ドン・キホーテ(ミゲル・デ・セルバンテス)のあらすじ

Don Quijote

ドン・キホーテは1605年に発表されたミゲル・デ・セルバンテスの冒険譚です。 発表から400年以上経った今なお色あせない名作文学ですが、そのジャンルは多分ギャグ…でいいんですかね。

50歳の田舎郷士は騎士道物語が大好きで、没頭するあまりに自分を遍歴の騎士だと思い込むようになりました。 やがてドン・キホーテと名乗って愛馬ロシナンテに跨り、いい歳して世直しの旅に出かけます。

目次 [閉じる]

  1. あらすじ
  2. 感想

あらすじ

世直しの旅に出るドン・キホーテ

ラ・マンチャのとある村に50歳頃の郷士アロンソ・キハーノが住んでいました。 騎士道物語が大好きで暇さえあれば読んでいましたが、この頃は田畑を売って本を買い漁るほどに熱中していました。

そうして昼も夜もなく本を読みふけるうちにやがて正気を失い、遍歴の騎士として世直しの旅に出なければならないと考えるようになります。

先祖の古鎧を磨き、痩せた老馬にロシナンテと名付け、自分はドン・キホーテと名乗ることにしました。 そして騎士物語には愛を捧げる姫が必要なので、近くの村に住む美しいと評判の田舎娘アルドンサを貴婦人ドゥルシネーアということにします。

そうしてドン・キホーテは世直しの旅へと出発しましたが一つ懸念がありました。 正式に叙任された騎士ではないため、このままでは騎士として堂々と振舞えないのです。ドン・キホーテはとりあえず物語に倣って、最初に出会った男に叙任して貰おうと考えます。

騎士の叙任を受けるドン・キホーテ

やがて日が暮れてきたので、目に付いた宿屋に泊まることにします。 思い込みの激しいドン・キホーテの目にはこの宿屋は城、亭主は城主、出て来た粗末な食事も飛び切り上等なごちそうに見えました。

食事が終わるとドン・キホーテは亭主の前に跪き「明日、自分を騎士として叙任して欲しい」と願い出ます。 人の悪い亭主はドン・キホーテのことを狂人だと思い、適当に調子を合わせてからかうことにしました。 そして叙任の儀式に倣い、中庭で夜通し甲冑の見張りをすることになります。

ドン・キホーテは甲冑を井戸近くの水槽の上に置き、槍と盾を持って水槽の前を行ったり来たりし始めました。 亭主は宿泊者に事情を喋り、人々は珍妙なドン・キホーテを遠巻きに見るのでした。

やがて馬番がロバに水を飲ませるため邪魔な甲冑をどけようして、ドン・キホーテと争いになりました。 馬番は狂人の戯言と取り合いませんでしたが、怒ったドン・キホーテは槍で馬番の頭を叩いてのしてしまいます。 やがて馬方の仲間たちとの争いに発展し、気付いた亭主は慌てて止めに入りました。

亭主はこれ以上何か起きては不味いと、ドン・キホーテを適当に言いくるめて手っ取り早く叙任式を済ませました。 前代未聞の叙任式によって騎士となったドン・キホーテは一刻も早く冒険の旅に出たくなり、利害の一致した亭主と適当な言葉を交わして宿を後にするのでした。

商人に負けて故郷へと帰るドン・キホーテ

ドン・キホーテは亭主から「遍歴の騎士にもお金や従士が必要だ」と指摘されており、準備を整えるべくまずは村に帰ることにしました。 その帰路で十人ほどの商隊の一行を見つけ、彼らを遍歴の騎士たちだと思い込みます。

ドン・キホーテは「ドゥルシネーアの美しさを称えないとここを通さない」と言って道を塞ぎます。 商人たちは「そんな貴婦人は知らない」と言いますが、それを侮辱と受け取ったドン・キホーテは商隊へと襲い掛かりました。

しかしロシナンテが転んでしまってドン・キホーテは地面に投げ出され、甲冑の重さで立ち上がれなくなります。惨めに転がるドン・キホーテを置いて、商隊は立ち去ってしまいました。

どうにも身動きが取れず騎士物語の台詞をそらんじていると、偶然通りかかった近所の百姓に発見されて村へと連れ帰されるのでした。

家族たちに呆れられるドン・キホーテ

家ではキハーノが馬と甲冑と共に行方不明になったことが騒ぎになっていました。家人と知人たちは原因は騎士道物語に違いない、全て燃やすべきだと言い合っています。

そこへ百姓に連れられたドン・キホーテが帰宅し、一同はドン・キホーテの狂気に驚き呆れました。

原因となった騎士道物語をもはや放ってはおけないとほとんどを焼却処分し、書斎の壁を塗りこめてしまいます。ドン・キホーテは書斎がなくなったと騒ぎましたが、悪い魔法使いが部屋を消し去ったと言うと納得したようでした。

