ジャコウネコのウンチから作る最高級コーヒー「コピ・ルアク」

ティーカップに入ったコーヒー

コーヒーは世界中で愛されている飲み物です。 目覚めの一杯に、ティータイムに、眠気覚ましにと、飲むと体に活力をもたらします。

数あるコーヒーの中には変わり種もあり、そのひとつに「コピ・ルアク」があります。 なんとこのコピ・ルアク、ジャコウネコにコーヒー豆を食わせたうんちから作ったコーヒーなのです。

ジャコウネコのウンチから作ったコーヒー「コピ・ルアク」

首を伸ばしたジャコウネコ

ジャコウネコの未消化物が材料

コピ・ルアクも基本的には他のコーヒーと同じように作ります。 特殊なのはコーヒー豆です。

インドネシアのジャコウネコはコーヒーの実をエサとして食べています。 しかしコーヒーの実は完全に消化はされず、コーヒー豆として使う部分は腸内細菌による発酵作用が働いた上でうんちとして出てきます。

つまりコピ・ルアクは、ジャコウネコうんちの中にある未消化のコーヒー豆から作ったコーヒーという訳です。 うんちといってもよく洗ってから使うので汚くはありませんよ。気分的にはアレですが。

コピ・ルアクは高級品!

このコピ・ルアク、製法が特殊なため手間がかかり、また流通量が少ないために大変高価です。 ネット通販でも購入できますが、グラム5000円を超えるものもあります。 そこらの高級肉よりも高価ですね。

安いものならグラム200円ぐらいで買えるようですが、品質の悪いくず豆や悪質な偽物も出回っているので注意しましょう。 製法が製法だけに、ちゃんと品質保証されている豆を使いたいところですね。

ちなみにこのコピ・ルアクは「ジャコウネコのうんちを集めた世界一高価なコーヒー」として、ノーベル賞のジョーク版であるイグノーベル賞を授与されています。 名誉なことなのか不名誉なことなのかはよく分かりませんが…

コピ・ルアクの味は?

美味しそうなコーヒー

コピ・ルアクは独特の香りが高く、味もスッキリしていて飲みやすいと評判です。 しかし値段相応の美味しさがあるのかは愛好家の中でも意見が分かれており、良いのか悪いのかよくわからないコーヒーとしても有名です。

「ウンチコーヒー」というイメージもあり、無料でも飲みたくないという人もいますしね。 最初にこれを作った人は一体何を考えていたんでしょうか。

色々な動物のうんちから作ったコーヒーがある

ぐでパンダ

コピ・ルアクの類似品なのか元からあったのかは知りませんが、ジャコウネコ以外にも色々な動物のうんちから作ったコーヒーが存在します。 どれも高級品ですが、高級品とは一体何なのか考えさせられますね。

私は1日1ℓ以上のコーヒーを飲むコーヒーフリークですが、そんな私から見てもこれらに特に飲みたい要素はないですね。 何考えてこんなコーヒーを作ろうと思ったのでしょうか。

まあ機会があれば話のタネに一度飲んでみるのもいいと思います。 特に最高級品は衝撃的な味がすると専らの評判なので、何がどう衝撃なのかを確かめたいという気持ちはなくもないです。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

これ何て名前?身の回りにあるモノの名前

eyecatch

お好み焼き定食がおかしいなら、餃子定食もおかしい

eyecatch

肉には赤ワインで魚には白ワインなのはなぜ?

eyecatch

カメやワニは卵のある環境の温度で性別が決まる

eyecatch

「柔よく剛を制す」には「剛よく柔を断つ」という続きがある

eyecatch

クジャクの羽が役に立たないのに大きい理由「ハンディキャップ理論」

HOME