世界最長の曲は1999年末から1000年かけて演奏中

music

世界には様々な曲があり長さもまちまちですが、ほとんどの曲は3~10分程度に収まります。 しかし世界を見渡してみるととんでもない長さの曲があります。

今回はそんなとんでもない長さの曲を3つ紹介します。

世界一長い曲「Longplayer」

世界一長い曲「Longplayer」は自己拡張型の音楽です。 ジェム・ファイナーが作曲した20分20秒の曲をベースにしてコンピュータが変化を加え、反復ではない膨大なバリエーションの曲を生み出しています。 そしてこれらの曲を弾き終えるのに必要な時間は1000年にも及びます。

1999年12月31日の真夜中から演奏が始まり、2999年末に演奏が終わり、その後はまた最初から繰り返す予定になっています。 とんでもなく気の長い話ですが、果たしてこの曲を終わらせることができるのでしょうか。

なお公式サイトからplsファイルをダウンロードしてライブ演奏を視聴することも可能です。私はほんの5分ほど聞いただけですが、これが1999年末からずっと続いてるのだから驚きですね。

世界一短い曲「You Suffer」

世界一短い曲「You Suffer」は往年のデスメタルバンドであるナパーム・デスが作曲したもので、その長さは1.316秒しかありません。 …曲とは何なのかを考えさせられる曲ですね。

ちなみに歌詞は「You Suffer But Why?」です。 私にはYouしか聞き取れませんでしたが…

世界一長いピアノ曲

世界一長いピアノ曲「Vexations」は1895年にフランスの作曲家エリック・サティが作曲したものです。 Vexationsとは「嫌がらせ」の意であり、題名の通りまるで嫌がらせのような曲になっています。

楽譜は短く、パッと見では1分20秒程度の曲でしかありません。 なぜそれが長い曲なのかと言えば、ひたすらその曲を繰り返さなければならないからです。 具体的には840回繰り返します。

休憩なしでひたすら弾き続けても18時間以上かかる計算であり、演奏者・聴衆のどちらにとっても嫌がらせ以外の何でもありません。 この曲を演奏する際には複数人が交代で演奏する体制が取られており、一人での演奏に挑戦したピーター・エヴァンスは595回で幻覚症状に見舞われて演奏を完遂できませんでした。

なおサティ自身は恐らくVexationsを演奏した事もなければ演奏を聞いてもいません。 サティの没年が1925年、Vexationsが初めて演奏されたとされているのが1963年で38年も後です。

サティは何を思ってこんな曲を作ったのでしょう? Vexationsはサティの遺作のうち1曲なのですが、実はこの曲は遊びで描いたジョークで広める気はなかったなんて線もあるような気がします。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME