胎生と卵生の違いに見る動物の生存戦略

egg

動物には赤ちゃんを産む胎生のものと卵を産む卵生のものがいます。 「哺乳類だから胎生、そうでなければ卵生でそういうもんなんだ」といえば通りなのですが、同じ胎生・卵生を見比べても動物ごとに様々な形態ですし、中には変わった習性を持つものもいます。

卵生と胎生のメリット・デメリットを見比べつつ、もう少し掘り下げて見てみましょう。

胎生と卵生

egg

胎内で形成した卵を卵の状態のまま出産するのが「卵生」、胎内で卵を孵化させ胎児に栄養を与えて育ててから出産するのが「胎生」です。

ちょっと変わった形態に卵生と胎生の中間である「卵胎生」なんてのもあります。 卵胎生は胎生のように体内で卵を孵化させてから出産するのですが、母体から栄養を与えている訳ではない=体内で卵を温めているだけなのが胎生との違いです。 卵生が胎生に進化する途上の形態なんて言われています。

ほとんどの哺乳類が胎生で、残りのほとんどの動物が卵生です。 卵胎生のサメやマムシ、哺乳類のくせに卵生のカモノハシ、昆虫のくせに胎生のアブラムシなど当てはまらない動物もいるにはいますが、ごくごく少数の例外的存在と言えます。

胎生と卵生の戦略

egg

胎生と卵生にはそれぞれメリットとデメリットがあります。 それぞれの生存戦略を一言で言えば、卵生は「多産多死」で胎生は「少産少死」です。 あくまで傾向ですので少数の卵しか産まない卵生動物や、多数の子を産む胎生動物もいますけどね。

卵生のメリットとデメリット

卵生は未熟な卵の状態で母体から排出するので、母体への影響は少なく沢山産むことができます。 しかし卵の状態は赤子以上に無防備であるため、捕食者に食べられるなどで全ての卵が孵化までこぎつける訳ではありません。 また孵化できたとしても卵にある栄養で成長できるサイズに限定されて産まれることになり総じて未熟です。

胎生のメリットとデメリット

胎生は母体にかかる負担が大きく、母親は臨月が近づくと普段通りに動けなくなる上に多くの栄養を必要とします。 またある程度成長した子を胎内に入れておくため、あまり多くの子を一度に産めません。 しかし子が最も弱い卵の時期に襲われることがなく、また母体の栄養で育つためある程度成長した状態で産むことができます。

胎生と卵生のどちらがいいかはその動物次第

卵生と胎生は一長一短であり、どちらがいいかは動物次第です。

「捕食者に見つかる=死」のような動物は胎生で悠長に育てていると母体が食べられて終わったり、せっかく成長させて出産しても危険度が大して変わらなかったりします。 これなら大量に卵を産んで数で勝負した方がいいですね。

強い動物であれば、成長や教育が生存率を高めることに繋がります。 ある程度大きくなれば生存率が飛躍的に高まるのに、生存率の低い卵で産むのは無駄ですよね。 卵を沢山産むことにエネルギーを使うよりも、少数の子どもでもきっちり育てられる胎生の方が向いています。

もっとも動物自身が卵生/胎生を選択できる訳ではないですけどね。 ある程度は淘汰で洗練されているものの、現状たまたまこうなっているだけという面も強いです。 ダチョウは胎生でもいいんじゃないかとか、ネズミは卵生の方が向いているんじゃないかとか考えてみるのも面白いかもしれません。

一回のお産で一子しか産まない霊長類も、一回の産卵で一億個もの卵を産むマンボウも、繁殖にこぎ着けるまで子が成長できるのは約二子です。 どちらが良いという訳ではなく、どちらも生命の進化の歴史の中で洗練されたスタイルなのです。

世代のバトンを渡せるのは親2匹に対して子2匹

動物の産む子の数は生涯にせいぜい4匹ぐらいしか産まないものから、一度に数万個もの卵を何度も産むものまで様々です。 マンボウなんて何億個もの卵を産んだりするようですね。

さてそれでは問題です。生涯に4匹の子を産む生物と、10万個の卵を産む生物がいたとします。 産んだ子が繁殖活動を行えるまでに成長して親になれるのはそれぞれ何匹でしょう?

答えはどちらも大体2匹です。少産の動物も多産の動物も、産んだ数に関係なく大体2匹が世代交代します。 生き残っても繁殖活動できなかった個体や雌雄被りなどを考慮するともうちょっと多いのですが、分かりやすく2匹としておきましょう。

いくら産んでも2匹となる理由は簡単、大抵が成熟して繁殖する前に死ぬからです。 マンボウが何億個も産んだ卵が、成長して産卵までたどり着けるのが2体だなんておかしいと思うでしょうか?

もしマンボウの卵が全て大人まで成長して繁殖したら、世界はマンボウだらけになってしまいます。 しかし世界はマンボウに溢れておらず、数は大よそ一定です。逆説的ではありますがマンボウの夫婦が次の世代に残せているのは約2匹なのです。

多産の動物は子を沢山産みますが、その分弱く死にやすいです。 卵を産んだ端からパクパク食べられ、子ども時代にパクパク食べられ、下手したら成熟した後もパクパク食べられます。 だからこそ沢山の子を産んで何とか生き残らせようとしているのです。

逆に少産の動物は子を少ししか産みませんが、上手いこと生き残ることが多いです。 子が強い状態で生まれたり親が守ったりなどして、それなりの確率で成熟まで持っていきます。 沢山子を産むことにエネルギーを使わずに、育てる方にエネルギーを使っているのです。

こんな具合に多産の動物も少産の動物も、次世代に残せるのは大体2匹です。 そうして食物連鎖の中で生息数が安定しているんですね。

\share/

よく読まれている記事