ジャイアントパンダ|愛くるしい外見の珍獣

ailuropoda-melanoleuca
名称ジャイアントパンダ (Ailuropoda melanoleuca)
身体オスは体長:150cm / 体重:120kg
メスは一回り小さい
生息地中華人民共和国の一部の山岳地帯
食性雑食で主に竹を食べる

ジャイアントパンダの特徴

ailuropoda-melanoleuca

パンダはクマの親戚で白い体に黒い斑点模様があるのが特徴で、この模様は普段生活している密林で保護色になります。 たれ目がチャームポイントですが、実は垂れているのは模様だけで目はむしろ釣り目なのは内緒です。

パンダは親指と小指の外側にそれぞれ骨の突起が付いていて、それを利用してしっかりモノを掴むことができます。 これで竹を容易に掴んで食べることが可能になっており、これは他のクマ科動物にはできないことです。

竹や笹の葉が主食で、これを食べているだけで生きています。 竹は消化が難しいため他に竹を食べる動物がほとんどおらず、エサには事欠きません。

しかしクマ科動物は元々肉食で腸が短かく植物から栄養を摂るのが苦手なため、栄養摂取のために一日の大半を食事に費やさなくてはなりません。 実は肉も普通に食べることができ、野生のパンダは動物に襲い掛かることもあります。

ジャイアントパンダとレッサーパンダは別種の動物

パンダと名の付く動物はジャイアントパンダの他にレッサーパンダがいます。 実は二種はあまり生物として近くはなく、本来なら同じ「パンダ」という名前を付けるべきではありません。

これにはややこしい事情があるのですが、簡単に言えば勘違いによるネーミングなんですね。 生息地が近く竹を主食にしていることから近い種であると判断されて「パンダ」と名付けられた訳です。

ジャイアントパンダの生態

ailuropoda-melanoleuca

生息地

世界三大珍獣で、野生では中華人民共和国のごく一部の山岳地帯にわずかな頭数が生息しています。 木登りや泳ぎが得意ですが、木から降りるは苦手です。この辺は小型のクマと同じです。

ジャイアントパンダは単独で暮らしており、体の斑点模様も他のパンダを見つけて距離を開けるためについているとも言われています。肛門腺から出る臭いや尿、木に付けた傷で縄張りを主張します。 なお尿でマーキングする際、逆立ちしておしっこすることがあります。これは尿をより広範囲にかけるための行動らしいです。

普段の生活

ジャイアントパンダはクマ科で腸が肉食動物のように短いです。 主食の竹や笹の葉を消化するには長い腸が必要で、パンダはあまり栄養を吸収できません。 だから大量に食べなければならず、なんと1日12時間を食事に費やします。

繁殖と成長

春に繁殖期を迎えると、オスはメスの臭いを嗅ぎつけて繁殖相手を探します。 妊娠すると3~5か月の妊娠期間を経て1~2頭の子を産みますが、2頭産まれても育てられるのは残念ながら1頭だけです。

パンダの子供は産まれたばかりは100gしかなく、体も真っ白です。 1か月ほどで白黒模様が出てきて、3か月でやっと自分で歩き回れるようになります。 1年半ほどで親離れして独り立ちし、寿命は20年ほどです。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME