タラバガニはカニではなくヤドカリ!カニの雑学

tarabagani

冬の味覚といえばカニです。ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニと値は張りますが絶品です。 でもそういえばタラバガニって他に比べて足が少ないですよね?ズワイガニや毛ガニは足が10本なのに、タラバガニは8本しかありません。

実はこのタラバガニ、実はカニではなくヤドカリの仲間なのです。 本稿ではそんなカニの雑学をお話します。

ヤドカリ下目タラバガニ科タラバガニ

yadokari

タラバガニはヤドカリの仲間

カニは普通「エビ目カニ下目」に属しています。対してタラバガニは「エビ目ヤドカリ下目」に属しています。 つまりタラバガニはカニと言うよりヤドカリの仲間なのです。まあどちらもエビ目なので近しい関係ではあるんですけどね。

なおエビ目は別名・十脚目と言い名前の通り10本足がありヤドカリだって10本足です。 それなのにタラバガニがヤドカリの仲間でも足が8本しかないのは奇妙に思えますよね。 しかし実はタラバガニがにも足は10本あるんです。

残り2本の足は一番下に付いているのですが、エラの掃除をするための足でとても小さくいものです。 食用には向かないため、お店でタラバガニの足を頼んでも8本しか出てこないんですね。 タラバガニの足を注文しても他のカニより2本少ないことは覚えておきましょう。

タラバガニは縦方向にも移動できる

カニと言えば特徴はカニ歩きで横にしか動けないことで知られています。 でもタラバガニはヤドカリの仲間なので縦方向にも移動できます。

しかし身体の構造上の問題なのか基本的に横歩きで移動しています。 タラバガニはヤドカリの仲間と言えども「カニ」と名付けられる程度にはカニなのです。

カニ味噌は脳みそではない

kanimiso

カニの部位の中でも珍味として名高いのがカニ味噌です。 そのまま食べるも良し、ご飯やお寿司に乗せるも良し、お酒に混ぜて飲むも良しです。

さてこのカニ味噌、字面からカニの脳みそだと思っている人がいますが違います。 カニ味噌の正体はカニやエビなどの節足動物に見られる「中腸腺」と呼ばれる器官で、食べ物の消化・吸収・代謝などの役割を持ちます。 哺乳類で言えば肝臓と膵臓の役割を持つ器官です。

そんな器官がなぜ脳みそと勘違いされるようになったのかと言えば、恐らく人間の感覚で中腸腺が脳みその辺りに位置しておりパッと見が脳みそのように見えることが理由でしょう。 しかし本当のカニの脳みそはとても小さく目立ちません。

もしくはカニの中にある味噌のような外見と風味の器官という意味だったのかもしれませんね。 まあ由来は定かではありませんが、カニ味噌は脳みそではなく中腸腺と呼ばれる器官という話でした。

タラバガニのカニ味噌は食べられない?

タラバガニを頼んでもカニ味噌が付いていないことが多いですよね。 それではタラバガニにカニ味噌はないのかと言えばそんな事はありません。 前述したようにヤドカリの仲間であるため他のカニとは若干事情が違うのです。

タラバガニもカニに近い仲間ではあるので中腸腺は存在します。 しかしタラバの中腸腺は一般的なカニの中腸腺と比べて茹でても固まらない性質を持っており、丸ごと茹でてしまうと溶けて身に染みて味がおかしくなります。 なので茹でガニにする場合はあらかじめ中腸腺を取り除いているのです。

生でならタラバガニのカニ味噌を食すことはできますが、油っぽい、生臭い、おいしくないなど、あまり評判は良くありません。 生タラバのある店なら頼めば出してくれるでしょうが、お店側から出すことはあまりないようです。

まとめるとタラバにもカニ味噌はあるが、調理しにくい上に味も微妙なのであまり出されないという訳です。

松葉ガニと越前ガニはどちらもズワイガニ

kanimiso

カニは水揚げされた地域によって同じ種類でも色々な呼ばれ方をしています。 ブランドガニとして松葉ガニや越前ガニは有名ですが、実はこれらはどちらもズワイガニで水揚げした場所が違うだけです。

関西~山陰地方で採れたズワイガニを「松葉ガニ」、中部地方(越前地方)で採れたズワイガニを「越前ガニ」と言い、他の地域でも色々な呼ばれ方をしています。 またズワイガニのメスの呼び方も様々で、例えば山陰地方では「せこかに」と呼びます。

またズワイガニには「本ズワイガニ」と呼ばれているものもありますが、これはズワイガニそのままの意です。 よく似た種に「ベニズワイガニ」というのがいて、それと混同されるのを避けるために頭に本を付けて呼ばれています。

甲羅の表面にある黒いぶつぶつはヒルの卵

kanimiso

ズワイガニなどの甲羅には黒いブツブツの卵のようなものが付いていることがあります。 これは卵なのですが、しかしカニの卵はお腹に抱えているので別の生き物の卵です。

このブツブツの正体はカニビルというヒルの卵です。 それを聞くと若干気持ち悪い気がしますが、カニに寄生するものではないので質や味には影響しません。

カニビルは通常岩場などに産卵しますが、泥しかない海域には産卵に適した環境がありません。 なのである程度の硬度があるカニの甲羅に産卵していると考えられています。

\share/

よく読まれている記事