不快な表現でも自由に表現されるべき「表現の自由」

*

この頃「表現の自由が云々」という意見の応酬が私のSNSを駆け巡っています。 いくつかのイベントでひと悶着あったみたいで、それで色々言ってる人がいるみたいですね。

表現の自由とは国民が好き勝手な表現をする権利を国が保障するものであり、実は民主主義の根幹をなす重要な権利だったりします。 色々な解釈が可能ですし私の解釈もその一つに過ぎませんが、これを機会に一度考えみてはいかがでしょうか。

表現の自由とは

*

まずは日本国憲法にある「表現の自由」の条文を確認してみましょう。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

よく声高に叫ばれている「表現の自由」とはたったこれだけの話です。 国が「検閲しないから何でも好きなように表現してよ」と保障してくれている訳です。

表現とは一体何なのかと言えば、自分の内面である「感情・思想・意志」などを「言語・文章・作品・態度」などで外部へ伝える行為と言えます。 表現方法の一例を挙げると、発言、評論、文章、小説、漫画、映画、演劇、ダンス、芸術などなど、キリがないほどに多種多様な表現が存在します。

表現は時に否定的なものにもなります。 ある監督が映画を作り放映しました。 あなたは映画を見たもののあまり面白い内容ではなく、SNSに「映画はつまらなかった」と感想を書きました。 その感想を見た監督は「あの映画はとても面白い、こいつは映画を分かってない奴だ」とあなたの感想を批判しました。

あなたと監督の意見に食い違いは出ましたが、映画も、映画の感想も、映画の感想への反論もどれも立派な表現です。 このように検閲されることなく自分の内面を自由に外部へと発信できるのが表現の自由です。

表現自体を封殺することがあってはならない

世の中には自分が好ましいと思う表現もあれば、自分が不快に思う表現もあります。 気に入らない表現を批判するのは表現の自由のうちですが、表現自体を封殺することがあってはいけません。

よくある表現の自由の封殺が、自分の気に入らないイベントを中止させようという運動です。 特にイデオロギーが対立しているグループが、自分のイベントは「表現の自由を守れ」と主張して開催しようとしつつも、相手のイベントには難癖を付けて潰そうとする話をよく見ます。 こんなダブルスタンダードでは説得力がありません。

たとえ自分が不快な表現であっても、表現すること自体は認めようというのが表現の自由です。 表現を不快に思うのも不快を表現するのも自由ですが、しかし他者の表現の自由を侵害するのは表現の自由にもとる行為に他なりません。

表現の自由は無制限に認められる訳ではない

何でも表現して良いという表現の自由ですが、しかし無制限に認められている訳ではないことは皆さんもご存知だと思います。 もう少し言えば表現することは認められていても、表現した結果を咎められることが珍しくありません。

例えば誰かを誹謗中傷した場合を考えてみましょう。 誹謗中傷も表現のひとつと言えますが、しかし中傷した相手から訴訟されて、謝罪と高額な賠償金の支払いを命じられることもあります。 これは表現の自由と人格権がぶつかり、人格権が勝った結果と言えます。

民法では個人が生活を営む中で保護されるべき「人格権」という権利が認められており、誹謗中傷はそんな人格権を侵害する行為です。 表現の自由が認められているからといって、人格権で保護されている一線を越えて誹謗中傷すれば、周囲から非難されたり、裁判になって多額の賠償金を支払うハメになったり、警察に逮捕されることもあり得ます。

そういった意味で表現の自由には「公共の福祉に反しない限りは」という制限があると言えます。 無制限に振りかざして良い権利でないことは肝に銘じておきましょう。

ただし逆に一線を超えない範囲においては可能な限り自由に表現ができるべきであり、「私が不快だから止めろ」程度で侵害されて良いものでもまたありません。 この一線の見極めは中々難しいものであり、だからこそ頻繁に騒動が起きるんですけどね。

表現の自由は民主主義の根幹をなす権利

*

表現の自由は民主主義において超重要な根幹をなす重要な権利とされています。 表現の自由がなかったらどうなるか、少し考えてみましょう。

表現の自由がなければ、国は情報を検閲するし、自由な表現を保障しないことになります。 そうなったら政府への批判や反対意見なんて、全部検閲して不利な表現が発信できないようにしてしまいますよね。 政府が間違った政策を行っても、自分たちばかりが得する法律を作っても、腐敗や汚職に塗れても、誰も意見できません。

そこまではしなかったとしても、政府に都合の悪い思想を排除し、データを隠し、捏造した歴史を与えられた国民はどう考えるでしょうか? そんな状況では当然国民は政府にとって都合の良い思想や知識を持つよう誘導され、誤った情報を元に誤った判断を下してしまいます。

民主主義国家の選択は国民の知識や思想に依存しています。 より確かな判断を下すには、可能な限り検閲を受けない情報を幅広く受け取れる環境が必要なのです。 だからこそ表現の自由は重要なんですね。

そしてこれは国に限った話ではなく、組織や個人にも同じことが言えます。 だから皆さんも何か不快な表現を見かけても「不快なものを見せるな、今すぐ止めろ」とは言わずに、「不快な表現だから批判も反論もするが、表現の自由は守る」と考えてみてください。 ただし一線を越えた表現に対しては、裁判所なり警察なりにどうぞ。

\share/

よく読まれている記事