環境に溶け込む保護色と、あえて目立たせる警告色

Cabbage butterfly

周りの景色に溶け込む「保護色」はよく聞く言葉だと思います。 特に弱い動物にとっては、身を隠すのは捕食者から身を守る最も基本的な手段となります。

しかし反対に敢えて目立つ色をして存在をアピールする「警告色」を持つものもいます。 メスへのアピールならともかく、捕食者に対しても己の存在をアピールし、しかも一見すると弱々しい動物があえて目立つ色をしています。

実はこれも重要な生存戦略で、あえて捕食者に対して目立つ色をして襲われないようにしているのです。 弱いくせに目立っても襲われないというのは矛盾しているようにも聞こえますが、詳しくは本文でお話します。

周囲に溶け込んで隠れる保護色

Dendrobates

被捕食者が捕食者から逃れる手段は色々ありますが、数ある手段の中で最も手っ取り早いのは捕食者に見つからないようにすることです。

か弱い動物たちの多くが捕食者に見つかりにくい特徴や習性を持っており、その中でも代表的なのが周囲の景色に溶け込む「保護色」の体です。

昆虫などの小動物は、大抵が景色と同じ色をして周囲に溶け込んで見つかり難い体をしています。 中には気合いを入れて葉っぱそっくりに擬態するコノハムシなんてのもいますが、周囲と色を合わせるだけでも見つかりやすさは全く変わります。

これによって捕食者の目を欺き、食べられる確率を下げているのです。

あえて捕食者に己の存在を知らせる警告色

Dendrobates

動物の中にはあえて己の存在を知らしめる目立つ色をしているものがいます。 それも体が大きい強力な動物であるならともかく、天敵に一飲みにされてしまいそうな小さいカエルやヘビなどに多いです。 実際天敵から見てもこの色は目立つのですが、なぜわざわざ捕食者に自分の存在をアピールしていると思いますか?

答えは「もしも俺を攻撃したら痛い目を見るぜ」とアピールしているからです。 警告色を持つ動物は、強力な毒を持つヘビやカエル、強力なオナラを発射するスカンクなど強力な反撃手段を持っているものが多いです。

しかし警告色を持つ動物は圧倒的強者という訳ではなく、捕食者とまともに戦えばむしろ負けることの方が多いです。 しかし捕食者側も一方的に無傷で倒せる訳ではなく、嫌な思いをしたり、手痛い反撃を受けたり、場合によっては死んでしまうことすらあります。 モウドクフキヤガエルなんて人間でも食えば死にますからね。

だからあえて目立つ色をして「俺を襲うと怪我するぜ?」とアピールして、間違えて襲われないようにしているのです。 テントウムシが赤いのも実は警告色なんですよ。

ミュラー擬態

警告色はある程度似通ったパターンの色である場合が多いです。 これは「ミュラー擬態」といって捕食者に分かりやすく覚えて貰うためのものです。

例えばハチは黄色と黒色のシマシマ模様をしていることが多いですが、その色で統一されることにより「黄色と黒色のシマシマ模様はヤバいハチだ!」と相手に直感的に判断させられるのです。 これが種ごとに思い思いの警告色をしていると捕食者も覚えるのが大変になり、「えーっとこの色は…?よく分からないから食べよう」なんて具合に食べられて共倒れして淘汰されていきますからね。

動物に興味を持っている人は「この色の動物はヤバそう」とか「毒持ってそう」とか何となく直感で分かりますよね。 警告色持ちには傾向やパターンがある場合が多く、そんな感じで分かりやすくアピールしているのです。

ベイツ型擬態

警告色の動物の中には特にこれと言った力を持っていないのにあえて毒々しい色をしている動物もいます。 これは「ベイツ型擬態」といって、他の警告色の動物の体色を真似ることで捕食者から逃れようとしているものです。 ハチの体色に似せたアブなどが身近な例ですね。

もし捕食者に「大した力もないのに目立つ奴」とバレたら食べられ放題で大変なことになりますが、今日まで生き残ってるのはバレてないんでしょう。

警告色を持つ動物はあえて捕食者に自分をアピールするという、一見自殺行為にも見える進化をして生き残ってきたのです。 生存戦略って面白いですね。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME