ジャコウネコのうんちから作った最高級コーヒー「コピ・ルアク」

kopi-luwak

目覚めの一杯に、ティータイムに、眠気覚ましにと体に活力をもたらしてくれるコーヒー。 世界的に愛されている飲み物で、椅子に腰かけて飲むと優雅な気持ちにさせてくれます。

さてこのコーヒーにコピ・ルアクと呼ばれるものがあるのですが、なんとこれうんちから作ったものなんです!しかも高級品!

コピ・ルアクの作り方

kopi-luwak

インドネシアのジャコウネコはコーヒーの実をエサとして食べています。 しかしコーヒーの実は完全に消化はされず、コーヒー豆として使う部分は腸内細菌により発酵作用が働いた上でうんちとして出てきます。 コピ・ルアクはこのうんちの中の未消化コーヒー豆から作ったコーヒーという訳です。

うんちといってもよく洗って使うから汚くはありませんよ。気分的にはアレですが。

このコピ・ルアク、製法が特殊で流通量が少ないために大変高価です。 ネット通販でも購入できますが、100gで5000円を超えるものもあります。 そこらの高級肉よりも高価ですね。

安いものなら100g200円ぐらいで買えるみたいですが、品質の悪いくず豆や悪質な偽物も出回っているので注意しましょう。 中には証明書付きで品質を保証している豆も流通していますが、証明書にも偽物があったり…

ちなみにこのコピ・ルアクは「ジャコウネコのうんちを集めた世界一高価なコーヒー」として、ノーベル賞のジョーク版であるイグノーベル賞を授与されています。 名誉なのか不名誉なのか…

コピ・ルアクの味は?

kopi-luwak

コピ・ルアクは独特の香りが高く、味もスッキリしていて飲みやすいと評判です。 しかし値段相応の美味しさがあるのかは愛好家の中でも意見が分かれています。 いいのか悪いのかよくわからないコーヒーとして有名です。

「ウンチコーヒー」というイメージもあり、無料でも飲みたくないという人もいますしね。 最初にこれを飲んだ人は一体何を考えていたんでしょうか。まあ日本も納豆だのくさやだのありますし、あまり人のことは言えませんか。

他の動物のうんちから作ったコーヒーもある

コピ・ルアクの類似品として、以下のコーヒーが存在しています。 どれも高級品ですが、コーヒーフリークの私からしても特に飲みたい要素はないですね…

どれも凄い高価なんですが、採算は取れているのでしょうか? 大量生産すれば低価格化も実現できる気がしますが、生産風景を想像するとちょっと地獄絵図ですね… 作った分だけ売れるという訳でもないでしょうから、この価格でやっていくしかないのでしょう。

まあ話のタネに一度飲んでみるのもいいと思います。 特に最高級品は衝撃的な味がすると専らの評判なので、機会があれば飲んでみたい気がしなくもないです。 …衝撃的な味ってどういう意味でしょうか?

\share/

よく読まれている記事