オシドリの夫婦仲が良いのは、ヒナが孵るまでの間だけ

mandarin-duck-couple

仲がいい夫婦のことを「オシドリ夫婦」と表現します。 この言葉はオシドリの夫婦がいつも仲睦まじくしていることから生まれました。

しかしそのオシドリの夫婦、実は仲が良いのはワンシーズンだけです。 それにヒナが卵から孵ったら、オスは子育てもせずにいなくなってしまうのです。

オシドリ夫婦の実態

mandarin-duck-couple

オシドリはカモの一種で、アジアに広く生息しています。 もちろん日本にも生息していて、夏は北方・冬は南方で生活しています。

繁殖期になるとオスは色鮮やかな羽毛に身を纏います。 派手な方がオスで地味な方がメスです。一目でオシドリと分かる目立つ外見ですね。

オシドリは繁殖期になるとペアを作り、オスはメスを甲斐甲斐しく守ります。 まさにオシドリ夫婦と言うにふさわしい姿ですね。

しかしオシドリ夫婦でいる期間はそう長くありません。 卵からヒナが孵ると、オスは役目は終わったとばかりに去ってしまいます。 夫婦仲は解消され子育てはメスだけで行い、翌年は別の個体がペアとなります。

これを聞くと果たしてオシドリ夫婦とは何なのか疑問に思ってしまいますよね。 出産後に旦那が出て行ったシングルマザーを指す言葉のようにも聞こえます。

夫婦仲をワンシーズンで解消する動物は珍しくありませんが、逆に何年も同じ夫婦で繁殖活動を行う動物も少なくありません。 中には一生同じペアの動物もいるぐらいなのに、なぜ仲睦まじい夫婦の例えにオシドリを選んでしまったのか疑問に思いますよね。

これは中国の捜神記の一節に由来すると考えられています。

オシドリ夫婦は「捜神記」が由来

mandarin-duck-couple

中国4世紀頃の書物「捜神記」にこんな話があります。

王に使える役人の韓憑は美しい妻を貰いましたが、あまりの美しさのため暴君・康王が妻を奪ってしまいました。 追放された韓憑はやがて自殺し、ほどなくして妻もその後を追います。

妻の遺書には「夫と同じ墓に埋めて欲しい」と書かれていてましたが、怒った康王は隣り合った2つの墓に別々に埋葬します。 そして「そんなに愛し合っているなら2つの墓を1つにしてみろ、そうすればもう邪魔はしない」と言いました。

するとそれぞれの墓から梓の木が伸びていき、十日で交差するまでに成長しました。 その樹上にはオシドリの夫婦が棲むようになり、日夜物悲しく鳴き続けました。

この話からオシドリは夫婦の生まれ変わりと考えられるようになり、オシドリ夫婦の原型である「鴛鴦の契」という慣用句ができました。 この一連の話からオシドリの夫婦仲が良いかのようなイメージが広まったのかもしれませんね。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

鳥目の鳥はごく一部で、大体は夜でも活動できる

eyecatch

相手の胸のうちが分かる「ひっかけチェッカー」

eyecatch

日本は温帯なのに熱帯より暑い?気温と体感温度の違い

eyecatch

眩しいとくしゃみが出る「光くしゃみ反射」

eyecatch

牛乳を飲むとお腹が下るのはなぜ?

eyecatch

停止しているかのような0km/hのボールを投げる方法

HOME