風邪薬で風邪は治らない

cold

風邪をひいたら風邪薬を飲みます。 飲んだら症状が楽になりますし、飲んで寝れば風邪が治ることも多いですよね。 風邪を引いたら風邪薬を飲むのは半ば常識だと思います。

しかし実は風邪薬は風邪に効きません。 風邪薬が効いているのは風邪の症状に対してで、風邪の原因であるウイルスに効いている訳ではないのです。 だから風邪薬を飲んでも治りが早くなったりはしません。

風邪とは

cold

風邪とは発熱・のどや鼻の粘膜の痛み・せきやくしゃみを伴う症状の事を言い、特定の病気ではなく様々な原因で諸症状が出る「風邪症候群」の事を指します。 症候群とは原因がよく分からないけど共通の病態を示す患者が多い症状の集まりに名前を付けたものです。

例えば発熱とせきの症状が出ているとします。 この状態は風邪症候群のいずれかの病気だろうと推測できるので病名は「風邪(風邪症候群)」です。 この時に病院で診てもらってインフルエンザウイルスが原因だと分かったら病名は「インフルエンザ」になります。 風邪の症状が出たら病原が特定できるまでは風邪、特定できたら病名という使い分けをします。

風邪は色々な病気の初期症状として出ることが多く、症状が軽い時点で病名の特定は困難です。 中には判別できるものもありますが、大抵は病状が進んで特有の病状が出るまではよく分かりません。 そして多くの場合は病状が進む前に風邪が治ります。

さてこの風邪、原因の9割がウイルスです。ウイルス性の風邪を治すにはウイルスをやっつける必要があり、風邪を治す薬とは多くの場合は抗ウイルス薬のことを指します。インフルエンザ治療薬のタミフルやリレンザが有名ですかね。

抗ウイルス薬は特定のウイルスに対して効果を発揮する薬で、言い換えると特定のウイルスにしか効果を発揮しません。 例えばライノウイルスが原因の風邪にかかっている人にインフルエンザ治療薬のリレンザを飲ませても意味はありません。

何のウイルスが原因か分からない風邪症候群の人に対して有用な抗ウイルス薬は分かりません。 だから風邪を治療する薬はないのです。

風邪薬・抗ウイルス薬・抗生物質の効用

medicine

風邪薬の効用

市販されている風邪薬は風邪を治療する薬ではなく、風邪の症状を抑える薬です。 なので風邪薬を飲んだからといって風邪が治る訳ではありません。

それでは風邪薬は無意味なのかと言えばそうではありません。 風邪の症状が重いと辛くてまともに休息できない、ご飯を食べられない、発熱し過ぎて激しい消耗や命が危険な場合もあります。 こういった時には風邪薬を飲んで症状を抑えてしっかり休息を取るのが風邪の治療に繋がります。

ただ風邪薬が風邪の治療に逆効果になる場合もあります。 例えば発熱は体内の酵素や免疫を活発にさせる効果がありますし、せきや鼻水は体内のウイルスを外に出す効果があります。 風邪薬によってこれらを抑えると余計に風邪が治るまで時間がかかってしまいます。

なので風邪薬は症状が重くて休息や栄養補給に支障が出る場合に飲むのが基本となります。 軽い風邪程度ならむしろ薬を飲まない方が好ましい場合も多いです。

なお風邪薬で風邪の症状を抑えても体内では増殖したウイルスが暴れまわっています。 この状態で外に出ると周囲にウイルスをまき散らすことになり風邪が感染してしまうので、風邪をひいたら外に出るのは止めた方が良いです。薬を飲んで授業や仕事に出るのは周囲からすればはた迷惑でしかありません。

抗ウイルス薬の効用

抗ウイルス薬は特定のウイルスをやっつける薬です。 ウイルス性の病気の根本原因を退治し治療する薬であると言えます。

ただし抗ウイルス薬は原因となっているウイルスが特定されていないと使えないため、原因になり得るウイルスが200種以上もある風邪から効果的な薬を特定するのは困難です。 またウイルスが特定できたとしても何百パターンも型が存在してどれが効くのか分からない場合もあります。

例えばインフルエンザにはA型、B型、C型があり、A・B型にはタミフルやリレンザが効きますがC型に効く薬はなく、またA型・B型それぞれに薬効が高い薬も違います。同じウイルスでもパターンによって抗ウイルス薬も変わるのです。

ウイルスのパターンが多すぎて治療のための抗ウイルス薬を作るのが困難だったり、そもそも有効な抗ウイルス薬が存在しないウイルスもあります。

抗生物質の効用

抗生物質とは特定の細菌をやっつける薬で、主に細菌性の風邪と診断された時に処方されます。

なおウイルス性の風邪に対して処方されることもありますが、抗生物質はウイルスに対しての効果はありません。 ウイルスによって粘膜の機能が落ちた所に取り付いた細菌の二次感染を防ぐことが目的で処方されます。 他にも患者を安心させる意味で処方されることもありますが、この場合の効果は疑問視されています。

抗生物質は抗ウイルス薬と混同されることがありますが、細菌とウイルスは別物でそれをやっつける2つの薬もまた別物です。

\share/

よく読まれている記事