ビールと生ビールの違い

beer

ビールには「生ビール」なんて言われるのがありますよね。 大抵のビールに生ビールと書いてあるイメージですが、一体何が「生」なんでしょうか?

その答えはビールを加熱処理したかどうかで、加熱処理していないのが生ビールとなります。 肉や魚と同じですね。

ビールと生ビールの違いは加熱処理したかどうか

beer

ビールは麦芽、砂糖、水、酵母菌で作ります。 これらを混ぜてある程度の期間寝かせておくと酵母菌が糖をアルコールと炭酸ガスに分解し、やがて飲み頃の「生ビール」となります。

飲み頃のビールの中にはまだ糖と酵母菌が残ったままで、酵母菌はそのまま糖の分解を続けます。 やがて糖がなくなるまで活動を続けますが、糖が分解されるほどにビールのおいしさがなくなっていきます。

そこで低温加熱によって酵母菌を殺し、飲み頃のビールのおいしさを長く保つ措置をします。 これが生ではない「ビール」です。酵母菌がいなくなって発酵が止まり味の劣化が抑えられるので、昔は飲むまでに長期間空いてしまうビールは多くが加熱処理されていました。

つまり生ビールは酵母菌を殺すための加熱処理を行なっていないものを指します。 昔から生ビールはありましたが、美味しさを損なわないうちにすぐに飲んでしまう想定のものでした。

しかし市販されている生ビールはすぐ飲まなければ美味しくなくなる訳ではありませんよね。 これは広く流通している生ビールが、加熱処理ではない方法で酵母菌を取り除いているからです。

1967年、サントリー社はビールを濾過することによって酵母菌を除去する方法を開発しました。 これは加熱処理をせずに飲み頃のビールの味をそのままに保てる画期的なものであり、これが今一般的に流通している「生ビール」の正体です。

という訳で、ビールと生ビールの違いは加熱処理をしているかどうかの違いでした。 昔は加熱処理によってビールにしないと長期保存できませんでしたが、今は別の手法によって生ビールでも長期間品質を保てている訳です。

ちなみに海外では生ビールは樽出しビール(ドラフトビール)と言って、樽に詰めた出来立てのものを指します。 だから外国人は日本の缶ビールや瓶ビールに「生」と書いてあるのを疑問に思うかもしれませんね。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME