ゴルフボールをボコボコしてる理由は、その方がよく飛ぶから

golfball

世の中には色々な球技がありますが、大抵のボールは表面がツルツルしています。 そんな中で異彩を放っているのが、ボコボコだらけのゴルフボールです。

ゴルフボールだけがボコボコしている理由は、その方がよく飛ぶからです。 このボコボコには空気抵抗が少なくする機能があるんですよ。

ゴルフボールのくぼみ「ディンプル」

golfball

ゴルフボールのくぼみのことをディンプルと言います。 英語でえくぼや小さなくぼみのことを表す言葉ですね。

ゴルフボールの表面には300~500個ほどのディンプルがあり、これはボールの空気抵抗を減らす目的で付けられています。 ボコボコの表面だとむしろ空気抵抗が増えそうなイメージがありますが、半分正解で半分間違いです。

ボールが飛んでいく際、滑らかな表面のボールの方が側面の空気抵抗は少ないです。 しかし空気がボールから離れた背面では大きな空気の渦となり、これがボールを後ろで引っ張って飛距離を縮めます。

ボコボコの表面のボールは空気がまとわりついて側面の空気抵抗を増やしますが、ボール後方にできる空気抵抗をそれ以上に減らしてくれます。 結果としてボコボコしている方がよく飛ぶ訳です。

このディンプルが作られるようになったのは19世紀中頃です。 当時のゴルフボールは天然ゴムを加工して作られており、表面にペンキを塗って滑らかにしていました。

人々はこのボールを使ってゴルフをプレイするうちに、経験則的に使い古したボールの方がよく飛ぶことに気付きました。 表面がツルツルの新品では、背面の空気抵抗に引っ張られて飛距離が伸びなかった訳ですね。(もちろん傷つき方にもよりますが)

それならば最初から傷つけて新品でもよく飛ぶようにしようと、新品のボールに縦横の傷を付けました。 これがディンプルの始まりです。

それからゴルフボールメーカーは表面に色々なパターンの掘り込みを付け始めます。 「我が社のボールこそが最もよく飛ぶ傷を掘り込んだボールである」と競争を始めたんですね。

ゴルフボールを傷つけて表面にデコを作っていましたが、やがてデコよりもボコの方が効果が高いことが分かります。 それからはボール表面をボコボコにする加工がされるようになり、大よそ今のゴルフボールの形になったのです。

ゴルフは長い歴史の中で洗練され、ゴルフ道具もまた進化を続けています。 次はゴルフボールの歴史をお話します。

ゴルフボールの歴史

golfball

ゴルフが始まったのは1400年頃と言われています。 最初のゴルフボールは固い木を丸めたものが使われていました。

ボールは手作りで完全な球体ではなく、それを固い木で作ったクラブで打っていました。 同じように打ってもあっちに行ったりこっちに入ったりで、精度の高いプレイは不可能だったことでしょう。

17世紀になると羽毛を革で包んだ革製のボールが作られます。 これは従来のものと比べて狙った方向に遠くまで飛ぶ優れたボールで、やがてこちらのボールが主流となりました。 しかし作るのに時間がかかり、壊れやすい上に高価という欠点がありました。

19世紀中頃になると、天然ゴムを加工したボールが作られるようになります。 更に遠くまで飛ぶようになったのはもちろんのこと、価格も手ごろになってゴルフが大衆に広まるきっかけとなりました。 ゴルフボールの表面に傷を入れるようになったのはこの頃です。

そして19世紀の終わり頃、ひと昔前のゴルフボールの原型と言える「ハスケルボール」が開発されます。 ハスケルボールは芯に糸ゴムを巻いてバラタ製カバーで覆う「糸巻きバラタボール」とも呼ばれ、1990年代頃まで使われていました。 しかしハスケルボールは安定性に難がありスピンがかかり過ぎるのが欠点でした。

やがてハスケルボールは、ゴムで組成されたソリッドコアにカバーをした「ソリッドボール」にとって代わられます。 ワンピースとかツーピースとか色々ありますが、頭の数字はソリッドコアを何重のカバーで覆っているかを表しています。 ソリッドボールが台頭した頃はツーピースが主流でしたが、今はファイブピースなんてのもありますね。

メーカーはより遠くより正確に飛ばせるボールを作るため日夜しのぎを削っています。 固い/柔らかい、スピンしやすい/しにくい、ゴルファーとの相性問題もあります。 ゴルフボールは今もなお進化し続けているのです。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME