チーター|陸上最速の走り屋

名称(学名)チーター (Acinonyx jubatus)
身体体長:100~150cm / 尾長:60~80cm / 体重:40~70kg
生息地アフリカ大陸・イランの草原や平原
食性肉食で主に大型動物を食べる

チーターの特徴

チーターは最速の走り屋で、その最高速度は時速100kmにも及びます。 他の動物が速くても精々時速50km~70km程度であることを鑑みると、その速度は他の追随を許しません。

しかし最高速度は確かに最速ですが、その速さ故に小回りは苦手です。 獲物が急に走る方向を変えても急には止まれず、追い越してしまうこともしばしばあります。 獲物もそれを分かってか、チーターから逃げる時は頻繁に折り返しながら逃げようとします。

持久力はあまりなく、時速100kmを保てるのはせいぜい数百mぐらいです。 獲物にある程度粘られると大抵は逃げられてしまいます。 だから動物界最速といっても見境なく襲うのではなく、弱い個体を見分けて襲い掛かります。

木登りも得意で軽々と樹上に昇ります。 樹上で待ち伏せして獲物を頭上から襲ったり、狩った獲物を樹上に持っていって食べることも多いです。

チーターはまるで鳥のようにピヨピヨと鳴きますが、樹上で鳥のフリをして獲物を油断させているのでしょうね。 脚の速さから陸上で活動している印象が強いですが、その生活は樹とも密接にかかわっています。

チーターの狩りの成功率は50%程度で、これは単独で狩りをする肉食動物としては破格の成功率の高さです。 ライオンなんか集団で狩りをするのに成功率はチーターの半分ぐらいしか成功しません。

チーターの生態

生息地

アフリカ大陸・イランの草原や平原に、単独か家族単位の小規模な群れで生活しています。 縄張りを持ち、侵すものには容赦しません。

普段の生活

昼行性で、ガゼルやインパラなどの大型ほ乳類を獲物とします。 身を潜めて獲物に近づき、距離を詰めたら一気に飛びかかって襲います。

狩りの成功率は半分ほどですが、数日に1回成功すれば生きていくことが可能です。

繁殖と成長

決まった繁殖期はなく、メスの尿の臭いでオスが発情を察知し、繁殖行為に及びます。 妊娠すると3か月の妊娠期間を経て、2~4子を出産します。 子は3~6か月の授乳期間を経て、1年半ほどで成熟します。寿命は12年ほどです。

B!

関連記事

HOME