セメント樽の中の手紙(葉山嘉樹)-あらすじと感想

letter-in-a-cement-barrel

セメント樽の中の手紙は1926年に発表された葉山嘉樹の短編小説です。 セメント工として働く底辺労働者の厳しい生活を描いたプロレタリア文学で、労働者の悲哀とどうにもならない現状がよく描かれています。

葉山嘉樹自身もセメント工として働いた経験を持っており、そこで起きた事故をきっかけに労働組合を作ろうとするも解雇されてしまいます。 本作はその時の経験と心情によって生まれた作品と言えるでしょう。

あらすじ

与三はセメントをミキサーに入れる作業員でした。 セメントの粉塵が舞う劣悪な環境で、鼻に入ったコンクリ片を拭う暇もないほど忙しい仕事でした。

ヘトヘトになりながら作業をしていましたが、今日の仕事が終わる頃にセメントの中から木の小箱が出てきました。 本来はこんなものが入っているはずはなく不思議に思いましたが、何分忙しかったので金目のものであることを期待してポケットにしまい込んで仕事を続けました。

仕事が終わって与三は店で一杯ひっかける事を想像しながら真っすぐ家路につきました。 安い給料と厳しい生活を考えると店で酒を飲むなんて贅沢ができるはずはありません。 そんな折にふと木箱の事を思い出し、開けてみると中から手紙が出てきました。 手紙の主はセメント会社の女工で、同僚の恋人のことが書かれていました。

「恋人は粉砕機に巻き込まれて死に、立派なセメントになってしまいました。 私の恋人が劇場の廊下や大きな邸宅の塀になったりするのは忍びないですがどんな所にでもお使いください。 立派な人物だった彼はきっと立派にセメントとしての役目を果たすでしょう。 あなたが労働者であれば恋人が何になったのかをどうか知らせてくれれば幸いです。」

家に帰った与三は茶碗に注いであった酒を飲み欲し「へべれけに酔っ払って何もかも打ぶち壊してやりたいなあ」と怒鳴るも、そんな事されてたまるものですかと大きなお腹の妻に窘められました。

感想

底辺労働者のどうにもならない日常が淡々を描かれた作品です。 恋人が死んでセメントになったという衝撃的な出来事があったにも関わらず現実は何も変わらないという、やりきれない内容になっています。

手紙にて女工は一旦はセメントを劇場や大きな邸宅には使って欲しくないと懇願するも、すぐに翻意しています。 これは恋人を殺し労働者を酷い目にあわせている金持ちのための建物に使われたくないという気持ちと、こんな事を言っても現実は何も変わらないという、願望と諦観だったのではないかと思います。 当時の労働者が置かれている厳しい現実が伺える文章ですね。

与三の「何もかも打ぶち壊したい」という発言も、どうしようもない現実に対する怒りだったのでしょう。 しかし妻と子という現実に窘められ、これからも変わらず苦しい日々は続いて行くであろうことを予感させられます。

不満を抱えて憤りを感じているけれど現状を変える力がない。 本作はそんなどうにもならない労働者の悲哀をよく描いた作品だと思います。

\share/

よく読まれている記事