かまくらが外より温かい理由は「風」と「断熱効果」

kamakura

冬になると雪が降ったり降らなかったりします。 雪が降ったら作りたくなるものと言えば雪だるまですが、今日は次点のかまくらについてお話します。

かまくらは雪の塊なのに意外に暖かいとはよく言われますが、それが何故なのかはご存知でしょうか。 端的に言えば「風」と「断熱効果」によるものです。

かまくらが暖かい理由

kamakura

風が入らない

風の有無で気温は変わりませんが、体感温度は大きく変わります。 気温0℃・湿度80%の時に風速で体感温度がどうなるか見てみましょう。

風速(m/s)体感温度(℃)
0(無風)4.4
2(扇風機の弱)-8.6
5(扇風機の強)-14.2

無風状態なら体感温度は気温よりも上で厚着なら普通に過ごせる範囲なのに、少しの風で一気に体感温度は低くなりましたね。 風は体感温度に影響し、特に寒い場所では大きく変わります。

かまくらは四方を雪の壁に囲まれており、唯一の出入り口は風下に向けて作られます。 これにより内部は無風状態となるので、かまくらを暖かく感じるのです。

断熱効果

「かまくら効果」という言葉をご存知でしょうか。 家の屋根に雪が積もると室内が暖かくなる現象のことを言います。

雪には空気が含まれており、空気には優れた断熱効果があります。 つまり雪は内部の熱を閉じ込めるバリアのような働きをするのです。

かまくらは雪の断熱効果により、人によって暖められた内部の熱を保ち、冷えた外部の冷気を中に入れません。

以上の効果により、かまくらは意外に暖かいのです。 もっとも雪で出来た建造物なので、外よりはマシ程度ですけどね。

かまくらの作り方

kamakura

ついでなのでかまくらの作り方をお話しします。 日本ではかまくらを作れるほどに雪が降る場所は多くありませんが、機会に恵まれたらぜひ作ってみてください。

雪を集めて雪山にする

それなりのかまくらを作るには大量の雪が必要になります。 まず雪をかき集めて雪山を作りましょう。

小さめのものでも2m、本格的なものなら3mは必要です。 雪山が出来たら、側面と上面を足やスコップの裏でしっかり叩いて固めましょう。

雪を固くする

本格的なかまくらを作る場合は、雪をしっかり固くします。 水をかけて数時間冷気に晒す、雪山を2~3日放置するなどして雪を固くしましょう。

遊びで作るものならこの工程は不要ですが、雪の強度が低いのに大きな穴を掘ると崩落する危険があります。 その際には穴を小さめに堀りましょう。

中をくりぬく

かまくらの風下方向に穴を空け、中を掘っていきます。 出入口が大きすぎると風が入り込んでくるので、小さく空けて中を広く掘りましょう。

雪の強度が低い場合は、くり抜く高さを雪山の半分ぐらいに留めておくのが無難です。 中で火を焚けば内壁が溶け固まって強度が上がるので、不安なら一度火を入れておきましょう。

以上、かまくらの作り方でした。 かまくらは秘密基地にしたり、ご飯を楽しんだり、一泊してみたりなど、色々と楽しめるものですよ。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

自分の文章の誤字脱字のチェックと対策

eyecatch

鳥目の鳥はごく一部で、大体は夜でも活動できる

eyecatch

ラクダのコブは脂肪の塊

eyecatch

ムンクの「叫び」で叫んでいるのはムンクではない?

eyecatch

ライオンのオスは楽そうに見えて大変な生活

eyecatch

「太陰暦」「太陰太陽暦」「太陽暦」の違いと変遷

HOME