山月記(中島敦)-あらすじと感想

山月記は1942年に発表された中島敦の短編小説です。 若くして科挙に合格した才子の李徴はそのプライド故に役人の立場に甘んじることを良しとせず、後世に名を遺すために詩人を志すも失敗し、やがて狂気に陥り虎になってしまいます。

中学生の頃に読んだ時は印象的ではありましたがそれだけで、大人になってから再び読んでみると李徴の告白が心に刺さってきました。 一度読んだ事がある人でも、大人になってからもう一度読んで欲しいお話です。

あらすじ

李徴は博学で才能もあり、若くして科挙(官僚になる難関試験)に合格する秀才でした。 しかし頑固でプライドが高い性格から一介の役人の地位では満足せず、後世に名を遺すため役人を辞めて詩人を目指しました。

しかし詩人の道は険しく生活は苦しくなり、追い詰められた李徴は詩人として大成することを諦めて地方役人となりました。 かつて見下していた同期の命令を有難く受けなければならない地方役人の仕事は李徴の自尊心を酷く傷つけ、ふさぎこむことが多くなり、段々と狂気に陥っていきます。

一年後のある日に仕事で汝水に泊まった時、李徴はとうとう発狂し、夜中に何かを叫びながら闇へと駆けていきました。 捜索しても何の手掛かりもなく、李徴がどうなったのか誰にも分かりません。

その翌年、李徴の旧友の袁傪は旅の途中で夜に人食い虎が出るという道に差し掛かります。 土地の役人は昼間に行くよう促しますが、家来が何人もいるからとそのまま進むと、草陰から虎が襲い掛かってきました。

しかし虎は袁傪の姿を見ると反転して草原の中に隠れ、なんとそこから李徴の声が聞こえてきました。 袁傪はまさか李徴ではないかと話しかけると、李徴は姿を隠したまま身の上を語りはじめます。

李徴が汝水に泊まった晩に自分を呼ぶ声がして、声のする方に駆けていくうちにいつの間にか自分の体は虎になった。 一日のうち数時間は人間の心に戻り頭もはっきりするが、だからこそ虎としての自分の所業を振り返るのは情けなく、その人間でいられる時間もだんだんと短くなってきたそうです。

やがて人間の心を忘れて完全に一匹の虎になる前にせめて自分の詩を遺したいと頼み、袁傪は李徴が詠んだ詩を書き写しました。 それが終わると李徴は自分が虎になったのは臆病な自尊心と尊大な羞恥心のせいで、この猛獣のような性格が自分の外見を内面に相応しいものに変えてしまったのだと言います。

やがて夜が明けて虎に戻る時間になると、李徴は妻子に自分は死んだと伝えてどうか良く計らって欲しいと頼み、二人は泣きながら別れました。 そして最後に二度とこの道を通ることがないよう、丘の上から自分の醜い姿を見て欲しいと頼みます。

袁傪たちが丘の上から草原を振り返ると虎が月を見上げて咆哮し、草むらに飛び込んでその姿を消しました。

感想

臆病な自尊心と尊大な羞恥心という猛獣のような性格を御しれず、虎に変身してしまった男の物語です。

私がこの話を初めて読んだのは中学の授業でしたが、その時は「李徴はバカな奴だな、自分はこうならないように気を付けよう」ぐらいの感想しか頭になかったと思います。 しかし大人になってから改めて読むとこの話が心にグサグサと刺さってきますね。

「人間は誰でも猛獣使いであり、その猛獣に当たるのが、各人の性質だという。」とは李徴の弁ですが、本当にその通りです。 私も虎にならないように改めて気を付けたいと思います。

本作は清の「人虎伝」を基にした話なのですが、話の大筋は同じでも内容が改変されており、李徴の内面や虎になったであろう理由も差があります。 その差で読了感も変わってくるので、興味があれば読み比べてみてください。

\share/

よく読まれている記事