ドン・キホーテ(ミゲル・デ・セルバンテス)-あらすじと感想

Don Quijote

ドン・キホーテは1605年に発表されたミゲル・デ・セルバンテスの冒険譚です。 主人公はいい歳して騎士道物語に没頭するあまりに自分を遍歴の騎士だと思い込み、ドン・キホーテと名乗って世直しの旅に出かけます。

2002年にノルウェー・ブック・クラブ主催で行われた世界最高の小説100冊を決める投票にて、ドン・キホーテは見事1位になっています。 発表から400年以上経った今なお色あせない名作文学です。

あらすじ

ラ・マンチャのとある村に50歳頃の地主が住んでいました。 この男は騎士道物語が大好きで、この頃は田畑を売って本を買い漁り畑仕事もせずに本に熱中していました。 そうして昼も夜もなく本を読みふけるうちに彼は正気を失い、やがて遍歴の騎士として世の不正を正す旅に出なければと考えるようになります。

先祖の古鎧を磨き、痩せた老馬にロシナンテと名付け、自分はドン・キホーテと名乗ることにしました。 そして騎士物語には愛を捧げる姫が必要ということで、近くの村に住む美しい田舎娘を貴婦人ドゥルシネーアということにします。

そうして準備を整えたドン・キホーテは誰にも打ち明けないまま、夜が明けないうちに世直しの旅へと出発します。 しかし彼は叙任された騎士ではないため、このままでは騎士として戦うことができないのが懸念でした。 とりあえず騎士物語に倣って最初に出会った男に叙任して貰おうと考えます。

一日何も起きないまま疲れ果てると、目に付いた宿屋に泊まることにします。 思い込みの激しいドン・キホーテの目にはこの宿屋は城、亭主は城主、出て来た粗末な食事も飛び切り上等なごちそうに見えました。 そして食事が終わると亭主の前に跪き、自分を叙任して欲しいと願い出ます。

人の悪い亭主はドン・キホーテのことを狂人だと思い、適当に調子を合わせてからかいます。 亭主に言われるまま夜通し裏庭で甲冑の見張りをすることになり、亭主はその醜態を人々に話してドン・キホーテは物笑いの種となってしまいます。

その夜、宿の馬番がロバに水を飲ませようとするもドン・キホーテの甲冑が邪魔で、喚く狂人を気に留めず甲冑をどけようとしたところ、怒ったドン・キホーテに叩きのめされてしまいます。 やがて騒ぎとなり、これ以上何か起きては不味いと考えた亭主によって手っ取り早く叙任式は済まされました。

こうして正式な騎士になったドン・キホーテは一刻も早く旅立ちたくなります。 亭主もこの狂人に一刻も早く出て行って貰いたかったため適当に調子を合わせて、ドン・キホーテは宿屋を後にして旅立ちました。

ドン・キホーテは亭主から遍歴の騎士にもお金や従士が必要だと言われたので、準備を整えるべくまずは村に帰ることにしました。 その途中で鞭打ちされている少年を雑に助けたせいで余計に酷い目に合わせたり、出会った商人たちがドゥルシネーアの美しさを理解しない事に腹を立てて襲い掛かって返り討ちになったりします。 そして甲冑の重さで立ち上がれないまま、近所の百姓に発見されて村へと帰りました。

その頃家では地主が馬と甲冑と共に行方不明になった、彼の気が触れる原因となった騎士物語は燃やすべきだと騒ぎになっていました。 そこへ百姓に連れられたドン・キホーテが帰宅し、一同はドン・キホーテの狂気に驚き呆れました。

家政婦と姪は地主が狂った原因である騎士道物語のほとんどを処分し、書斎の部屋の壁を塗りこめてしまいます。 ドン・キホーテは書斎がなくなったと騒ぎましたが、魔法使いによって部屋を消し去られたと言うと納得したようでした。

ドン・キホーテは身内や牧師に騎士を辞めるよう説得されるも頑として聞きません。 そして近所に住む農夫のサンチョ・パンサを島の太守にしてやるからと言いくるめて従士にすると、夜中に再び遍歴の旅へと出ていきました。

やがて一行は30〜40基の風車を発見し、それをドン・キホーテは巨人だと思いこみます。 サンチョはあれは風車だと否定しますがドン・キホーテは聞き入れずに突撃し、回転する羽に衝突して槍は砕け馬とドン・キホーテもゴロゴロと野原を転がる結果となりました。 サンチョがもう一度「あれは風車だ」と言ってもドン・キホーテは聞き入れず、魔法使いが巨人退治の手柄を奪うために魔法で巨人を風車に変えてしまったのだと言い張ります。

憤慨するドン・キホーテをサンチョが適当にあしらいつつ、一行の珍道中は続くのでした。

感想

上のあらすじに書いたのは前編の大よそ第一章~第八章の内容であり、これが五十二章まで続いて更に後編があります。 結構なボリュームに感じますが、肩の力を抜いて読める面白おかしい内容なので、暇なときに読み進めるといつの間にやら読み終わっていることでしょう。

ドン・キホーテだけでも面白いのですが、その脇を固める従者サンチョもツッコミ訳として実に良い味を出していますね。 ちなみにこのサンチョ、最初は知恵の足りないノロマのような描かれ方をしていますが物語が進むとやたら賢くなります。 村で牧歌的に過ごしている間は頭を使う必要がなく、旅を通して物を学び成長したって事なのでしょうか。

この物語の結末は少しもの悲しいです。 ドン・キホーテは熱病にかかって正気に戻り、騎士道を否定して周囲に迷惑をかけたことを懺悔し、自分の行動を後悔します。 しかし民衆やサンチョはドン・キホーテの珍道中を楽しんでおり、ドン・キホーテは惜しまれながらその生涯を終えます。

ちなみにドン・キホーテにはセルバンデス作の前後編の他にも他人が勝手に書いたいわば贋作の続編が存在し、しかも結構出来が良いのでそちらも広く出回っています。 本編を面白く読めたら人には続編もおススメしたいですね。

\share/

よく読まれている記事