軽傷・重傷・重体・軽症・重症などの怪我や症状の違い

injury-degree

よくニュースで「○○により軽傷です」とか「○○氏が意識不明の重体です」といった具合に症状が流れます。 軽傷とか重傷とか言われたら何となくは分かりますが、具体的にどんな状態を指しているのかはよく分かりませんよね。

ニュースでよく流れる人の状態を表す言葉が、具体的にどのような状態なのかを見てみましょう。

全治とは

怪我の度合いについての説明で「全治」という言葉が出てくるので、先にこの言葉についてお話しておきます。 全治は怪我の治療にかかる期間のことで、怪我する前の状態に戻ることとは必ずしも一致しません。

例えば全治6か月の大怪我を負って、病院で半年ほぼ寝て治療していたとします。 治療が終わっても半年ほとんど動かずに生活していたのですから、体中が弱ってすぐに元通りには動けませんし、リハビリが必要な場合もあります。

しかし怪我は治っており病院に通う必要ないので全治です。 あくまで治療のために病院に通わなければならない期間を全治○日と表現している訳です。

全治後にリハビリなどを終えて元の状態・あるいはそれ以上は良くならない状態になったら「完治」となります。 全治と完治の期間には差があり、全治3か月でも完治まで1年以上かかることも珍しくありません。

怪我の程度を表す基準

injury

軽傷とは

軽傷は全治30日未満の怪我を指します。

軽めの骨折ぐらいなら30日あれば治るので、境界線近くの怪我は言うほど軽くはないです。

重傷とは

重傷は命に別状のない全治30日以上の怪我を指します。

命に別状はないと言っても元通りになるのに長い期間がかかったり後遺症が残る可能性もあり、あまり喜ばしい状態とは言えません。

中傷とは

中傷は軽傷と重傷の間ぐらいの怪我を指します。

警察発表に中傷は定義されていないため、報道で中傷は使われません。 しかし中傷の定義がある職業や災害などもあり、消防設備士、交通事故における人身傷害、広域災害などでは使われることもあります。

重体とは

重体は命に関わる怪我をした状態を指します。

よく「意識不明の重体」と表現されますが、これは死ぬかもしれないような状態です。 死の危険性があり全治するか分からないので「全治○か月の重体」とは言いません。

心肺停止とは

心肺停止は呼吸がなく心臓が動いていおらず、かつ医者が死亡を確認していない状態を指します。 完全に死亡していて蘇生の見込みがなくても、医者が死亡を確認するまでは死亡ではなく心肺停止と表現されます。

心肺停止状態は完全な死を意味しないこともあります。 例えば海で溺れて心肺停止状態になったが心臓マッサージで蘇生したなどはよく聞く話です。

しかし報道で明確に心肺停止と流れた場合、生放送や速報でもない限りは蘇生措置を既に試みた後の可能性が高いです。 復活の見込みがあるというより、医者が確認していないだけの状態と言えます。

死亡とは

死亡は人の死を医者が確認した状態です。

呼吸・心拍・頸動脈の拍動の停止、対光反射の消失などを確認した後、死亡が診断されます。

症状の程度を表す基準

disease

軽症とは

軽症は怪我や病気の症状が軽いことを意味します。

何かしら問題はあるけど大したことではない状態です。

重症とは

重症は怪我や病気の症状が重いものの、命に危険はない状態を意味します。

完治まで長い期間かかったり、後遺症が残る可能性もあります。

重篤とは

重症は怪我や病気の症状が重く、場合によっては命が危ない状態を意味します。

「治療薬の重篤な副作用」という表現がよく使われます。 治療薬の副作用によって非常に重い症状が起きたり、場合によっては死ぬことすらあるということですね。

危篤とは

危篤は今すぐ死ぬかもしれない危険な状態です。

「チチキトクスグカエレ」の電報が来る話はよく耳にしますが、この状態は最早一刻の猶予もありません。 今すぐに向かいましょう。

これらはあまり気持ちのいい話ではありませんが、近しい人や自分の身にもいずれ降りかかってくるかもしれません。 言葉の意味を正確に捉えられず後悔することのないよう、知識として覚えておきたいですね。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME