外科室|泉鏡花-あらすじ

gekashitsu

外科室は1895年に発表された泉鏡花の短編小説です。 高峰医師が伯爵夫人の手術を始めようとしますが、夫人は己の秘密を漏らしてしまうのを恐れて麻酔を拒みます。その秘密とは…

この話はカテゴライズとしては恋愛小説であろうと思います。 しかし話はそう単純なものではなく、繊細で美しく儚いながらも鮮烈な物語です。

あらすじ

私は画家であることを口実にして、好奇心から医師の高峰が執刀する貴船伯爵夫人の手術を見学させて貰うことになりました。

長い廊下には紳士、貴婦人、警官など名高い人物が沈痛な面持ちで行き交っており、それを横目に私は外科室に入ります。 中には高峰医師、九名の医療スタッフ、立ち合いの夫人の親族たちがいました。中でも伯爵は形容しがたい表情で憂いていました。

伯爵夫人は死体のように横たわっており、そのか弱く気高い病人の姿を見た私は寒気を覚えます。 しかし高峰はまるで夕食の席にでもいるかのように平然とした様子で椅子に座っていました。

いよいよ手術を始めるために夫人に麻酔剤を打とうとしますが、夫人は麻酔を頑なに拒みます。 麻酔するぐらいであれば治療できなくて良いとまで言い、なぜそうまでして拒否するのか尋ねると、婦人には心に秘密があり麻酔で朦朧となって秘密を漏らすことを恐れていると言います。

婦人は麻酔なしでも手術はできる、執刀が高峰医師なら問題ないと言い張り、看護婦に自分の体を押さえさせてそのまま手術を始めろと言います。

高峰はやむを得ず麻酔なしで手術を始めました。 その執刀速度は神のように速く、数秒で胸を開き骨に達しようとしました。

その時夫人は「あっ」と深刻な声をあげて高峰の右腕に両手で掴まります。 痛みますかとの問いに「いいえ、あなただから」と答えますが、高峰は「あなたは私を知らないはずだ!」と言います。

その時夫人は高峰の持つメスで自分の胸を深く切り裂いてしまいます。 真っ青になる高峰に対して「忘れません」と嬉しげにあどけない微笑みを浮かべ、高峰を握っていた手を放して夫人はぱったりと伏します。 その光景はまるで世界に二人だけであるかのように見えました。

この九年前、高峰がまだ医学生だった頃の話です。 私と彼は植物園を散策している時に美しいご令嬢とすれ違いました。

植物園では植物そっちのけでご令嬢の美しさについて語り合いましたが、それ以降の九年間、高峰はあの女性について一言も語りませんでした。 そして高峰は妻がいてしかるべき身分と年齢にもかかわらず独身で、学生の時よりも品行方正になりました。

二人は同じ日に亡くなりました。 彼らは罪悪により天に行くことはできないのでしょうか。

感想

簡単に補足説明をしますと、高峰医師と伯爵夫人は九年前に植物園ですれ違っているんですね。 しかし高峰の台詞から推察するに、恐らくはそれきりの仲です。(夫人は付き人が沢山いるご令嬢なので、こっそり逢瀬するのも難しいはずです)

それにもかかわらず互いにそのことを未だに覚えており、つまり一目ぼれの両想いだったのです。 そしてその想いを胸に秘めたまま九年が経ち、手術の日に至った訳です。

夫人が手術中に自死を選び、しかも死の間際に微笑みながら逝ってしまった理由はなんでしょうね。 秘密を漏らしてしまったと思ったのか、高峰に許されざる想いを伝えたかったのか、想いに殉じたかったのか。 そして高峰も同じ日に死に、恐らくは自死によって後を追ったものだと思われます。

タイトルからは全く想像ができませんが、美しくも鮮烈な恋愛物語です。

ところでこの話の気になる所と言えば、なんといっても「私」の好奇心が何に対するものだったのかです。 単に手術を見たかったという訳ではないと思いますが、一体どこまで知っていたんでしょうかね?

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME