果物と野菜で一番糖度が高いのはニンニク。しかもぶっちぎり。

*

甘い果物や野菜を思い浮かべて下さいと言われた時、何が思い浮かぶでしょうか。 バナナ、スイカ、メロン、イチゴなど、個人差はあるでしょうがまあこの辺りを思い浮かべる人が多いと思います。

人の舌が実際に甘いと感じるものはこの辺りなのですが、実はこれらの倍の糖度を持つ野菜があります。 最も糖度が高い農作物は意外にも「ニンニク」なのです。

糖度とは

*

野菜や果物の甘さを測る指標に「糖度」があります。 糖度とは果汁の中にどれだけ糖分が含まれているかを示す言葉です。

甘けりゃ良いってものではありませんが、特に果物において糖度は重視されます。 よくテレビ番組でスイカやメロンの糖度を測って「このスイカはこんなに甘い!」なんてことをやってますよね。 (スイカは野菜に分類されることもありますが、まあ果物みたいなものでしょう)

実際に舌で感じる甘さは糖度以外の要素にも左右されます。 例えば酸っぱさは甘さを阻害するため、酸度の高い柑橘系果実やレモンは糖度が高い割に甘さを感じません。

一般的な果物の糖度は大体以下の通りです。 糖度は品種や収穫時期によってもばらつくので、大雑把な目安ぐらいに見てください。

食べ物糖度(度)
バナナ20
ぶどう16
16
さくらんぼ15
メロン14
りんご14
イチゴ12
スイカ12
なし12
みかん11
レモン10

表から一般的な果物の糖度は15 ± 5ぐらいであることが見て取れます。 モノによっては糖度20を超える果物もありますが、高くてもせいぜいその辺りです。

甘い果物でもせいぜい糖度20なところを見ると、野菜や果物の糖度の限界はこの辺にあると思うかもしれません。 しかし実はこれらの糖度を大きく上回る野菜があるのです。

その野菜は意外や意外、ニンニクなんですよ。

ニンニクの糖度は40度!

*

ニンニクの糖度はそんじょそこらの果物を大きく上回り、30度は当たり前、中には40度を超えるものも存在します。 つまりその果汁には果物の倍以上の糖分が含まれているのです。

しかしニンニクを食べても全く甘味なんか感じません。 苦みと辛味がほとんどで、ここに果物の倍の糖分が入っているとはとても思えませんよね。

これはニンニクやタマネギなどのユリ科植物に含まれる「硫化アリル」による刺激が強すぎるのが原因です。 タマネギだって生では中々食べられたものじゃありませんが、ニンニクは更に硫化アリル含有量が多いので甘味を感じるどころじゃないのです。

硫化アリルは揮発性であり水にも溶けやすいので、薄くスライスして空気や水に晒すことで抜くことができます。 また加熱すると糖と反応して甘味になるので、加熱調理によって甘さを引き出すことも可能です。 ニンニクの甘さを実感したい時は、焼きニンニクや揚げニンニクがお勧めです。

ニンニクの糖度が高いのは「凍らないため」

ニンニクは秋に植えて初夏に収穫する農作物です。 つまり寒い冬を越す必要があります。

ニンニクは日本全国で作られていますが、中でも圧倒的な生産量を誇るのが青森県です。 青森県は本州最北端に位置する県であり、冬の平均気温はマイナスになります。

そんな青森の厳しい冬でも凍らないように、ニンニクは糖度を上げて身を守ろうとします。 だからニンニクの糖度はこんなにも高いのです。

硫化アリルの秘められたパワー

硫化アリルにはビタミンB1の吸収を高める効果があり、疲労回復・心身の活性化・集中力アップなどに繋がります。 「ニンニクは元気の素」なんて言われるのはこのためです。

また血液をサラサラにして毒素を排出する効果、抗酸化作用、抗ガン作用などがあることも分かっています。 特に血液への作用を期待する場合は生食の方が効果的ですが、摂り過ぎは下痢や粘膜へのダメージにも繋がるのでほどほど食べましょう。

\share/

よく読まれている記事