ドン・キホーテは身内や牧師に騎士を辞めるよう説得されるも頑として聞きません。やがて近所に住む農夫のサンチョ・パンサを島の領主にしてやるからと言いくるめて従士にすると、再び遍歴の旅へと出ていきました。

風車と戦うドン・キホーテ

道を進むうちにドン・キホーテは野原に並ぶ風車を発見し、それをドン・キホーテは巨人だと思いこみ、やつらを皆殺しにして戦利品を得ようと持ち掛けます。サンチョは「あれは風車だ」と否定しますが、ドン・キホーテは聞き入れずに突撃を敢行します。

しかし一槍入れると風が勢いよく風車を回し、槍は砕けドン・キホーテはゴロゴロと野原を転がる結果となりました。

サンチョは急いで主人を助けに行き、無謀な行動を窘めます。 そして再び「あれは風車だ」と言いましたがドン・キホーテは聞き入れず、魔法使いが巨人退治の手柄を奪うために魔法で巨人を風車に変えてしまったのだと言い張ります。

憤慨するドン・キホーテをサンチョは適当にあしらいつつ、一行の珍道中は続くのでした。

山で苦行するドン・キホーテ

ある時シエラ・モレナ山にて、ドン・キホーテは騎士道物語に倣って山中で苦行することを思い立ちます。 そして我が苦行と姫への想いをしたためた手紙をサンチョにドゥルシネーアへ届けるよう言い付け、サンチョはとうとうドン・キホーテが本格的に狂ってしまったと悲しみました。

サンチョは手紙を届けに行く道中で、ドン・キホーテを探しに来た同郷の司祭と出会います。 一芝居うってドン・キホーテを故郷へと連れ戻すことになり、農夫の娘を異国の姫ということにしてアフリカにいる巨人を倒して欲しいと懇願させてドン・キホーテを下山させることに成功しました。

その後も道中ではドン・キホーテの奇行と失敗が続き、やがて一行は変装してドン・キホーテを檻に入れて連れ帰ることにします。 牛車に引かれながらドン・キホーテは故郷へと帰っていくのでした。

ドゥルシネーアが醜く見える魔法にかかるドン・キホーテ

故郷で静養していたドン・キホーテは、親友の学士カラスコからドン・キホーテの物語が出版されていることを聞かされます。 人々がドン・キホーテの物語を期待していることを知り、一行は三度目の旅に出ます。

名声を得たドン・キホーテは、想い姫ドゥルシネーアに会いにトポーソ村へと行くことにしました。 やがて村に着くとサンチョにドゥルシネーアの所へ案内するよう言いますが、サンチョは以前手紙を渡すよう頼まれたのを途中で放り出したのでどこにいるのかなんて知りません。

そこでサンチョはちょうど村から出てきた田舎娘3人をドゥルシネーアと侍女ということにしました。 ドン・キホーテはしばし戸惑いましたが、悪い魔法使いによって美しいドゥルシネーアが田舎娘に見える呪いをかけられたのだと納得します。そして田舎娘の前に跪いて忠誠を誓いましたが相手にされませんでした。

侯爵夫婦にからかわれるドン・キホーテ

ドン・キホーテたちは、騎士道物語ドン・キホーテの大ファンという侯爵夫婦に歓待されます。 侯爵たちはドン・キホーテをからかって遊ぼうと企んでいました。

晩餐会にてドン・キホーテとサンチョは今ままでの冒険の話をしました。 巨人や悪い魔法使いなどの世迷い事を聞いた司祭は、この二人が件のドン・キホーテ一行に違いないと思います。 司祭は侯爵がドン・キホーテ物語に悪影響を受けているのを苦々しく思っていました。

司祭は遍歴の騎士ごっこを止めて故郷に戻り郷士の仕事をするよう諫めてきましたが、反論するドン・キホーテと言い争いに発展します。 やがてサンチョも参加してきて「私は司祭をやり込める知識と教養を持つ主人に仕える、島を貰うに値する男ですよ」なんて言っています。(※サンチョは島の領主にして貰う約束で従者になりました)

