かき氷を食べると頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」

カラフルなかき氷

暑い夏にかき氷を食べると、冷たくて甘い氷が渇いた体に染み渡ります。 しかしついついかき込んでしまうと、なんだか頭が痛くなることがあります。

これは脳が冷たさを痛さと勘違いしたことによって起きる現象で、「アイスクリーム頭痛」と呼ばれています。

アイスクリーム頭痛が起きるメカニズム

頭を抱える人

かき氷やアイスなど冷たいものを急いで食べると、頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」が起こります。

これは「関連通」と「炎症」の片方または両方によって起きていると考えられています。

関連通

「冷たい」という感覚は神経が脳に伝えます。 しかし冷たいものを急に食べると、神経が混乱して「冷たい」を「痛い」として伝えてしまうことがあります。

暑い場所で冷たいものを食べるのも、神経が混乱してしまう一因です。

炎症

体が冷えると脳は冷えた体に血を沢山送って体温を上げようとします。 具体的には脳への血管を太くして大量の血液を送ります。

これは炎症に近い状態であるため、頭が痛くなってしまいます。

アイスクリーム頭痛を起こさないためには

アイスを食べる女性

アイスクリーム頭痛の原因は急激な温度変化です。 つまり「暑い場所で冷たいもの」を「急に・大量に」体に取り入れることで起こります。

なので急激な変化で体を混乱させないことを意識すれば対策可能です。 具体的には涼しい場所でクールダウンしてから、一口ずつゆっくり食べると良いでしょう。

もしアイスクリーム頭痛になってしまったら、頭を冷たいもので冷やすと良いです。 「痛い」と勘違いしていた脳が「あ、やっぱり冷たいだわ」と認識を修正することで痛みがなくなります。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

「オタク」と「マニア」の違いは、「外向き」か「内向き」か

eyecatch

高速道路には最低速度も設定されている

eyecatch

自転車も飲酒運転は違法だけど、酒気帯び運転なら罰則はない

eyecatch

人は当たり前の心理によって山で遭難する

eyecatch

かつお節の「雄節」と「雌節」の違いは性別ではなく部位

eyecatch

ストレスでドカ食いするのは脳が幸せ物質「セロトニン」を欲するため

HOME