「カモシカのような足」は勘違いから生まれた言葉

kamosika

女性のスラリと細く伸びた足を褒める言葉に「カモシカのような足」という表現があります。 しかしカモシカを見たことがある人なら思うでしょうが、カモシカは険しい山岳地帯に生息しており足はがっしりしています。

なぜ実際のカモシカのイメージと違うこんな言葉が生まれたのかは2つの説があります。 「漢字を読み間違えた説」と「レイヨウの定義が変わって意味が通らなくなった説」をご紹介しましょう。

漢字を読み間違えた説

gazelle

カモシカは漢字で「羚羊」と書くのですが、この字は他にも「レイヨウ」という読みがあります。

レイヨウとはガゼルやインパラなどの総称で、多くは長くスラリと伸びた足を持っています。 女性の細くスラリと伸びた足を「レイヨウのような足」と表現するのは褒め言葉として違和感がありませんよね。

しかし日本にはガゼルやインパラはおらずレイヨウという言葉にも馴染みが薄いため、「羚羊」を「カモシカ」と読む人が多いと思います。 「羚羊(レイヨウ)のような足」を「羚羊(カモシカ)のような足」と混同してしまい、そのまま「カモシカのような足」という言葉が定着してしまったのではないか、というのがこの説です。

実際にカモシカを見たことがある人なら「カモシカのような足」という表現に違和感を感じるんでしょうが、普段人間が生活しているところにいるような動物ではないですからね。 カモシカは険しい高山地帯の岩肌をがっちり掴んで走るために立派な足を持っています。

日本風に翻訳して意味が変わった説

legs like a gazelle

英語圏において女性の長くスラリを伸びた足を「ガゼルのような足」と表現します。 しかし日本にガゼルはおらず「ガゼルのような足」と言われてもピンと来ません。

昔の日本人はこの表現を日本風に訳す時、日本にいるガゼルに近い仲間で表現しようとしたのかもしれません。 そして当時ガゼルと同じくレイヨウの一種と考えられていたカモシカに白羽の矢が立ち「カモシカのような足」になってしまったというのがこの説です。 しかしカモシカは「カモシカのような足」ではないので、ほとんど誤訳のようなものですね。

ちなみにカモシカは現在「やっぱりこいつレイヨウじゃないや」とレイヨウから外されています。 完全にガゼルとの繋がりが切れ、もともと薄かった正当性が完全に無くなってしまいましたね。

2つの説のどちらかが正しいのか、もしくは別の事情があったのかは定かではありません。 しかし原因は何にせよ、言葉の意味と実態がかけ離れてしまっていることは否めません。

こういう時はさっさと言葉を変えてしまえば良いと思うのですが、融通が利かないですよね。 全くピンとこない諺や慣用句が根強く残っていることが多いです。

「秋の夜長はつるべ落とし」とかそれなりにおっさんな私でもつるべなんて見たこともないから速いのか何なのか分からないですし、「四面楚歌」とか項羽と劉邦の話を知ってる人がどれだけいるんだとか時々思います。 まあこの辺の考えは人それぞれでしょうけどね。

そんな「カモシカのような足」は、こういった事情から皮肉として使われることもあります。 細くスラリと伸びた足を「カモシカのような足」として褒める一方で、がっしりした丈夫な足でもあえて「カモシカのような足」と表現するような嫌なヤツもいる訳ですね。 「まるでカモシカのような足ですね」と言われた時には、どっちの羚羊のことを言っているのか問い詰めてやりましょう。

\share/

よく読まれている記事