かき氷を食べると頭が痛くなる「アイスクリーム頭痛」

icecream

暑い時期になるとかき氷が食べたくなりますよね。 渇いた体に冷たくて甘いかき氷は染み渡ります。 でも食べているとイタタ、なんだか頭が痛くなることがあります。

この現象は「アイスクリーム頭痛」と言われています。 なぜ冷たいものを食べると頭が痛くなるのでしょうか。

アイスクリーム頭痛が起きるメカニズム

headache

アイスクリーム頭痛は「関連通」と「炎症」の片方または両方によって起きていると考えられています。

関連通

「冷たい」という感覚は神経が脳に伝えます。 しかし冷たいものを急に食べると、神経が混乱して「冷たい」を「痛い」として伝えてしまうことがあります。 また暑い場所で冷たいものを食べるのも、余計に神経が混乱してしまう原因となります。

炎症

体が冷えると、脳は冷えた体に血を沢山送って温めようとします。 その際に脳への血管を太くして大量の血液を送るのですが、これが炎症に近い状態であるため頭痛が起こってしまうのです。

アイスクリーム頭痛を起こさないためには

icecream-headache

アイスクリーム頭痛の原因は急激な温度変化です。 「暑い場所で冷たいもの」を「急に」「大量に」体に取り入れることで起こります。

大事なのは急激な変化で体を混乱させないことです。 冷えた部屋でクールダウンしてから、一口ずつゆっくり食べるのがいいでしょう。

もし頭痛になってしまったら、頭を冷たいもので冷やすと良いですよ。 「痛い」と勘違いしていた脳が「あ、やっぱ冷たいわ」と認識を正して痛みがなくなります。

ちなみにこのアイスクリーム頭痛、寒い状態で熱いものを急に食べることでも起きたりします。 その場合も対策は同じですね。ゆっくり食べましょう。

\share/

よく読まれている記事