そうめんとひやむぎの違い

different-somen-hiyamugi

暑くなるとそうめんが食卓にあがるようになります。 夏バテで食欲がなくてもツルッと食べれる夏の定番料理ですね。 七夕になると行事で振る舞われることもありますね。

そうめんをスーパーに買いに行くと…おや、そうめんとひやむぎが並んで置いてあります。 どちらも茹でればそうめんになりそうなものですが、何が違うのかご存知でしょうか。

そうめんとひやむぎの違いは「太さ」

somen

そうめんとひやむぎの違いは、その「太さ」一点で、ついでに「うどん」や「きしめん」も太さによってのみ区別されています。 麺生地を伸ばすところまで同じでも、どう切るかによって区分が変わるのです。

もちろん麺の種類によって微妙に原材料や配合割合は変わります。 しかし呼称を決めているのは麺の太さ一点です。

麺の太さには「切刃番手」という規格があり、これは「30mmの麺を何等分したか」を表しています。 うどんによく使われる7番なら麺の太さは30mmを7で割った4.29mm、そうめんによく使われる30番なら麺の太さは30mmを30で割った1mmです。

以下は各種麺の定義とその切刃番手です。

規格切刃番手
そうめん直径1.3mm未満26~28
ひやむぎ直径1.3mm以上1.7mm未満18~24
うどん直径1.7mm以上7~16
きしめん(平麺)幅4.5mm以上 厚さ2.0mm未満4~6

同じ麺でも「細麺」「太麺」と区別される場合がありますが、これは規格の範囲内で太さを調整しています。 細麺はスープによく絡み、太麺は麺の味や風味を強く感じられます。どちらが良いかはスープや付け合わせ次第でしょうか。

麺はそれぞれ原料や配合割合が違えば、混ぜ方・捏ね方・寝かせる時間・切り方なども様々です。 太さで全てを決めてしまうのは無粋にも思えますが、それがルールだから仕方ないですね。

以上、麺の違いは太さの違いという話でした。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

動物がうんちを食べる理由いろいろ

eyecatch

服が水に濡れると色が変わるのは光の動きが変わるから

eyecatch

カメやワニは卵のある環境の温度で性別が決まる

eyecatch

知らない植物を食べられるか判断する「可食性テスト」

eyecatch

グリーンランドにはほとんど緑がない

eyecatch

鳥目の鳥はごく一部で、大体は夜でも活動できる

HOME