かき氷を食べると頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」

暑い夏にはかき氷を食べたくなりますね。 冷たくて甘い氷が渇いた体に染み渡ります。

しかしかき氷を食べていると、なんだか頭が痛くなることがあります。 これは脳が冷たさを痛さと勘違いして起きる現象で「アイスクリーム頭痛」と呼ばれています。

アイスクリーム頭痛が起きるメカニズム

かき氷やアイスなど冷たいもの食べると、頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」になることがあります。 特に早食いのような感じで勢いよく食べた時になりやすいです。

アイスクリーム頭痛のはっきりしたメカニズムは分かっていませんが「関連通」説が有力です。 冷たいものを急に食べると神経が混乱して「冷たい」を「痛い」と誤って伝え、その結果頭痛が起きると考えられています。

アイスクリーム頭痛になってしまったら頭を冷やすと良いです。 「痛い」と勘違いしていた脳が「あ、やっぱりこれ冷たいだわ」と認識を修正して痛みがなくなります。

アイスクリーム頭痛を防ぐ方法

一口ずつゆっくり食べる

アイスクリーム頭痛の原因は急激な温度変化にあります。 つまり「暑い場所で冷たいもの」を「急に・大量に」体に取り入れるのが原因です。

なので急激な温度変化が起きないように意識して食べましょう。 具体的には涼しい場所でクールダウンしてから、一口ずつ少量をゆっくり食べると良いでしょう。

氷を加熱する

天然氷を使ったかき氷屋ではアイスクリーム頭痛になりにくいです。 何をしているのかと言えば、氷を加熱して温めてからかき氷にしています。

冷凍庫は-20℃前後で氷が冷えすぎているため、加熱して0℃近くまで温めた氷を使ってかき氷を作っている訳です。 暖かいかき氷なら体の温度変化も緩やかになるため、アイスクリーム頭痛になりにくいです。

ただしこれは不純物の少ない天然氷だから出来ることです。 冷凍庫で作った氷には不純物が沢山混じるため脆くて溶けやすく、加熱すると激しく融解してかき氷にするどころではなくなります。 自宅で真似するのは中々難しいですね。

B!

軽傷・重傷・重体・軽症・重症などの怪我や症状の違い

オナラはタンパク質を摂ると臭くなる

心と体の記事

締め切った部屋にいると眠くなるのは二酸化炭素のせい

男性ホルモンには支配欲、女性ホルモンには被支配欲がある

水は沢山飲めないのにお酒は沢山飲める理由は吸収・排出速度の差

顔っぽいものが顔に見える「シミュラクラ現象」

点滴でお腹が減らないのは、空腹を血糖値で判断しているため

薄毛やハゲの兆候は抜け毛の本数ではなく性質

心と体の記事一覧HOME