チーター|陸上最速の走り屋

名称(学名)チーター (Acinonyx jubatus)
身体体長:100~150cm / 尾長:60~80cm / 体重:40~70kg
生息地アフリカ大陸・イランの草原や平原
食性肉食で主に大型動物を食べる

チーターの特徴

陸上動物で最速

チーターは最速の走り屋で、その最高速度は時速100km以上にも達します。 他の動物は速くてもせいぜい時速70km程度であり、その速度は他の追随を許しません。

ただし時速100kmを保てるのはせいぜい数百mぐらいで持久力はなく、獲物にある程度粘られると大抵は逃げられてしまいます。 だから獲物を見境なく襲うのではなく、弱い個体を見分けて襲い掛かります。

長い尾は高速で走りながら方向転換するためのものです。 しかし速すぎるゆえに小回りは苦手で、獲物もそれを分かってか逃げる時は頻繁に折り返しながら逃げようとします。

またチーターの爪はネコ科動物で唯一引っ込めることができません。 一般的なネコ科動物は爪を引っ込めて忍び足で獲物に近寄りますが、チーターは爪を固定して速く走るように進化したと考えられています。

樹上にもよく登る

チーターは木登りも得意で軽々と樹上に昇ります。 樹上で待ち伏せして獲物を頭上から襲ったり、狩った獲物を樹上に持っていって食べることも多いです。

チーターはまるで鳥のようにピヨピヨと鳴きますが、樹上で鳥のフリをして獲物を油断させているのでしょうね。 脚の速さから陸上で活動している印象が強いですが、その生活は樹とも密接にかかわっています。

狩りの成功率はトップレベル

チーターの狩りの成功率は50%程度であり、これは単独で狩りをする肉食動物としては破格の高さです。 ライオンなんて集団で狩りをするのに、成功率はチーターの半分ぐらいしかありません。

チーターの生態

生息地

アフリカ大陸・イランの草原や平原に、単独か家族単位の小規模な群れで生活しています。 縄張りを持ち、侵すものには容赦しません。

普段の生活

昼行性で、ガゼルやインパラなどの大型ほ乳類を獲物とします。 身を潜めて獲物に近づき、距離を詰めたら一気に飛びかかって襲います。

狩りの成功率は半分ほどですが、数日に1回成功すれば生きていくことが可能です。

繁殖と成長

決まった繁殖期はなく、メスの尿の臭いでオスが発情を察知し、繁殖行為に及びます。 妊娠すると3か月の妊娠期間を経て、2~4子を出産します。 子は3~6か月の授乳期間を経て、1年半ほどで成熟します。寿命は12年ほどです。

B!

タヌキ|タヌキ寝入りはただの気絶

トラ|密林の殺し屋

ネコ目(食肉目)の記事

ホッキョクギツネ|北極圏に生息する真っ白なキツネ

マレーグマ|世界最小のクマ

ミーアキャット|群れで起立する姿でお馴染み

サーバルキャット|耳の大きなヒョウ柄のネコ

ドワーフマングース|小さなマングース

オコジョ|可愛い見た目の獰猛なハンター

ネコ目(食肉目)の記事一覧HOME
サイトマップ グループサイト お問い合わせ