オオスズメバチ|世界最強のハチ

名称(学名)オオスズメバチ (Vespa mandarinia)
身体体長:3~5cm
生息地日本全域
食性幼虫は昆虫、成虫は幼虫の分泌液・蜜・樹液を食べる

オオスズメバチの特徴

オオスズメバチは世界最強の名高いハチです。 ハチの中でも最大級の体格と、ハチの中でも最大級にヤバい毒針を持っています。

スズメバチの毒針に刺されて死ぬ人もいるほどですが、実は毒性自体はそこまで強力ではありません。 人間の持つ抗体の暴走によるアナフィラキシーショックによって死亡するケースがほとんどなので、体内で抗体が作られた2回目以降に刺されると危ないと言われています。

スズメバチで刺すのはメスだけとよく言われますが、ほとんどがメスなので皆刺してきます。 またニホンミツバチのように一度さしたら腹が破れて死ぬなんてこともなく、何度も何度も刺してきます。

スズメバチは巣に近づくと「カチカチ」と顎を鳴らして目の前を滞空したり周囲を飛んだりします。 これは「ここから立ち去れ」という警告であり、無視して近づいたりその場に留まったりすれば攻撃体制に移ります。

スズメバチは毒針の他にも毒の噴射による攻撃があります。 毒には攻撃フェロモンが含まれているため浴びると「こいつを殺せ」という目印になり、巣から出てきたスズメバチの総攻撃にさらされます。 またハチを潰した時にも攻撃フェロモンが付いてしまうので、やはり攻撃の目印になってしまいます。 近くに巣がある場所でスズメバチを潰すのは控えましょう。

意外に天敵は多く、鳥・オニヤンマ・カマキリなどスズメバチを捕食するものも多くいます。 また木の樹液を舐める際に、カブトムシやオオムラサキに追いやられることもあります。

しかし数百匹いる働きバチが数匹倒されても巣の活動に支障はありません。 真の天敵と言えるのはスズメバチを巣ごと駆逐するクマと人間ぐらいなのです。

ミツバチの天敵

オオスズメバチはミツバチの巣を見つけると、仲間を呼んできて数十匹でミツバチを巣ごと全滅させてしまいます。 これは他のスズメバチには見られないオオスズメバチのみの習性です。

そのため二ホンミツバチはオオスズメバチに見つかると、寄ってたかって纏わりついて球状になり高温で蒸し殺してしまいます。 ここでオオスズメバチを取り逃がして増援を呼ばれた場合、ミツバチはどうにもならないので巣を放棄して逃亡してしまいます。

そのためオオスズメバチは養蜂家から目の敵にされ、積極的に駆除されています。 人間がオオスズメバチの天敵になのは、ミツバチ(ハチミツ)を守るためです。

オオスズメバチの生態

生息地

日本全域に生息しています。 女王バチを中心とした集団で巣を作り、そこを拠点に活動します。

働きバチがいない段階では女王バチが巣の建設・産卵・育児など全ての業務を担当します。 働きバチが産まれると、女王バチは産卵に専念し、残りの役割は働きバチが担います。

普段の生活

働きバチは日中に様々な昆虫を捕まえ、肉団子にして巣に持ち帰ります。 オオスズメバチの獲物は多岐に渡り、ミツバチや他種のスズメバチすらも獲物となります。 オオスズメバチはスズメバチの中でも最も大きくて強いため襲い放題なのです。

幼虫は成虫が持って帰った肉団子を食べ、成虫は幼虫が食事の際に出す分泌液を舐めるという、互いにエサをあげてエサを貰う関係です。 成虫は他にも樹液や蜜などを補助的に食べますが、意外にも肉は食べません。

繁殖と成長

5月頃になると越冬した女王バチが一匹で巣を作り始めます。 秋ごろに交尾しているため一匹でも子が産めます。

巣を作り終えると産卵し、孵化した働きバチのためにエサを集めて育てます。 働きバチが成長すると巣の拡張やエサ集めなどの役目を担い、女王バチは産卵に専念します。

女王バチは秋になると数匹のオスバチと新女王バチを産みます。 この両者が巣立つと巣・働きバチ・旧女王バチの役目は終わり、巣は活動を休止して冬には全滅します。 だから冬にスズメバチの巣を突いても中は空っぽです。

巣立ったオスバチと新女王バチはそのまま交尾し、オスバチはそこで役割を終え死にます。 新女王バチのみが木の洞や倒木の下で集団越冬し、春になると別々に飛び立ってそれぞれ巣を作り始めます。

スズメバチの一年はこのように回っているのです。

B!

関連記事

HOME