子持ち昆布は一体何の子を持っている?

kelp

昆布は代表的な海藻で、ご飯のお供としてよく食卓にあがります。 そんな昆布に「子持ち昆布」というものがあります。

子持ち昆布には卵が付いているのですが、海藻である昆布が卵生な訳がありません。 一体何なのかと言えば、実は色々な魚の子なのです。

子持ち昆布とは

kazunoko

天然の子持ち昆布に付いている卵はニシンのものです。 つまり子持ち昆布の子とはカズノコのことだったのです。

※一応捕捉しますと、ニシンの卵をカズノコと言います。

ニシンはぶつかったものに産卵する習性があり、それを利用して子持ち昆布は作られます。 産卵期を迎えたニシンを昆布がある方向に追い込むと、ニシンは粘着性の高い卵を昆布に産み付けます。 それを回収して塩漬けにしたのが子持ち昆布です。

昆布は古来から祝儀や出陣の際に縁起物として、またカズノコも子孫繁栄の縁起物として用いられていました。 その2つが合わさった子持ち昆布は、とても縁起がいい食べ物なのです。

カズノコ以外の子を持つ昆布が増えている?

sisyamo

カズノコは割と高めの食材で、気軽に買えるものではありません。 子持ち昆布に使う昆布もまた高級なものであり、決して安くありません。 それらが合わさった子持ち昆布は珍品であり、高級食材として取り扱われます。

しかしスーパーを探してみると300円もしない子持ち昆布が置いています。 流石に魚の卵の量は少ないようですが、高級食材を300円で販売して採算が取れるのか疑問に思いますよね。

実は売られている子持ち昆布に用いられている卵は、一部の高級品を除いてカズノコではありません。 安く出回っているものは大抵がシシャモやカペリンなどの卵を薬品で昆布に付着させたものです。

例えばふ○っ子の「こもち昆布」は、原材料にからふとししゃも卵が使われています。 ししゃもの卵が使われているのはまだいい方で、聞いたことがない魚の卵を用いているものも沢山あります。

何の卵を使おうが子持ち昆布は子持ち昆布という訳です。 数百円でカズノコ付きの高級昆布を買えないのは分かりますけど…どうなんですかね?

天然物の子持ち昆布と人の手で卵を昆布に付けた量生産品ではありがたみも変わってきますよね。 子持ち昆布を購入する際には、何の卵を使ってどのように作っているかを確認するといいかもしれません。 縁起を担ぐ際には、是非ニシンの子持ち昆布を食べましょう。

\share/

よく読まれている記事