桜の樹の下(梶井基次郎)-あらすじと感想

under-the-cherry-tree

桜の樹の下は1928年に発表された梶井基次郎の短編小説です。 退廃的な心理を持ち桜の生き生きとした美しさに不安を覚えた「俺」が、桜が美しい理由を話しかける物語です。

物語は「桜の樹の下には屍体が埋まっている!」から始まります。 本作は怪談ではありませんが、怪談話でよく聞く設定のネタ元とも言える話です。

あらすじ

俺は桜の美しさが信じられなかったけどやっと理由が分かった。 桜の樹の下には死体が埋まっているんだ。

俺は数日前に水たまり浮かぶ大量のウスバカゲロウの死体を見て残忍な喜びを味わった。 俺にとって美しい自然はただそれだけでは朦朧としたものでしかなく、惨劇による平衡があって始めて心象が明確になるんだ。

桜の木を見てあの美しさの正体は何なんだと不安になっていたが閃いた。 あの桜の木の下には死体が埋まっているんだ!その考えに至って心の不安は安定し、憂鬱さは確かな形となって完成した!

俺はようやく瞳を据えて桜の花が見られるようになったのだ。 今こそ樹の下で酒宴をひらいている村人たちと花見の酒が呑のめそうな気がするよ。

感想

美しい自然を見てもぼんやりとした心象しかなく、惨劇によって平衡が取れないと直視することができない。 そんな「俺」が桜の美しさに対する惨劇として考えたのが木の下に死体が埋まっているという話です。

一見滑稽な話ではありますが、完璧な美しさに不安を抱くという気持ちは分からないでもないです。 美しいものってその裏に何か理由があるような気がしますよね。

例えば容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、周囲の人望も厚い完璧な人間を見たら、桜の美しさに不安を感じた「俺」と同じように不安を感じます。 そして「俺」と同じように「あいつは裏では何か酷い事をやっているに違いない」と勝手に考えて心の平衡を得ようとするような気がします。

\share/

よく読まれている記事