最強の力士は誰?相撲の雑学

*

相撲は日本の代表的なスポーツの一つであり、古来から脈々と続く神事でもあります。 日本人にとってはとても身近な競技ですが、意外に知らないことも多いですよね。

今日はそんな相撲に興味が湧くかもしれない、相撲の雑学をお話します。

相撲の雑学

最強の力士は雷電爲右エ門

*

大相撲最強の力士として名高いのが雷電爲右エ門です。 雷電爲右エ門は徳川11代将軍の時代に力士として活躍していました。

何が最強なのかと言えば9割6分という勝率で、200年以上も破られていない大記録を打ち立てています。 現代において史上最強横綱の名高い白鵬ですら勝率は8割3分程度に留まります。

雷電爲右エ門には他の力士を大きく上回る197cmもの巨体がありました。 現代ですら2m近い力士は稀なのに、男性の平均身長が155cmほどの江戸時代においては尚更圧倒的な体格差だったことでしょう。

そんな雷電爲右エ門は21年の現役時代に254勝10敗2分という大記録を作り、今なお最強の力士として伝説に残っているのでした。

相撲の起源

*

相撲は素手での取っ組み合いが進化したもので、時代と共に様式も進化してきました。 そんな相撲の起源のひとつとして、日本書記にある当麻蹴速(たいまのけはや)と野見宿禰(のみのすくね)の相撲がよく挙げられます。

当麻蹴速は「この世に自分より強い者はいない」と豪語していました。 それに興味を持った垂仁天皇が強者として名高かった野見宿禰と最強を豪語する当麻蹴速の二人を呼び寄せ、相撲をとる運びとなりました。

勝負は長い蹴り合いの末に野見宿禰が当麻蹴速を蹴り殺して勝利し、この勝負を機に二人は相撲の神として崇められることになったのです。 「蹴り殺した」という辺り現代の相撲のイメージとはかけ離れていますが、相撲も長い歴史の中で色々変わっていったのでしょう。

ちなみに現代の相撲においては胸・腹を蹴るのは禁じ手(反則負けになる)とされています。(頭狙いのハイキックは良いんでしょうか?) しかし「二枚蹴り」「蹴返し」「蹴手繰り」など足を使った決まり手もあり、足技全てが禁止されている訳ではありません。

土俵の円のズレは水はけを良くするため

*

土俵は円形をしていますが、よくよく見てみると四隅の俵の位置が微妙に外側にずれています。 ここなら場外負けに若干余裕があるので、お得(徳)な俵ということで「徳俵」と言います。

徳俵が設けられているのは、土俵の水はけをよくするためです。 その昔の相撲は屋外で執り行われることも多かったのですが、俵で完全に囲ってしまうと雨が降った時に土俵に水が貯まってしまいます。 それを避けるために徳俵をずらして、水が流れ出るように作っているという訳です。

また大相撲の土俵の中央には食べ物が埋められています。 土俵は場所前に三日かけて作られるのですが、あらかた作り終わると土俵の中心に「カヤの実」「洗い米」「勝ち栗」「昆布」「スルメ」「塩」の六品を埋めます。 これらは縁起物であり、神への捧げものです。

相撲は神事であるため、こういった儀式的な要素が多いです。 力士が四股を踏むのも、土中の邪気を払う意図があるんですよ。

アンコ型とソップ型

*

力士の体型は「アンコ型」「ソップ型」と形容されることがあります。

アンコ型は魚のアンコウに由来し、まるでアンコウのように丸々と太っていることからこう呼ばれるようになりました。 対してソップ型はスープ(soap)に由来し、出汁を取った後の鳥ガラのように痩せていることからこう呼ばれるようになりました。

格闘技は基本的に重い方が有利であり、例えばボクシングは体重別に17の階級を設けて階級別で競われています。 しかし相撲に階級はなく、100kgに満たない力士も200kgを超える力士も同じ土俵で戦います。

相撲も重い方が有利なのは変わりなく、小柄な力士が大柄な力士を倒すのは中々難しいことです。 だからこそ小兵が大きな力士を技で制する姿には痛快なものがあり、ソップ型の力士が成績以上の人気を博すこともすばしばあります。

頭にシリコンを入れて新弟子検査を突破した力士がいる

*

力士になるには新弟子検査を受けて相撲部屋に入る必要があります。 中学を卒業しており23歳未満であれば受験可能で、体格検査と健康診断があります。

体格検査は167cm/67kg以上が条件です。 これに満たない場合は入門できないのですが、体重はともかく身長はどうにもならない人もいますよね。 ちなみに2012年の春場所まではもっと厳しい水準で173cm/75kg以上が条件でした。

身長が足りずにあの手この手で何とかしようとする志望者はいましたが、中でも語り草になっているのが舞の海です。 なんと頭にシリコンを埋め込んでムリヤリ身長を伸ばして新弟子検査を突破したのです。もちろん突破後はシリコンの除去手術を受けたので身長は縮んだのですが、一度入ってしまえば問題ないのでしょう。

更に昔には朝日山も同様の方法で身長を伸ばして体格検査を突破したのですが、なんとその時代にはシリコンを除去することができませんでした。 だから朝日山が入れたシリコンはそのまま頭の中に残り続けて頭の形が変わってしまったのですが、それほどまでに相撲に情熱を燃やしていたんですね。 なお朝日山は60歳頃に頭痛に悩まされるようになり、それからシリコン除去手術を受けています。

このシリコン手術は危険を伴うため、現在は禁止されています。 代わりと言っては何ですが割と大らかな判定がされており、髷を結ったり背伸びしたりで身長をかさ上げして突破する力士もいます。

以上、相撲の雑学でした。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME