テニスのスコアが0-15-30-40な理由

tennis

テニスの試合を見ていると、点数が妙な具合に加算されているのに気付きます。 ポイントするごとに15-30-40と点数が上がっていき、4ポイント先取で1ゲーム獲得となります。

テニスはバスケットのようにポイントの方法でスコアが変わる訳ではなく、必ずこの刻み方になります。 なら1ポイント刻みでもいいじゃないかって思いますよね。

一体なぜこんな刻み方なのか調べてみたところ、諸説あることが分かりました。 そしてその諸説がどうも胡散臭いことも…まあ折角調べたので後学のためにまとめておきます。

テニスのスコアの基本ルール

tennis stadium

まずはテニスの基本的な得点ルールを確認しておきましょう。

テニスには「ポイント」「ゲーム」「セット」3種の得点があります。 大雑把に言えば4ポイント先取で1ゲーム獲得、6ゲーム先取で1セット獲得、規定のセット数を獲得すれば勝利となります。

まず打球の打ち合いに勝つと入る最も基本的な得点が「ポイント」です。 具体的なポイントの条件は以下の通りです。

  • 打球がコートに入って、2バウンドまでに相手が打ち返せなかった場合
  • 相手の打球がコートに入らなかった場合
  • 相手がサーブを2回続けて失敗した場合
  • 相手の体がボールやネットに触れた場合
  • ボールがネットを超える前に相手がボールを打ち返してきた場合

これらポイントの取り合いで4ポイント先取した方が1ゲーム獲得します。 ただしゲームが3-3までもつれた場合はデュースとなり、2ポイント差が付くまで続きます。

なお実際のポイントは1刻みではなく、0-15-30-40と刻まれていきます。 ポイントの呼び方はラブ、フィフティーン、サーティー、フォーティーです。

そうしてゲームを取り合い、6ゲーム先取した方が1セットを獲得します。 そして規定セットを獲得すれば試合(マッチ)に勝利です。

規定セット数は近所の大会だと全試合1セットマッチ、ちょっと大きめの大会は決勝だけセット数が多かったりします。 プロテニスプレイヤーが参加するような大会は男子は5セットマッチ、女子は3セットマッチとなっていることが多いです。

試合にかかる時間の目安は1セット30分ですが、ゲームの性質的に試合にかかる時間は大きくブレます。 5セットマッチの場合だと早ければ2時間かからずに終わることもありますが、長引けば5時間以上の長丁場になることもあります。

2010年のウィンブルドン選手権では11時間5分もの長試合になったこともあります。 第5セットが70-68までもつれ込み、試合は3日に渡って行われました。

なお試合の勝者・アイズナー選手は疲労が抜けないまま次の試合に臨み、1時間14分でストレート負けしています。 そりゃそうですよね…

テニスのスコア表記が0-15-30-40な理由

clock

それでは本題のなぜポイント表記が0-15-30-40なのかについてお話しします。 はっきりした根拠は分かっていないので、有力そうなのを書いておきます。

時計の文字盤に由来している説

その昔、テニスのスコアボードには時計の文字盤が使われており、遠くからでも分かりやすいように1ポイントを90°刻みで表していました。 時計の針を90°動かせば分針は0-15-30-45を刺すため、自然とスコアもそう呼ばれるようになりました。

しかし45は「forty-five」と単語2つあるため、言いにくいのが難点でした。 そのためfiveを切り落として40になったという訳です。

45を40に変えたのはデュースの概念を導入したためという説もあります。 そちらによるとデュースとなった場合にどのように文字盤を表示するか思案した結果、45を40に変更してそこからは10刻みでポイントを管理するようになったそうです。

諸説あります

他にもジュ・ド・ポームに由来している説、賭け金に由来している説、修道院の時間に由来している説など様々な説があります。 ただ日本では言われているけど海外で全く言われていない、説と実態が食い違っている点があるなど、出所が怪しいものも多いです。

まあぶっちゃけると誰もハッキリした由来を分かっていないので、言ったもの勝ちなのかもしれません。 それを思えばあなたが一番面白いと思った説が正しいのかもしれませんね。

\share/

よく読まれている記事