ムンクの「叫び」で叫んでいるのはムンクではない?

*

ノルウェーの画家・エドヴァルド・ムンク作「叫び」は世界で最も有名な絵画の一つです。 2012年のサザビーズオークションでは約1億2000万ドルの値が付くなど、高額取引された美術品としても有名です。

美術にあまり興味のない人でも絵を見ればムンクの「叫び」だと分かるほどの知名度を持ちます。 そんな叫びはよく中央の人が叫んでいると思っている人が多いですが、実は違う可能性もあるのです。

ムンクの「叫び」の謎

*

「叫び」はムンクが感じた幻覚を元に描かれています。 以下はその体験を記した日記の一節です。

私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。 私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。 友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聞いた。

ここからムンクが幻聴の叫びを聞いたことが読み取れます。 この絵は実体験を元にしているので、中央の人物がムンクだろうが架空の人物だろうが、同じ叫びを聞いていることでしょう。 両手で耳を塞いでいることからも、その不安と恐怖が見て取れますね。

この日記を見るに「叫び」とはムンクの聞いた幻聴を指しているように受け取れます。 ただこの幻聴を聞いた中央の人もまた叫んでいるかもしれない訳で、やっぱり中央の人の叫びである可能性もあります。 ムンクは「叫び」が何の叫びなのかを明言しておらず、鑑賞者の想像に任されています。

そんな事情もあってこの作品は見た人の想像を掻き立てます。 「戦争の悲惨さを訴えている」なんて意見を聞いたこともありますが、そう言われるとそう見えてくるから不思議ですね。 だからこそこんな不気味な絵なのにも関わらず、多くの人に知られて高い評価を受けるようになったのかもしれません。

ムンクは叫びに代表されるどこか不安を掻き立てられるような絵を描き、精神状態を疑われることもあって自発的ながら精神病院に入院したこともあります。 このようなどこか不気味な作風は、ムンクの生い立ちに根差しています。

ムンクが5歳の時に母を、14歳の時に姉を結核で亡くし、また自身も姉と同時期に結核にかかり、生死の境をさまよい死を覚悟しました。 ムンクは子ども時代から死が身近にあり、そんな幼少時代の影響から「死」をテーマに絵を描かくようになったのです。

ムンクの叫びは五枚ある

*

ムンクの「叫び」は世界に五枚存在します。 画家の中には同じテーマ・構図・題名などで似た絵を何枚も描く人が珍しくなく、ムンクもその一人です。

特に有名なのは油彩画のものですが、他にテンペラ画が一点、パステル画が二点、リトグラフが一点制作されています。 一般的に叫びと認識されているのは油彩画のものですが、残りの四枚もすべてが真作です。

\share/

よく読まれている記事