとジョバンニは銀河鉄道に乗り込んでいました。

前の席に見覚えのある肩が見えたと思ったら、それはカンパネルラでした。 カンパネルラは「みんなずいぶん走ったけれど遅れてしまった。ザネリはお父さんが迎えにきたんだ」と言いながら、少し青ざめてどこか苦しそうでした。

しかし窓の外をのぞくと元気になり、銀河ステーションで貰ったという地図をしきりに見ていました。 窓の外は青白く光る銀河の岸に、銀色の空のすすきが風に揺られて並を建てています。

「お母さんは僕を許して下さるだろうか。」 カンパネルラは急に思い切ったように言いました。

「おっかさんの幸せが何かは分からない。でも本当に良いことをするのが一番幸せだから、お母さんは僕を許して下さると思う。」 そう言うカンパネルラは何かを決心したように見えました。

夜空の旅

二人は銀河鉄道に乗って星々を巡りました。 銀河鉄道には色々な人が乗り込んでおり、海岸で地層を調べている教授、猟師のおじさん、沈んだ船に乗っていたはずの三人組、灯台守などと交流しながら旅は続きました。

旅は美しく素敵なものでしたが少しずつ乗客は減り、サザンクロスを過ぎるとカンパネルラと二人きりになりました。

ジョパンニとカンパネルラは「本当の幸い」のためにどこまでも共に歩もうと誓います。 本当の幸いが何なのかは分かりませんが、きっと正しい道を歩んだ先にあるものだと思いました。

やがてカンパネルラは「遠くに見える綺麗な野原にお母さんの姿を見つけた」と言います。 ジョバンニがそちらを見てもそうは思えず、振り返るとそこにはもうカンパネルラの姿はありませんでした。

ジョパンニ窓の外に乗り出して力一杯叫び、それからのど一杯に泣きだしました。

別れ

ジョバンニが眼を開くと、そこは元いた丘の上でした。 どうやら疲れて眠ってしまっていたようで、頬には涙が流れていました。

ジョバンニは家に帰る途中、カンパネルラが川に落ちたクラスメートを助けようとして行方不明になった事を知ります。 カンパネルラのお父さんも来ていましたが、カンパネルラは見つからず捜査は打ち切りになりました。

ジョパンニはカンパネルラの行方を知っていると言いそうになりましたが、何も言えませんでした。 それを見たカンパネルラのお父さんは、ジョパンニが挨拶に来たものだと思って感謝し、またジョパンニの父がもうじき帰ることを伝えます。

ジョパンニは胸が一杯になり、早く母親に伝えようと家へと走り出しました。

感想

美しくも悲しい気持ちになる物語です。

銀河鉄道の列車は死者の魂を然るべき場所へと運ぶものです。 そこになぜ生者であるジョパンニが乗り込めたのかと言えば、生きることを諦めかけていたからでしょうか。 あるいはカンパネルラの計らいで乗ることができたのかもしれません。

ジョパンニは列車でカンパネルラと出会い、人々と触れ合う中で生きる目的を見出します。 そして二人は「本当の幸い」のために共に歩もうと誓いました。

その後カンパネルラはいなくなってしまいますが、これは友情が反故になった訳ではありません。 二人の正しい道が別々だっただけなのです。

ジョパンニは現実でもきっと本当の幸いに向かって力強く歩んでいくことでしょう。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

それから(夏目漱石)のあらすじ

eyecatch

走れメロス(太宰治)のあらすじ

eyecatch

方丈記(鴨長明)のあらすじ

eyecatch

セメント樽の中の手紙(葉山嘉樹)のあらすじ

eyecatch

売ります。赤ん坊の靴。未使用(アーネスト・ヘミングウェイ)

eyecatch

ジュリアス・シーザー(シェイクスピア)のあらすじ

HOME