自転車も飲酒運転は違法だが、酒気帯び運転に限っては罰則はない

bicycle

飲酒運転は法律で禁じられており、破ると厳しく罰せられます。 飲酒した運転者だけではなく、お酒を勧めた人や同乗者も罪に問われます。

「私は飲酒運転しない。だからお酒を飲むときは自転車を使ってる」という人が稀にいますが、実は飲酒運転って自転車でもダメなんですよ。 ただし酒気帯び運転に限っては罰則がないので、少しだけ飲む分には問題ないかもしれません。

自転車の飲酒運転は犯罪

beer

自転車は道路交通法で「軽車両」と定められています。 軽車両とは原動機を持たない車両のことを指し、細かい所で規則は違いますが基本的に車両と同じように道路交通法を守らなければなりません。 そして道路交通法では飲酒して車両を運転することは禁じられています。

道路交通法第65条1項は以下のように定められています。

何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

上で言う「車両等」の中には軽車両も含まれていますので、自転車でも飲酒運転は禁じられています。 しかし実はお酒を飲んだら絶対に自転車を運転できないという訳ではありません。

飲酒運転は血中アルコール濃度によって「酒酔い運転(酔っている状態)」と「酒気帯び運転(ほろ酔い状態)」の2つに分けられます。 車両の場合はどちらも罰則規定がありますが、軽車両は酒気帯び運転に限っては罰則規定がありません。要はダメだけど罰せられはしない訳です。

だから一杯軽く引っかける程度なら酒酔い運転にはならず自転車を運転しても大丈夫な場合もあります。 ただし血中アルコール濃度は同じ酒量でも体質や状態によって変わるので、ビール一杯で酒酔い運転になってしまう可能性も十分にあります。 飲み始めるとついつい飲んでしまうこともありますし、お酒を飲んだら自転車に乗らない方が無難でしょう。

自転車でお酒を飲んでしまった場合、自転車から降りて手で押せば道路交通法的に「歩行者」となります。 この状態なら酔っていても問題ないので、自転車でお酒を飲んだら「乗らずに押して帰る」を心がけましょう。

自転車が飲酒運転で捕まった話も沢山ある

軽車両の飲酒運転は自動車ほど積極的に取り締まられてはいません。 しかし自転車の飲酒検問が実施されることもありますし、酔っぱらって蛇行運転しているところを警察に職務質問されて逮捕された事件もあります。 また飲酒中に自転車を運転して事故を起こしてしまうと間違いなく発覚するので、この場合は重い罪に問われます。

近年は自転車対歩行者の事故が増えており、自転車利用者の意識向上が求められています。 滅多に捕まることはないと高を括って注意を怠らないように気を付けましょう。

自転車以外にも色々ある軽車両

santa

軽車両は自転車の他にも、台車・荷車・リヤカー・そり・馬・馬車など沢山あります。

つまりサンタさんが真冬のクリスマスに酒を飲みながらプレゼントを配ると飲酒運転で捕まってしまいます。 ただ公道を走らなければ道路交通法は適用されないので、空を飛んでいけば問題ないかもしれません。 航空法がどうなってるのかは知りませんが…

荷車やリアカーなんて車両にすら思えませんが、軽車両なのでやはり飲酒運転は違法です。 ご近所にリアカーでお土産を配って、その時にちょいとお酒を振る舞われて飲み過ぎて公道を歩いてしまうとアウトです。

車輪が付いている乗り物では例外的に車いすは歩行者の扱いになり、飲酒しても飲酒運転にはなりません。 しかし危険なことには変わりないので控えた方が良いでしょう。海外では車いすでも飲酒運転となる国もあります。

ちなみにベビーカーも車輪が付いていますが歩行者の扱いになり、飲酒運転にはなりません。 お酒を飲んでベビーカーに乗ることはないとは思いますが…

\share/

よく読まれている記事