スーツの袖のボタンは鼻水を拭わせないために付いた

スーツ

スーツをビシッと決めてる人は格好いいですよね。出来る人って感じがします。 ところでスーツと言えば、袖にボタン付いてますよね? これ一体何のために付いてるか知ってます?

腹のボタンが取れた時のスペアになるって? いやそれ使ったら袖のボタン取った痕が間抜けに見えません?

実はこれ、鼻水を袖でこすらないように付けたボタンなんです。 さらにスーツの袖にボタンを付けるのを考案したのは、あのナポレオンなんです。

何で袖で鼻水拭いてたの?

ナポレオン

時は1812年6月23日、フランス皇帝ナポレオンは60万人もの軍を率いてロシアと戦争を始めました。 当初ロシア軍は決戦には応じず、部隊を吸収しながら後方へと下がっていきました。

ナポレオンは冬までに決着を付ける腹積もりでしたが、ロシア側はそれに付き合いません。 9月にモスクワ川沿いで大規模な戦闘が起きるも、ロシアが撤退して終息します。 そしてジワジワと進軍するうちに涼しい季節となり、フランス兵士たちは寒さを覚える時期になりました。

中には風邪をひいて鼻水が出ていた兵士もいたようで、軍服の袖で鼻水を拭っていました。 おかげで袖はカピカピです。上官がみっともないから止めるように言っても兵士は一向に止めません。 まあ兵士としても鼻水を放っておく訳にもいきませんからね。

そこでナポレオンは軍服の袖に金属のボタンを付けたそうです。 このボタンが邪魔となって兵士たちは袖で鼻水を拭うことはしなくなりましたとさ。めでたしめでたし。

ロシア戦役のその後

ナポレオン率いるフランス軍はその後大きな戦いのないままロシア第二の都市モスクワを制圧します。 しかしそれはロシア側の戦略であり、ロシア軍はモスクワから物資は丸ごと持ち出した上で都市を焼き払ってしまいます。

フランス軍は物資を現地調達に頼っており、この焦土作戦で期待していた物資が手に入らず進退窮まってしまいます。 そしてナポレオンは10月半ばに遂にモスクワからの撤退を決意しました。

しかしロシア軍は撤退するフランス軍を簡単には帰してくれません。 ロシア軍の攻撃と物資不足で撤退に手間取るうちに、遂にロシアの厳しい冬が始まりす。 ちなみにモスクワの冬は最高気温が0℃より若干低いぐらいです。

この後フランス軍は飢えと寒さに苦しみ続け、12月にやっとロシアから脱出するも60万の兵力のうちわずか2万余が残るだけの散々たる結果でした。 この敗戦は無敵の将軍だったナポレオンの転換期となりましたが、それはまた別のお話…

別にスーツにボタン付いてても内側で拭えるだろ、ウソ臭い…

***

ナポレオン説は有力な説の1つではあるんですが、まあ本当の所は定かではないんですよね。 それでは有力説をもう一つ。

ひと昔前はスーツは全てオーダーメイドでした。 そのスーツは袖口のボタンを外して袖口を広げ、まくり上げることができるように作られていました。 いわゆる「本切羽」や「ドクタースタイル」と呼ばれているものです。

当時はスーツを脱ぐのは失礼なことで、基本的に外では脱がないものでした。 しかしお医者さんが治療する際に袖が邪魔になるため、腕まくりできるように作られたのです。 だから「ドクタースタイル」という訳です。

それが大量生産の既製品販売が主流になってからは、袖の開閉部分が省略されるようになりました。 しかし名残としてボタンだけが残り、今やただの装飾品になってしまったという説です。

残ったボタンがやや間抜けな感じはありますが、こっちの方がなんとかくそれっぽいですね。

今でも本格的なスーツや有料オプションで本切羽にできるものもあります。 本切羽に身を包みつつこのウンチクを披露すれば、なんとなく優越感に浸れることでしょう。 相手に「あいつのスーツは何か違うぞ」と思わせることができるかもしれません。

皆さんも一度は本切羽のスーツで鼻水を拭ってみてください。え、違う?

\share/

よく読まれている記事