唐辛子料理の後のうんちでお尻が痛い理由

唐辛子料理

唐辛子料理は好きですか? ピリリとスパイスが利いた味が食欲を増進させ、ヒーヒー言いながらも食べるのを止められなくなりますね。

でも唐辛子料理を食べた翌日のお通じはお尻に痛みが走るから気が重いですよね。 なんであんなに痛いのかというと、唐辛子の辛さ成分であるカプサイシンが消化されないからなんです。 つまりお尻の穴に直接香辛料をぶつけられてる状態なんです!

カプサイシンって何?

唐辛子

カプサイシンは唐辛子の辛さ成分です。 人は様々な外部からの刺激を受容体という器官で感じ取っており、人が痛みや熱を感じる神経にはカプサイシン受容体が存在します。 カプサイシンを摂取するとこのカプサイシン受容体が反応して辛さや痛さを脳に知らせるため、唐辛子を食べると痛かったり熱かったりする訳です。

カプサイシンが体内に吸収されるとアドレナリンの分泌が活発になり、発汗・強心作用を促します。 これが脂肪燃焼に繋がるので、ダイエット食品として扱われることもあります。

しかし大量摂取はお勧めできません。 カプサイシンは消化の過程で分解できないため、便の中に成分が残ったままうんちとなります。 その便を出す時にどうなるか…あとは分かりますね?

またスパイス程度に少量摂るのは問題ありませんが、大量に摂取するのは健康被害にも繋がります。 カプサイシンの過剰摂取は胃の粘膜にダメージを与え、胃がんのリスクが高まることも分かっています。 唐辛子が大量に入った料理を日常的に食べるのは止めておきましょう。

辛いと言えばワサビやからしはどうなの?

わさび

もちろん「常識的な量ならば」という前提ですが、ワサビやからしの辛み成分である「アリルイソチオシアネート」は揮発性が高いため、胃に届くまでにほとんどなくなってしまいます。 まして便の中に残るなどということはまずありません。安心して食べてください。

アリルイソチオシアネートは効用として食品の殺菌・消臭効果があります。 また人体への影響も良いものが多く、食欲増進、消化吸収、若返り・美容効果に始まり、 血栓予防や骨量増進、下痢止め、リウマチ、神経痛などとにかく色々なものに効きます。

目覚まし作用もあるので、毎朝ワサビを食べれば朝からシャキッと過ごせますよ。 朝からワサビなんて罰ゲームのようではありますが。

もし辛い物がお好きでしたら、唐辛子よりもワサビや辛子を使ってみてはいかがでしょうか。

\share/

よく読まれている記事