点滴でお腹が減らないのは、空腹を血糖値で判断しているため

点滴を受ける病気の子供

病気や手術などでごはんが食べられなくなることがあります。 そうなったら点滴で栄養補給しますが、栄養的には問題なくても何も食べなければ胃の中は空になります。

「お腹が減って辛いんじゃないだろうか」なんて思うかもしれませんが、実はそうでもありません。 空腹を感じるのはお腹が空になった時ではなく、血中の栄養が不足した時だからです。

空腹のメカニズム

お腹が減った女性

空腹はお腹に物が入っていない状態と思っている人が多いですが、実際の所は少し違います。 お腹に物が沢山入っていると「満腹」を得られますが、それは満腹や空腹とは微妙に違うものなのです。

人間はエネルギーを取らなければ飢餓状態になり、脳や体が壊れていって最後には死んでしまいます。 逆に過剰に食べ続けて過剰な栄養を摂取すれば、ブクブクに太ってやはり最後には死んでしまいます。

そうならないために脳の「満腹中枢/空腹中枢」と呼ばれる器官が適正な栄養状態を管理しています。 栄養が不足すれば空腹中枢が空腹感を、過剰ならば満腹中枢が満腹感を出して、適正な食事を取るように管理しているのです。

これら器官が満腹や空腹を感じる基準は、胃に物が入っているかどうかではありません。 血中の糖の濃度いわゆる「血糖値」で判断しています。

血糖値とは

病院の点滴

血糖値とは血液内の糖(グルコース)の量のことです。 グルコースは日々活動するためのエネルギー源として体中を駆け巡っています。

血糖値が下がると空腹中枢はエネルギーが不足していると判断し、空腹感を出して食事を取らせようとします。 逆に血糖値が上がると満腹中枢は十分なエネルギーを摂取したと判断し、満腹感を出して食事を止めさせようとします。

それならば必要な栄養を直接血液に送っている状態、つまり何も食べずに点滴だけで空腹にならないのか疑問に思いますよね。 答えはその通りで、点滴で必要な栄養を摂取しているなら空腹になりません。

そうは言っても「心が飢える」とは言いますけどね。 食事は人生の楽しみの一つなので、それが点滴に置き換わってしまっては体はともかく心に飢えを感じてしまいます。 特に点滴を始めた時には普段のクセもあって空腹を感じる人もいるようです。

そんな訳で点滴だけでも空腹を感じないのは、脳は満腹・空腹の判断を血糖値で行っているからという訳でした。

血糖値の豆知識

低カロリー食品で満腹にならない理由

ダイエットの代表的な方法に、野菜やこんにゃくなどの低カロリー食品だけを食べる方法があります。 しかしお腹は膨らんでもなぜか空腹感は満たされませんよね。

これも血糖値の関係です。 ダイエット食品には糖分や炭水化物があまり含まれない傾向があります。 そんな食事では低血糖値状態が解消されず、空腹もまた解消されないのです。

空腹感が酷い時には血糖値を上げることを意識しましょう。 アメを舐めておけば血糖値が上がるので、空腹時のおやつとしておすすめです。

早食いは太る理由

「早食いは太る」と言われるのも血糖値の関係です。

食事を食べてから血中にグルコースが送られるまで、エネルギー化が早い食物でも20~30分ほど時間がかかります。 満腹になるには十分な食事をしてからしばらく待つ必要がある訳です。

早食いは短い時間に沢山食べるため、十分な食事をしても中々満腹になりません。 だからと言って食べ続けると適正な食事量を超えてしまい、その結果太ってしまう訳です。

食事は「腹八分目」と言われるのも、時間が経てば残りの二分は埋まるからですね。 ゆっくり腹八分目まで食べたら、後は満腹になるのを待ちましょう。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

イチョウの実・ギンナンは足の裏と同じ臭い

eyecatch

乗車率100%ってどんな状態?電車と新幹線では意味が違う!

eyecatch

にんにく注射ににんにくは入っていない

eyecatch

IPアドレスやホストで身元が判明する?

eyecatch

アルビノと白変種の違い

eyecatch

LEDライトには虫が寄ってこない

HOME