日本最大にしてイマイチ知名度が低い大仏「牛久大仏」

*

大仏と言えば奈良の東大寺や鎌倉の高徳院にある大仏が思い浮かびます。 修学旅行で行った方も多いのではないでしょうか。

大仏は文字通り大きな仏像で、その大きさは見る者を圧倒します。 そんな巨大な大仏を見ると、一番大きな大仏は一体何なのだろうかと気になるのが人の性です。

日本で最も大きな大仏は茨城県牛久市にある「牛久大仏」です。 イマイチ知名度が低いのですが、圧倒的にぶっちぎりで日本一の大きさを誇っています。

大仏とは

*

大仏は仏教における宗教的な像です。 仏教は紀元前五世紀頃にインドの王族ゴウタマ・シッダールタが創始した宗教でアジアを中心に広まり、今日においてもそれなりに信仰されています。

仏教において悟りを開いた者を「仏陀(仏)」と言います。 仏陀と言えばゴウタマ・シッダールタが思い浮かぶかもしれませんが、個人を指している訳ではありません。 またゴウタマ・シッダールタはシャカとも呼ばれますが、これは出身部族であるシャカ族の聖人を略して呼ばれているものです。

そんな仏教の悟りを開いたありがたい仏様をかたどった像が「仏像」です。 仏像はお釈迦様の身長が1丈6尺(485cm)だったことに由来して立像で1丈6尺、座像で8尺の大きさで作られることが多く、その基準で作られた仏像を丈六仏と言います。 そして丈六物より大きな仏像を「大仏」と言います。(この辺の基準は結構あいまいですが)

お釈迦様は実在した人物ですので身長5mもある訳ないですが、これは基準単位の変遷が理由と思われます。 その時代の人々の平均身長は8尺といわれており、現代換算すると242cmとなってこれでは巨人族か何かになっていまいます。 しかしそんな巨大な人骨が発掘されたなんて話は聞かないので、現代のそれとは尺度が違うと考えるべきでしょう。 多分一尺20cmぐらいだったんじゃないでしょうか。

もしくは古代によく見られた、数をマシマシに盛る傾向によるものかもしれません。 偉大さや正当性を示すために訳の分からない膨大な数字を持ち出すことがままありますからね。 身近な所で言えば日本神話なんかで無茶苦茶書いてます。

話を戻しまして、仏像や大仏は仏教国にて作られ、日本にも数多くの大仏が現存しています。 特に有名なのは奈良と鎌倉にある大仏で、その雄大さに見る者は圧倒されます。

しかし日本には奈良や鎌倉の大仏が及びも付かない大きさの巨大大仏が存在するのです。 その大仏を「牛久大仏」と言います。

日本最大にしてイマイチ影の薄い牛久大仏

*

日本最大の大仏は、茨城県牛久市にある「牛久大仏」です。 鎌倉の大仏は13.35m、奈良の大仏は14.98mですが、牛久大仏は全高120m(像高100m、台座20m)と圧倒的な大きさを誇ります。

そんな牛久大仏は「自由の女神の三倍」「奈良の大仏が手に乗る」など大きさを表すキャッチフレーズに事欠きません。 人は巨大な物が大好きですし、さぞかし牛久大仏は持て囃されている…のかと思いきやそうでもありません。 地元では有名なランドマークではありますが、観光地や信仰の対象としては奈良や鎌倉の大仏に見劣りする感があるのは否めません。

理由は色々考えられますが、やっぱり歴史が浅いのが一番の原因ですかね。 牛久大仏は1992年に完成した比較的新しい大仏であり、そういった面でのありがたみは薄いのかもしれません。 古いものを持て囃すのもまた人の性ですからね。

牛久大仏は内部に施設が作られており入ることも可能です。 フランス人デザイナーが設計した幻想的な和の空間、写経体験場、納骨施設、展望台などがあり、そのモダンな作りは仏教施設らしからぬ異彩を放っています。 あまり宗教に敬虔ではない私から見ても、現代チックな作りの内装によって宗教的なありがたみが減少してしまっているのではないかと思わせられるほどです。

まあそれは私が牛久大仏以前の生まれだから感じることなのかもしれませんね。 もう30年もすればやがて過去の文化遺産となり、日本最大の大仏として立派な観光施設兼お寺になるのかもしれません。

\share/

よく読まれている記事