宝くじやギャンブルの期待値まとめ

gamble

賭け事はお好きですか?私は日本では滅多にやりませんが、海外に行ったら少し遊ぶことがあります。 賭け事は遊びとして楽しむのも良いですが、やはり一番気になるのは儲かるかですよね。 今回はギャンブルの期待値についてお話しします。

それでは期待値が低い順に発表したいと思います。

宝くじ・ロト6:期待値45%

LOTO

宝くじやLOTOは払い戻し率が45%ほどです。 1000円賭けると450円ぐらい戻ってくる計算になります。

ここまで分の悪いギャンブルは他に類を見ません。 ぼったくりじゃねーか!!

それでも買う人が多いのは、文字通り「夢」を買ってるんでしょうね。 一等の当選金額は一生働いても稼げないほどで「これが当たったら会社辞めよう」みたいなことを言いながら買う人も見かけます。 ギャンブルと見ていないから期待値なんて考えていないのかもしれませんね。

ただ利点として宝くじやロトは当選金額に税金がかかりません。 これは購入した段階で国が税金を控除しているためで、10億当たれば10億そのままポケットに入ってきます。 各ギャンブルを税引き後金額で期待値を考えると妥当な水準…というより割が良いぐらいかもしれませんね。

ギャンブルで得た金をどこまで真面目に申告するのかは知りませんが。

競馬・競艇:期待値65%

Horse racing

競馬や競艇の払い戻し率は65%ほどです。 1000円賭けると650円ぐらい戻ってくる計算になります。

ただし宝くじのような完全運勝負とは少し違います。 どの馬が勝つか的確に当てることができれば高い水準で期待値がキープできるかもしれません。

競馬と言えば興味深いのは馬券を大量購入して生計を成り立たせていた人がいたことで、3年間で28億7000万円分の馬券を買って30億1000万円を得ていました。 (※所得税の未申告で捕まってニュースになりました)

競馬や競艇は賭け金総額から35%を運営の取り分とし、残りを当たった人たちで山分けします。 同じ予想が集中するほど払い戻しが少なくなるのですが、それは配当倍率が必ずしも実力通りには付けられていないことを意味します。

実力と配当の間に差がある所を抑えられれば期待値は100%を超えうるのかもしれません。 よく言われるのが「7番人気に張れ」ですね。鉄板でもなく大穴でもないこの微妙な位置が、実力に比べて評価が低い位置のようです。

全体として見ると払い戻し率は65%ですが、上手いことやる人にとっては割の良いギャンブルなのかもしれません。

パチンコ・パチスロ:期待値80%

slot

パチンコ・パチスロは払い戻し率が80%ほどです。 1000円賭けると800円ぐらい戻ってくる計算になります。

以前は90%ぐらいだったようですが、最近は売上げが下がって大分渋くなったようです。 一時期はこれ一本で学費を稼いだり生計を立てたりなんて人もいましたが、あまりそういう話も聞かなくなりました。 昔はパチプロ集団なんてのがいたぐらいなんですけどね。

さてこのゲームも全体の払い戻し率と個人の払い戻し率は違います。 大抵の人は負け越しますが、一部上手くやっている人もたまに見ます。

このゲームには払い戻し率の良い設定の台と悪い設定の台があり、いかに良い設定の台を引けるかが勝負の分かれ目になっています。 最も良い設定の台なら期待値は100を超え、座ればほぼ勝つことができます。 しかし全体の払い戻し率から分かるように多くはありません。

良い設定の台は新装開店の店や店の道路側に多い傾向があるようです。 外から見える目立つ所に設定の良い台を置けば、お店の宣伝になるという訳です。 うまくやっている人は新装開店の店を渡り歩いているそうですよ。そういった場所を狙い続ければ勝てるのかもしれません。

ルーレット:期待値97.2~94%

roulette

ルーレットは払い戻し率が95%ほどです。 1000円賭けると950円ぐらい戻ってくる計算になります。 ここまでの期待値を見ていると神のようなゲームですね。

色に賭けたり数字に賭けたり奇数に賭けたりと色々できますが、それらの払い戻し率は0・00を除いて計算した確率通りです。 長く続ければ期待値通りに収束します。

ルーレットは1~36までの数字に加えて0、台によっては更に00があります。 0・00に入ると賭け金は胴元に持っていかれるので、つまり36/37ないし36/38が期待値となる訳ですね。 (※0・00に賭けることもできますがあまりやりません)

ディーラー選手権などでルーレットの狙った所に球を入れる競技があり実際のカジノでそんなことをされると期待値通りではなくなりますが、普通のディーラーはただの雇われなので態々そんなことをしません。違法カジノは知りませんけどね。

ルーレットを観察して台の傾きを割り出し、入りやすい数字を見つけてそこに賭け続ければ勝てるなんて話もあります。 まあ普通のカジノではそんな不味い台は放っておかないでしょうけどね。

ブラックジャック:期待値95~102%

blackjack

ブラックジャックは払い戻し率が97%ほどです。 1000円賭けると970円ぐらい戻ってくる計算になります。神ゲーその2です。

ブラックジャックはゲーム性を理解して基本戦略を取れば95%ほどの期待値があります。 ではそこからどうやって102%に乗せるかを説明します。

ブラックジャックはカジノごとにローカルルールがあり、それによって微妙に期待値が変動します。 時々キャンペーンなどで期待値が緩くなることもあり、そうなったらねらい目です。 とは言っても100%を超えるルール設定はありませんけどね。さらにからくりがあるのです。

ブラックジャックで荒稼ぎしたというニュースや映画を稀に見ることがないでしょうか? 彼らが何をしてるかと言えば「カウンティング」と呼ばれる技法です。 ブラックジャックは使われたカードによってゲームの確率が微妙に変動します。 カウンティングは使われたカードを記憶して、確率的に有利になれば大きく賭け、不利になれば席を立つ技法なのです。

簡単な説明として極端な事を言いますと、ディーラーの裏向きのカードが最後の1枚なら今まで使ったカードから透けて見えますよね? それに勝てるなら全財産を賭ければ良いですし、負けるなら席を立てば良いです。

実際にはカードは残り1/4ほどになったタイミングで交換されるのでズバリ当てることはできませんが、カウンティングはこの発展形みたいなものです。 カードが消費されるにつれて勝率も変動するので、それに伴って賭け金を上下させる訳です。 基本的に小さいカードが多く消費されるほどプレイヤー有利となります。

カウンティングを駆使すればブラックジャックは期待値100%を超えるギャンブルとなり得ます。 まあ普通の人間ができることじゃないですし、コンピュータなどのツールを使うことは固く禁じられています。 また天才が頭の中だけでカウンティングをしていたとしても、カジノ側にバレると出入り禁止になったりします。 そんな奴に居座られると商売上がったりですからね。

まとめ

さて、有名なギャンブルを色々と紹介しましたが、結論から言えば「日本でできるギャンブルは期待値が壊滅的なクソ」ということです。 宝くじ買うぐらいならルーレットの大穴に賭け続けた方がまだ目があります。

ただカジノのギャンブルなら稼げるのかと言えば、それはそれで無理ですよね。 ブラックジャックをやり込めばちょっとぐらいはプラスになるのかもしれませんが、その時間でバイトでもした方が稼げるしリスクもありません。

ギャンブルは一攫千金の手段ではなく、ゲームとして楽しむものと考えた方が良いでしょうね。 あまり熱くならず、楽しめる範囲で遊びましょう。

\share/

よく読まれている記事