「五月晴れ」「五月雨」「五月蠅い」は全て旧暦=六月の話

五月の清々しい晴れの日を表す言葉に「五月晴れ」があります。 天気予報でも「明日は五月晴れになるでしょう」なんて表現が使われますね。

実はこの言葉は明治以降に大きく意味が変わりました。 元々は旧暦の五月=現在の六月の話で、梅雨晴れを指す言葉だったのです。

「五月晴れ」は元々は六月の梅雨の晴れ間の意

五月の晴れと書いて「五月晴れ(さつきばれ)」と言います。 カラッとした清々しい晴れの日のことを指す言葉で、天気予報や朝礼の挨拶などでお馴染みですね。

この言葉を辞書で引いてみると、上記の他に「陰暦五月の梅雨の合間の晴天のこと」とも書いてあります。

陰暦とは日本が江戸時代以前に使っていた旧暦(太陰太陽暦)のことです。 新暦とおよそ1か月の差異があり、陰暦五月は新暦の六月頃にあたります。

明治時代になって新暦に変わり、その影響で五月晴れの意味が誤用して用いられ、時代が下ると共に誤用側が浸透していったようです。 今では五月晴れを昔の意味で使うことはまずありません。

五月晴れは夏の季語

五月晴れは俳句の季語として使われます。 現代の感覚では春の季語のように思えますが、暑い夏の訪れを予感する梅雨の晴れ間である夏の季語です。

有名なのは正岡子規の「うれしさや 小草彩もつ 五月晴」でしょうか。 この句が詠まれたのは明治時代なので、まだ五月晴は今の六月の意で使われたと思われます。

「五月雨」は六月の雨の降り様

五月の雨と書いて「五月雨(さみだれ)」と言います。 時々耳にする機会がありますが、よく意味が分からない・ピンと来ない人が多い言葉ですよね。

しかし五月雨も陰暦五月の雨だと分かれば何のことはありません。 五月雨とは六月の梅雨時によくある、途切れながらも長く振り続く雨のことを言います。

五月雨は夏の季語

五月雨も五月晴れと同様、夏の季語です。

五月雨で有名な句と言えば、松尾芭蕉の「五月雨を あつめて早し 最上川」ですね。 梅雨の雨で増水した最上川の流れが速いって句です。

「五月蝿い」は六月のハエの如き

五月の蝿と書いて「五月蝿い(うるさい)」と言います。 言葉の通り、五月の蝿のようにうるさいことに由来しています。

都会住みだとあまりハエを見る機会がないかもしれませんが、五月の蝿はそんなにうるさくありません。 なのに五月の蝿と書くのは、これも陰暦準拠だからです。

ハエは25℃前後で特に活発になり、一番五月蠅いのは新暦の六~七月と九~十月頃です。

以上、旧暦の話が多い五月の言葉でした。 ちなみに五月病は本当に五月の話です。新環境が嫌になるのにそう時間はかかりませんからね。

B!

アホとバカの由来と使い分け

兵庫県は五つの国が合体した国「ヒョーゴスラビア」

文化・社会の記事

古代エジプトでは犬や猫のミイラも作られていた

客寄せの「盛り塩」は、宮女が皇帝を呼び込もうとしたことに由来

残業月100時間ってどんな状態?その生活と残業が多くなる理由

日本は狭くないし、排他的経済水域は世界屈指の広さ

グリーンランドにはほとんど緑がない

天の川の織姫と彦星は14光年離れた場所にいる

文化・社会の記事一覧HOME