これを聞いた侯爵はサンチョもからかってやろうと「早速私が君を領主にしよう」などと言い、怒った司祭はドン・キホーテたちとは顔を合わせたくもないと退席します。

食事の後、侯爵夫人はドン・キホーテを呼び、その妄想冒険譚を聞いて楽しみました。

続いてサンチョが呼ばれて話を聞き、その中でサンチョは主人の事を義理堅くて良い主人だが妄想癖のある狂人だと話します。 しかし夫人はサンチョはこそが魔法使いに騙されていて、田舎娘は本当に悪い魔法使いに姿を変えられたドゥルシネーアなのだと言いました。

滞在六日目の夕方、夫人の仕込みで美しいドゥルシネーアと悪魔を乗せた巨大な馬車が現れました。 そして悪魔は「魔法を解くにはサンチョが自分で尻を3300回叩かなければならない」と言い放ちます。

それに納得がいかないサンチョでしたが、ドン・キホーテにやるよう迫られ、また夫人にも「そんな頑固な男に領主は任せられない」と言われてしまいます。 そうして仕方なく無期限を条件に尻叩きを了承するのでした。

島の領主になるサンチョ

後日サンチョは侯爵から千人ほどが住まう小島の領主に任命されました。 ドン・キホーテはサンチョに領主の心得を授けて、二人は別れることになります。

サンチョは領主として領民の悩み事を見事に解決し、最初は訝しんでいた領民たちも段々とサンチョの機知と人柄に惹かれていきました。

しかしサンチョは食事マナーが厳しすぎることに嫌気が差しており、また侯爵夫人の趣味の嫌がらせによる刺客の襲撃で散々な目に合ったこともあって領主を辞めます。 そうして再びドン・キホーテの下へと戻るのでした。

旅の終わり

侯爵の城で食客となっていたドン・キホーテですが、いつまでも安穏とした暮らしをしていてはいけないと思い立ちまた冒険の旅に出ます。 再び冒険の日々を送っていると二人の前に銀月の騎士が現れ、ドン・キホーテに決闘を申し込んできました。

ドン・キホーテが負けたら1年間故郷から出ない約束で決闘が始まり、決闘はあっけなくドン・キホーテの敗北に終わりました。 銀月の騎士の正体は親友カラスコであり、ドン・キホーテはカラスコの説得を受け入れて故郷へと帰ることにしました。

道中でも色々ありましたがようやく家へと帰ってきたドン・キホーテは、旅の疲れからか病に倒れてしまいます。 一週間後になんとか持ち直すと、なんとドン・キホーテは正気に戻っていました。

ドン・キホーテは自分の正気が戻ったことを神と友人に感謝し、サンチョにデタラメな冒険に付き合わせてしまったことを詫びます。 しかしサンチョは今までの冒険は楽しいものだった、尻打ちも終わったからドゥルシネーア姫に会いに行ける、だから元気になってまた冒険に行きましょうと訴えます。

ドン・キホーテはその後、昏睡と目覚めを繰り返し、やがて永眠します。 狂気に生き、正気のうちに死した遍歴の騎士の人生は、今日も色あせることなく語り継がれています。

感想

ドン・キホーテは大ボリュームの巨編であり、上のあらすじに書いたものは物語のごくごく一部でしかありません。 結構なボリューム感がありますが肩の力を抜いて読める面白おかしい内容なので、暇なときに読み進めるといつの間にやら読み終わっていることでしょう。

ドン・キホーテ本人だけでも面白いですが、その脇を固める従者サンチョもツッコミ訳として実に良い味を出していますね。 ちなみにこのサンチョ、最初は知恵の足りないノロマのような描かれ方をしていますが物語が進むとやたら賢くなります。 村で牧歌的に過ごしている間は頭を使う必要がなく、旅を通して物を学び成長したって事なのでしょうか。

物語の結末は少しもの悲しいものがありますね。 しかしドン・キホーテの物語は作中ではもちろん、我々の間でも語り継がれるものとなりました。 これは彼の冒険は素晴らしいものだったからに他ならないでしょう。

ちなみにドン・キホーテにはセルバンデス作の前後編の他にも他人が勝手に書いたいわば贋作と言える続編が存在します。 前編と後編の間に発売されたもので、結構出来が良いのでそちらも広く出回っています。 本編を面白く読めたら人には続編もおススメしたいですね。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

変身(フランツ・カフカ)のあらすじ

eyecatch

真夏の夜の夢(シェイクスピア)のあらすじ

eyecatch

羅生門(芥川龍之介)のあらすじ

eyecatch

ドン・キホーテ(ミゲル・デ・セルバンテス)のあらすじ

eyecatch

科学者とあたま(寺田寅彦)のあらすじ

eyecatch

高瀬舟(森鴎外)のあらすじ

HOME