「お好み焼き」「モダン焼き」「広島風お好み焼き」の違い

okonomiyaki-hirosimayaki-modanyaki

関西のソウルフードと言えばお好み焼きですが、大きく分けて「お好み焼き」「モダン焼き」「広島風お好み焼き」の3種があります。

これらの違いが何なのかは関西人には説明するまでもないことですが、それ以外の地域にお住まいだと知らない人も多いと思います。これらが何によって区別されているのか見てみましょう。

お好み焼き

okonomiyaki

お好み焼きは別名「混ぜ焼き」と言い、生地と具材を全て混ぜてから焼くのが特徴です。 広島県民からは「関西風お好み焼き」と呼ばれることもあります。

生地、水、キャベツ、肉、卵、ショウガなど好きな具を混ぜて鉄板の上に流して焼きます。 場合によっては肉や目玉焼きを別に焼くこともありますが、基本的に具材は全部混ぜてひと塊にします。

他2種に比べると簡単で手早く作れて価格帯も安いのが特徴です。 焼くのに必要なスペースも小さくて良いので、家庭でもフライパン一つで簡単に作ることができます。 その手軽さもあって関西では家庭でも広く親しまれており、ごはんにおかずにおやつにと作られています。

お好み焼きをおかずにする場合はご飯と味噌汁を添えるとお好み焼き定食となります。 他県民からは「お好み焼きは炭水化物だからおかずにするのはおかしい」なんて言われることもありますが、関西人は実利主義でそんな些細な事は気にしません。

モダン焼き

modan

モダン焼きは混ぜ焼きのお好み焼きにソバ(焼きそば)を入れたものです。 基本的に関西風お好み焼き+ソバだと思ってください。

お好み焼きの生地を鉄板の上で片面焼き、その上にソバを乗せます。 更にソバの中に生卵を落とすことも多いですね。そしてひっくり返して焼けば完成です。

ソバはお好み焼きを焼いている横で焼きそばのように焼いてから乗せることもあります。 まあどのような形にしろ、お好み焼きにソバが入っていればモダン焼きです。

ソバが入る分値段も高くなりますが、がっつり食べられるのが特徴です。

広島風お好み焼き

hirosimayaki

広島風お好み焼きは作る際に生地と具材を混ぜず、焼きながら具材を重ねていくのが特徴です。 完成するとミルフィーユのように具材が層を形成します。

鉄板の上に生地をクレープのように伸ばして焼き、上にキャベツやもやしなどの野菜、さらに上に肉と乗せて、ひっくり返して蒸します。 そして焼きそばと目玉焼きを横で作って、目玉焼きの上に焼きそば、焼きそばの上に最初の固まりを生地が上になるようにスライドして乗せれば完成です。

広島県内ではむしろこちらが「お好み焼き」であり、関西の混ぜ焼きは広島県内では「関西風お好み焼き」と呼ばれます。 しかし関西ではこちらが傍流で「広島風お好み焼き」や「広島焼き」などと呼ばれ、全国的にも関西に倣うのが一般的です。

ボリュームがあって作るのに手間もかかるため、価格帯は関西風に比べて高めです。 また作るのには鉄板のような広いスペースが必要であり、フライパン一つで作るのは難しいです。 家でも作ろうと思えば作れるんですが、面倒だから関西風でいいやとなることも多いのではないでしょうか。

お好み焼きと言えば大阪のイメージがありますが、広島も結構なお好み焼きの街なんですよね。 お好み焼き店が大量に入ったお好み焼き村がありますし、お好み焼きソースとして確固たる地位を築いているオタフクソースも広島発祥です。

ちなみに私は関西育ちですが、広島焼きの方がおいしいと思いますしお好み焼きソースに使うのは専らオタフクソースです。 あまり声を大にしては言えませんけどね。

関西ではお好み焼きを格子切りにする

関西以外の地域ではお好み焼きを下図のようにピザ切りにすることが多いです。

hirosimayaki

これは等分にしてシェアするには良い切り方ですが、関西ではあまり見られません。 関西ではお好み焼きは一人一枚食べるものでシェアする文化があまりないのと、ピザ切りでは食べにくいのが理由です。

関西ではお好み焼きを下図のように格子切りにします。

hirosimayaki

この切り方は食べやすいよう一口サイズに切り分けることを目的にしています。 関西ではコテを使ってお好み焼きを食べることが多いのも格子切りが好まれる理由でしょうか。

大きさがバラつくし具も偏るのでシェアする場合は不公平感が出ますが、そもそもシェアしないので問題になりません。

別に格子切りにしなければならないという訳ではありませんが、一人で食べる際にはぜひ一度お試しください。 とても食べやすい合理的な切り方です。

\share/

よく読まれている記事